大人の僕たちの黄金時間~美しいお金の物語~from 松田まり

おはようございます。

松田まりです。

「失礼ですが、
松田先生の生年月日を
聞いてもよいですか?」

先日、
はじめまして、の
男性経営者の方から
生年月日を聞かれました。

突然、のことでしたので
なんと答えてよいのやら
一瞬固まりましたが、

その場にふさわしい
と思われる返答で
乗り切りました。

その方は、
業界でもとても名の知れた
トップ経営者の方。

仕事柄
多くの方と接点がある中、
生年月日を入り口に、
様々なこの判断をしているようです。

その後、
その方との会話は饒舌に、
にぎやかに盛り上がったところをみると

どうやら
私の生年月日は
その方にとって、
合格点だったようです。

━━━━━━━━━
◆◇
 本心を宿す
       ◇◆
━━━━━━━━━━━━
コミュニケーションの端々には、
その方の生き様が見え隠れします。

何を大切に護り、
何に本心を宿し、
何にこだわりを持つのか。

会話を通さずとも、
その方のしぐさや目の動き、
間の取り方やリズムの変調、
エネルギー体のバランスや
声のトーンなど。

様々なことを通じて
私たちは
相互にコミュニケーションをとり

そして、
相互に関係しあっています。

この経営者の男性が、
生年月日から
どのような情報をサーチするのかは
あえて質問はしませんでしたが、

その後にその方と会話をしていて
常々感じていたことは

「会話のリズムを丁寧に
微に入り細にわたり、読んでいる」
ということ。

とにかく、
お話していて、
至極に心地が良いのです。

━━━━━━━━━
◆◇
価値観のスピード
       ◇◆
━━━━━━━━━━━━
「とてもゆっくりと丁寧に
お話されるのですね」

会話の途中で、
その方に、
正直に伝えました。

するとその方は
「コロナで家にいることが多くなってから
丁寧な時間が楽しくてね。

家にいる時間を大切にしていると
色んな事がさらに楽しくなってきて、

どんな方との会話でも、
とても大切に楽しむようになったのです」

「松田先生に、
そう気づいてもらって嬉しいなぁ」

と。

ここで合点がいきました。

その方との会話のリズムが
私にとって至極に心地よいのは
(僭越ながら!)
暮らしの価値観の優先順位や
時間のスピードが
とても似通っているからなのでしょう。

━━━━━━━━━
◆◇
大人の僕たちの黄金時間
       ◇◆
━━━━━━━━━━━━
そして、
さらに
ご自宅での丁寧時間について
お聞きしてみると
ドキッとするこんなお話に。

「家にいるときって、
大人の僕たちにとっては
黄金の時間だと思いませんか?

外に出かける自分にばかり
お金と時間をかけて
家にいる自分をぞんざいに扱うと
それはすぐに仕草に現れる。

普段の
ちょっとした所作や
立ち居振る舞いの美しさって

結局のところ、
誰の目に触れなくとも
家の中で、
丁寧に暮らしているかどうかで
培われるものですからね」

━━━━━━━━━
◆◇
まずは、
丁寧に暮らしをしていく
       ◇◆
━━━━━━━━━━━━
私が丁寧な暮らしを
「できている」、「できていない」、
はさておき、

この方のお話に
なんども大きく頷かせていただきました。

というのも、
経営コンサルタントとして
多くの経営者の方とお話してきた中、

仕事でもプライベートでも、

私たちの幸せは

「いかに丁寧に
自分を取り扱えるかどうか」、

に力点がある、ということを
何度も垣間見、経験してきました。

自分を丁寧に扱える経営者は
経営もショートカットに
軌道に乗せることができる。

がむしゃらに経営することに
意識の中心を置くのではなく、

まずは、
丁寧に暮らしをしていく。

もちろん、経営には
斬新なアイデア、
適切なビジネスモデルと
経済受給のバランスを創りだし、
それを多くの方にプロモートするべく
行動指針としての
ビジネスプランを立てていくことは
最低限必要ではありますが、

それ以上に大切なのが
その前の大前提として
「自分をいかに丁寧に楽しませるか」
なのです。

**********************************
「普段の自分を、
僕たちは大切に丁寧にできているだろうか」
***********************************

時々に、立ち止まって、
幸せへのショートカットが
ここにあることを確認してみましょう。

それがショートカットだと
知っている私たちは

文字通りのショートカットで
もとの心地よい場所に
戻ることができるのですから。

*********************
【お金さんと呼ぼうポリシー】
私は普段からお金を
「お金さん」と呼んでいます。

こう呼びかけることで、
まるで友達のように親近感を感じる。

「大事にしよう」という気持ちになる。

自分のもとに来てくれたお金さん。

そして自分の元から
旅立っていったお金さん。

不思議と、
どちらも大切な友達の行動として
「見守りたい」という感情が生まれる。

あなたも
「お金さん」と呼ぶ習慣
身につけてみませんか?

━━━━━━━━━━
◆◇
松田眞理公認会計士事務所
   個人セッション◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━
最近は、
お金の心理ブロックについて
ご相談をお受けするケースがとても増えております。

1ヶ月の間に、
メキメキと変貌を遂げる皆さまの姿に

私は、この仕事が、
心の底から好きなんだなぁと、
しみじみ噛み締めております。

「こんなこと相談していいのか」
なんてことは微塵も感じなくてOKです。

・お金が火の車である
・お金のブロックに悩んでいる
・経営のアイディアがほしい
・売上UPの方法を知りたい
・コロナ関係の経済支援を知りたい
など

どうぞお気軽にご活用ください。

https://88auto.biz/marimatsudacpa/registp.php?pid=15

松田まり 公認会計士/税理士×女性起業コンサルタント
「美しいお金と美しく向き合う」をコンセプトに女性の起業スタートアッププログラムを提唱し、数々の女性起業家の独立開業・売上拡大を応援している。500名近くの相談実績を持つ。著作に『セラピスト・ヒーラーのための「お金の強化書」』
◎個人ブログ 「自分を大事にするためのやさしいマネーレッスン」
◎女性の起業スタートアッププログラム無料メルマガ
https://88auto.biz/marimatsudacpa/touroku/entryform7.htm
◎女性起業家のお悩みや質問をお受けしております。
https://88auto.biz/marimatsudacpa/touroku/mariyura.htm
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る