「予祝のススメ」 2020.7.14 from sofia☆

九州、岐阜、長野各地で災害に遭われた方
心からお見舞い申し上げます。
1日も早く落ち着かれます様にm(__)m

先週は関西も雨が降っては止んで
降っては止んでそんな日が続きました。
いつもと変わらない日常を過ごせる事
つくづく有り難く感じますm(__)m

「予祝」という言葉聞かれた事ありますか?
近年、頻繁に聞く様になった気がします!
先日、三浦クリニックの三浦直樹先生も
「予祝」について書かれた
「病気が治りやすい人の予祝思考」
書籍を出版されました。

予祝という言葉を知ったきっかけは
毎朝、拝見している中村文也さんの
FBにアップされる記事からでした 

文也さんは私と同郷の方で
年齢は10歳位お兄ちゃんです
ちょうど私のいとこのお兄ちゃんや
お姉ちゃん達みんな知り合いで
名古屋で大成功し一代で築いた
奥志摩グループの会長されています

文也さんは人に親切にして
自分も楽しくをモットーに
神さまに喜ばれる生き方を説かれながら
毎朝楽しい記事をアップして下さいます

文也さんの会社では「予祝」を
実施されてるそうです!
ナント!会社でですよ!会社で(笑)

一人ずつ皆の前で成りたい現実
手に入れたい未来を発表すると
聞いてる側はあたかも夢が叶った様に
「おめでとう!!!」
「良かったね!」
祝うそうです!
なんともユニークな会社ですね!

一度お店にお邪魔した事ありますが
スタッフの皆さん明るくて
一人でも行きたくなる繁盛店でした 
名古屋の方、名古屋に行かれた方は
是非!元氣を頂きにお立ち寄り下さい!

文也さんも2冊書籍を出版されています!
「心に良い神さまがいれば幸せになれる」
「あほな奴ほど成功する」
タイトルからしてユニークでしょう♫
文也さんのブログで私の事を
書いて下さってるのがこちらから
https://fumiya.okushima.co.jp/archives/86

話は脱線してしまいましたが。。。
私も療養中今「予祝」していました。
その時は予祝という言葉を知らなくて
私はイメトレと言っでいました
妄想とも言えるかもしれません?(笑)

以前、イメトレについても
ご紹介させて頂きましたが
身を置いているのは物資世界の
3次元ですが意識は自由です!

思考は現実化するといいますが 
私はその言葉を信じています
予祝(イメトレ・妄想)する事によって
現実化が早くなると信じます! 
細胞レベルV、リンパにも転移あり
そんな私が自然治癒出来たのは
自宅で自分決めたメニューを淡々とこなし
たまにイメトレ(妄想)をして(笑)
治って万歳し友人達に祝ってもらってる
ゴールした憧れの自分をありありと想像し万歳!ヤッター!飛び上がってジェスチャーまでつけていました

面白いものでやってると
盛り上がってきます!
一人でも(笑)
そして何故か!
その気になってきます(笑)
そうこれが良いんです!

100%信じきるって大切です
どうかな?大丈夫かな?
そんな不安や心配の気持ちは不要
持ってはいけません!
成りたい自分をイメトレするのは
成りたい自分に成りきる事です!
今、身体が自由がきかなかったとしても
ご自身を信頼して下さいね!

いつ、どんな手段で治る?
そんな細かい事はどうでもいいんです!
まず、治る!というゴールを決め
これを信じきる事がとても大切です!
予祝(イメトレ)するとめちゃくちゃ楽しいです!
だって成りたい自分になったのを体感する訳ですから
確実に免疫力も間違いなくアップします!

逆をいうと成りたい自分を体感出来なければいけないという事です
嬉しくて嬉しくてたまらないところまで
ありありとイメージ出来たら!OK!
初めはイメトレ難しくても。。。
病気が治るをゴールするのではなく
治癒したら旅行に出かけるとしましょう
そうすると治癒が当たり前の予定になり
行きたいところの写真を眺め
そこに居るご自身をイメージする
写真や画像を眺めると
イメージしやすくなると思います!
一度是非!やってみて下さい!

思考は現実化します!
益々のご回復お喜び申し上げます。

今日も命を頂き誠に有り難う御座います
今日も生かして頂き誠に有り難う御座います

愛と感謝を込めて!

sofia☆

 

玉本珠代(Sofia・ソフィア) 「100万人の笑顔を創るセラピスト」(心も身体も地球も元氣に!スローガン) 
2012年甲状腺がんの宣告を受け、主に自宅で療養し約1年後に自然退縮を確認
料理教室、カウンセリングを通し心と身体にアプローチする活動をしております。
心だけでもダメ、身体だけでもダメなんです!
心も身体も地球も元氣に!たくさんの笑顔を咲かせます!
◆ブログ ガンが消えた!病気と向き合うあなたを応援します!
◆FB FBプロフィールページ
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る