小暑のカラダケア!最高の笑顔と美声を手に入れる方法 From 希依

こんにちは。
フラワーヒーリングセラピストの希依です。
 
日々の生活の中で花とハーブと香りが
関わる癒しについて
お話させていただいています。
 
 
花とハーブと香りを通して
あ、それ懐かしい
それ、知ってる
コレやってみようかな
と思っていただけたら嬉しいです。
 
 
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 小暑のカラダケア ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
暑中お見舞い申し上げます。
 
7月7日に小暑に入りましたが、
いかがお過ごしでしょうか。
 
小暑は7月21日まで続きますが、
この間には梅雨明け(多分)もありますし、
東京ではお盆も迎えます。
 
天候はイマイチですが、
何かと忙しい時期ですよね。
 
予定だけではなく、
実は体の方も少し忙しく。。。
 
小暑から次の大暑に変わると一気に暑くなります。
 
暑くなると汗をかくようになり、
血液の濃度が増してドロドロ血へ。
そのドロドロ血を流すために心臓はフル回転。
結果心臓に負担がかかるのです。
 
その体の負担から
感情のコントロールができにくくなり、
不安感からやる気をなくすなんてことも。
いわゆる夏バテ。。。
 
こうなってしまわないように
今のうちに取れる疲れを取り除いておきたいですよね。
 
本当ならウォーキングが一番おすすめですが、
日差しも強く雨も強い時期ですから、
今回はおうちケアとしてマッサージをしてみましょう。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ フェイシャルマッサージをしてみよう ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
まずは顔を触ってください。
 
硬くないですか?
頰とか耳の前あたり。
ちょっとつまむと痛かったり。。。
 
それ、
むくんでるんです。
余計なものが溜まってしまっています。
 
そのまま放っておくと
夏を越して秋を迎えた時に
たるみやしわとなって現れてきます。
 
 
簡単なむくみ取りをしていきましょう。
 
 
まずマッサージオイルやクリームをご用意ください。
乾いた肌をマッサージするのはしわの原因にもなるので、
オイルやクリームで滑りを良くします。
 
また
美顔ローラーやかっさをお持ちの方は
それを使ってください。
なくてもOKです。
 
 
最初に鎖骨の周りをマッサージします。
鎖骨の骨の裏側を軽く押しておきます。
 
次に耳の下をほぐします。
ここも痛い方はいらっしゃるかもしれませんね。
痛いからといって
ぎゅうぎゅう押さないようにしてくださいね。
ちょっと痛気持ちいいくらいに留めておいてください。
 
それから顔を触っていきます。
 
頬骨のあたりや耳の横あたりは
特にむくんで硬くなる場所です。
 
そのあたりを軽くつまむのを繰り返します。
ここでもあくまで軽くです。
痛気持ちいいくらいにしておいてください。
 
少し赤くなるかもしれませんが、
すぐに落ち着いてきます。
 
肩こりのひどい方はおでこ周辺
足がむくんで仕方ない方はフェイスライン
月経不順になっている方は鼻筋から口周りも
つまんでいきましょう。
 
気をつけることは
下に向けて引っ張らないことです。
 
次に頬骨の下のくぼみを
ゆっくり押します。
ここはツボになっていますので、
10秒押して離すを何度か繰り返してみてください。
 
 
手のひらで耳の下にすべて押し流すようにし、
そこから鎖骨に向けて流すように
マッサージします。
 
最後に鎖骨のマッサージをして終わりです。
 
フェイスマッサージをすると
表情がスッキリするだけではなくて
発声が綺麗になるんですよ。
 
表情も素敵で声も素敵になりましょう!
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ もうひとつのむくみ取りは食生活から!
   〜甘酒のカンタン浅漬けレシピ ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
もうひとつのむくみ取りは食生活からです。
 
おすすめははと麦茶。
水分代謝を整え、余分な熱を下げ、
老廃物を排出する効果があります。
 
梅雨の湿気で重だるい時には
温かいはと麦茶が最適。
 
また夏野菜や薬味と言われる野菜もおすすめです。
梅やらっきょうは疲労回復にもいいですし、
汗の出すぎも抑えるそう。
 
また薬味で使われる
ミョウガ、ネギ、シソ、サンショウ、ワサビなどは
胃腸の働きを助けます。
 
 
*甘酒のカンタン浅漬け*
 
最近、私がどハマりしている浅漬けです。
野菜を切って和えるだけなので、
ぜひ作ってみてください。
 
 
漬け込みだれ
・ドリンクタイプの甘酒 125ml
・梅干し(叩いて) 2〜3個
・塩昆布 大さじ3杯ぐらい
 
野菜は
きゅうり、大根、ミョウガ、人参など
お好みで。
 
水で薄めるタイプの甘酒を使う場合は
甘酒60gに水を60mlで
作ってみてくださいね。
 
あえた直後から美味しく食べられますが、
30分ぐらいおくとさらに美味しいです。
冷蔵庫で3〜4日持ちます。
 
 
 
梅雨が明けると一気に暑くなりますから、
その前にフェイシャルマッサージをして
余分なむくみをとっておきましょう!
 
素敵な笑顔と声で魅了してくださいね!
 
 
最後に豪雨被害に遭われた皆さま
お見舞い申し上げます。
お体ご自愛くださいませ。
 
 
桑名希依
和花旅(なごみ はなたび)
http://kie-aroma.com
メルマガ登録
https://kie-aroma.com/?page_id=177
 
 

希依 フラワーヒーリングセラピスト
フラワーヒーリングセラピスト。 ココロとカラダを整えて、五感を研ぎ澄ますこと、を軸に、アロマテラピーの植物の癒しの力を最大限に使い、アロマテラピーホームケアを行っている。
◆ブログ 【和花旅*なごみはなたび】
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る