『完全にコントロールできる円を探そう。』FROM高野義隆

おはようございます。

新潟で【オキシトシン】や【触れること】について

発信しています。

理学療法士の高野です。

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 感情ハイジャック ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

やらなければならない、たくさんのこと。

凄くなろうとすること。

溢れる情報たち。

 

これらは、簡単に私たちの感情を

ハイジャックしてしまいます。

 

気分が荒れて

冷静に、まず何に取り組んで良いかが

見えなくなってしまうのです。

病院の臨床でお会いする患者さんでも

慢性的に

いろんな場所の体調不良を抱えていたり

いろんな場所の痛みを感じていて

 

どんな対処方法をすればよいか

冷静に考えることが

難しくなってしまっている

そんな方に出会います。

 

 

そんなときに

どんなふうにアプローチすればよいか。

 

なかなか難しいですが、

一つのヒントとなる考え方があります。

 

それは

小さな円を描くということです。

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ コントロールできる小さな円 ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

自分で完全にコントロールできるところを

まずつくっていく。

そんな小さな円を描く。

 

この範囲だけは

自分が完全にコントロールできるようになろう。

そう決めるのです。

 

 

例えば、

いろんなセルフケアの情報が

いろんな

媒体や人から伝わってくる。

 

それを全部実行しようとしたら、

頭がパンクしてしまいます。

結局何残らず、 焦燥感・・・・。

 

そんな時

自分が完全に実行できそうな

簡単で小さなことを決めるのです。

 

そしてそれだけを

まず、きちんと実行していく。

そう決めるのです。

 

 

セルフケアのミソは

「どのくらい実際に、自分でコントロールできたか」

よりも

「どのくらい自分で、コントロールできたと思っているか」

を優先することです。

 

 達成感こそが

次へ向かうエンジンとなるのです。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 20×1 < 1×20 ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「こんなにもたくさんのやるべきことがあって、

どうすりゃあいいんだぁ」

 

そんな風に思うときも

まず

【自分が完全にコントロールできそうな

小さな範囲はどこだろう?】

こういう視点を持ってみてはどうでしょうか。

 

これ、「たった1つのことだけで本当に解決する?」

 

そう思っちゃいますけど。

試してみると、

案外ドミノ倒しみたいに

いろんな範囲に波及していくのです。

 

小さい円の範囲を想定して

実行していくと

その円の範囲は少しずつ大きくなっていきます。

 

 

20のエネルギーを20個のやることに向けるのではなく

20のエネルギーを1個のやることに向けていく。

 

 

どうぞお試しあれ。

 

今回もお読みいただき、ありがとうございました。

あなたの今日に、明日に

少しでも役立てたら、幸いです。

*。・゜・*。・゜・*。・゜・*。・゜・。*。・゜

 

 

本日のお話は、一冊の本を参考としました。

『幸福優位7つの法則』 ショーン・エイカー著

詳しくはブログまでどうぞ。

 

高野義隆 理学療法士
フィジカルセラピスト。 触れることを通じて、他者への信頼感や安らぎを生み出すホルモン:オキシトシンの分泌を促し(オキシトシン・マッサージ)、身体のケアからココロのケアまでを行っている。
◆ブログ 【オキシトシン・マッサージ ~肌からココロに伝わるメッセージ~】
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る