『気枯れを祓い新たにスタートする方法』FROM ちあき

あなたの名前に隠された秘密を

知りたくはないですか?

名前のもつ音の意味から

「使命」をひも解く名前のことだま師ちあきです。

 

日本には古来から先人たちが大切にしてきた

「言葉」があります。

言葉には秘められた想いや知恵があります。

今まで当たり前のように使って来たのに

知らずにいたことなど。

言葉の扉を開けて見て行きたいと思います。

どうぞお付き合いください。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ あやめの花が美しく咲く ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━

日本には一年を24等分した二十四節気と

72等分した七十二侯という季節があります。

 

元々は中国の黄河流域の気候をモデルにして

生まれた二十四節気。

日本の季節とは多少のずれが生じますが

農耕中心の日本では二十四節気を使うことが、

農業をするうえで便利でした。

 

そこでさらに細かく季節を分けたのが七十二侯です。

 

 

6月26日から7月1日頃は

第二十九侯 夏至 次候

菖蒲華(あやめはなさく) です。

 

あやめの花が咲く頃を伝えています。

 

この「あやめ」ですが

端午の節句に菖蒲湯(しょうぶゆ)で

使われるサトイモ科の「菖蒲(しょうぶ)」のことを

「あやめ」と呼んでいたのですが

江戸時代以降はアヤメ科の「菖蒲(あやめ)」を

指すようになったのだそうです。

ただ、名前を表す漢字は同じ「菖蒲」のままで

読み方だけが「あやめ」と「しょうぶ」の

2通りになりました。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 夏越の祓い(なごしのはらい) ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

早いもので今週には7月を迎えます。

明後日、6月30日は一年の半分

折り返し地点とも言うべき日です。

 

年末の大晦日に行われる「年越の祓い」と対を成す

「夏越の祓い(なごしのはらい)」という

神事があることをご存じでしょうか。

 

旧暦では6月30日は夏の最終日、

翌7月1日からは秋を迎える日でした。

半年間に溜まった身の穢れ(ケガれ)や罪を落とし

夏を越えて秋から年末までを無事に過ごせるようにと

祈願をする大祓いの行事が「夏越の祓い」

罪穢れと禍言(まがごと)を祓う神事です。

 

罪は「積み」積もり積もったさまざまな思いなど

溜まって澱んでいる物。

 

穢れは「気枯れ(ケガレ)」

「気」が枯れてやる気が失せるに通じています。

 

禍言(まがごと)は

真(まこと)の間に「我」が入り

道を誤り災いとなることを指しています。

 

━━━━━━━━━━━━
◆◇ 茅の輪くぐり ◇◆
━━━━━━━━━━━━

そんな穢れを祓うには直径数メートルの

「茅の輪(ちのわ)」をくぐります。

茅(カヤ)は成長の早い植物で

その生命力の強さから

穢れを祓う力があると言われてきました。

茅の輪には悪疫を払いのける力があり

くぐる事で無病息災、悪疫退散。

ご利益をいただけるそうです。

 

茅の輪くぐりの作法は

①茅の輪の前に立ち一礼。

  左足からまたいで輪をくぐり、左回りに回って

  元の位置に戻ります。

②再度茅の輪の前に立ち一礼。

  右足からまたいで輪をくぐり、右回りに回って

  元の位置に戻ります。

③茅の輪の前に立ち一礼。

  左足からまたいで輪をくぐり、ご神前まで進み

  二拝二拍手一礼してお参りしてください。

 

 

今年はコロナの影響で、いろいろな不安などから

厄除けの御札で角大師の御札、豆大師の御札

妖怪 アマビエの絵など。

どちらも疫病にならず、また病気に罹っていた人々も

快復するというご利益があるということから

話題となっています。

 

今の時期だからこそ、神社の神事に行ってみるのは

この半年を振り返り、今後の半年をどう過ごすか

といったことなど、立ち止まって物事を考えてみる機会に

なると私は思っています。

 

茅で作られた大きな「輪」をくぐり、穢れを祓う。

リセットした新たな自分で、2020年の後半を

よりよく過ごして行きましょう。

 

 

最後までお読みいただき

ありがとうございます。

 

今日という日が

あなたの素敵な一日でありますように。

つながったご縁に心からの感謝をこめて。

 

高橋千晃(たかはし ちあき) 名前のことだま師®
名前のことだま師®ことばがもつ大きな力を一番発揮している名前を紐解き、名前に隠されたメッセージや使命を伝え、それぞれの幸せへと導いている。
◆ブログ ことのはつづり ~名前はあなたの道しるべ~
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る