インナーチャイルド、インディゴチルドレン、HSP。FROM おのころ心平

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ インナーチャイルド ◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます。
自然治癒力学校理事長、
おのころ心平です。

インナーチャイルドとは、
直訳すると、そのまま
「内なる子ども」
ということですが、

誰しもに備わった、
子ども時代の感情。

大人になった今も、
普段は、
気づかないものの
ある出来事をきっかけに
子ども時代に封印した
感情とが結びつき、
心理状態を複雑にします。

子ども時代の封印率が
高ければ高いほど、
内なる揺さぶり力が強くなる・・・。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ インディゴチルドレン ◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最近は、
人類の感受性の進化と相まって

・インディゴチルドレン
・レインボーチルドレン
・クリスタルチルドレン

という言葉も用いられるように
なりました。

なかでも、
「インディゴチルドレン」
という言葉は聞いたことのある方も
いるのではないでしょうか?

この概念を提唱したのは、
アメリカの心理学者
ナンシー・アン・タッペ氏で、

インディゴチルドレンの
年代を言えば、
1970年代~1990年代に
生まれた人々。

オーラの色が
インディゴ(藍色)とされ、
そこから命名されています。

藍色は、チャクラでいうと
第6チャクラをさし、
エネルギーやビジョン、
スピリットを見る透視能力を
司っている場所です。

なので、この色を持つ
インディゴチルドレンは多くが
何らかの透視能力をもっているようです。

それは人のココロだったり、
カラダの不調だったり、
社会の事件の隠された意図だったり。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ HSP ◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いまでは
HSP(ハイリーセンシティブパーソン)
という言葉も広く知られるようになりましたが、

インディゴ世代は
人数も少なかったため、
変わった人という
レッテルを貼られたり、

自分でも自分は
おかしいのではないだろうか
と自責することが多く、
理解されないために孤立したり、

敏感でない人達が構成する社会が
異常に恐がった子供時代を
送っている世代です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 8月9日(日) ◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

インナーチャイルドを
構造的に語るのに、
いまこそ、
十分な材料のある時代です。

今度、8月9日(日)14:00~
Zoomオンラインライブにて、

「幼少期、甘えられなかった女性へ」
と題して、おのころ心平の、
【インナーチャイルドの癒し方】セミナー
を行ないます。

現在すでに700名以上のお申し込みを
頂いています。
詳しくはぜひこちらにアクセス下さい!
       ↓
https://personalhealth.jp/lp/ONTL200809ZM/notk.php?cap=onoblog

おのころ心平

 

おのころ心平 一般社団法人自然治癒力学校理事長
22年間2万3千件以上のカウンセリング現場から見出したココロとカラダをつなぎ、自然治癒力スイッチを活性化するメソッドを、本、ブログ、メルマガ、そして講座・セミナーにて広く発信している。
◆おのころ心平先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る