お金才能~美しいお金の物語~from 松田まり

おはようございます。

 

松田まりです。

 

 

個人セッションで

毎日のように皆さんとお話していて感じること。

 

 

まぁ、皆さん、

多種多様な才能をお持ちなのに

ご自身ではそのことに

全く気付いていない。

 

「え?これがビジネスのブランドになるのですか?」

 

とポカンとしていらっしゃる。

 

 

 

1ヶ月のフォロー期間で

その方の目的にあった

様々な宿題を出させていただいているのですが、

 

その回答が、

これまた妙味に才能に溢れていて

至極に面白い。

 

 

ここをどう組み合わせて

ブランドにしていくのか、が

経営コンサルティングの醍醐味。

 

 

 

それにしても、

これからのbeyondコロナは

 

ご自身の中に眠る才能の宝庫に

どうやって気付き

殻を打ち破っていくのか。

 

「私は、今までとは違うんだから」

 

「なんか文句ある?」

 

 

 

そんなことがまかり通る

新しい時代が、

今まさにやってきたのだと

強く感じております。

 

 

 

****************

さて、

 

本日は、

 

「自身のお金才能に着目する手法」について。

 

 

お伝えしてまいりましょう。

 

━━━━━━━━━━━━

◆◇

あなたのお金才能

       ◇◆

━━━━━━━━━━━━

私たちはいったい今まで

どれほどの回数、

「お金」を経験してきたのでしょう。

 

日常の暮らしでのことを考えると、

私たちはお金を何度も取り扱ってきた

れっきとした「プロ」だと言えるでしょう。

 

 

私たちの人生には

お金にまつわる

数々のエピソードがあります。

 

 

思い出に残るいい話や

お世辞にも

良い思い出とは言えない話まで。

 

 

どんな話であっても

そこには、

あなたのお金才能が眠っている。

 

 

今日は一緒に

【お金史ライン】を使って

お金の才能を

いくワークを

ご紹介いたしましょう。

 

━━━━━━━━━━━━

◆◇

お金史ラインワーク

どうぞご一緒に

       ◇◆

━━━━━━━━━━━━

私たちが今、何歳であろうと

今までに通ってきた日々は

1年365日(366日)、

 

平等な時間の単位で

私たちのもとにやってきました。

 

 

その歴史の中での

お金の出来事を

一つずつ

思い出してみる。

 

オギャーと生まれてから今まで、

すべての年齢ごとに

お金にまつわるエピソードを

まずはイメージしてみましょう。

 

より鮮明に思い出したい場合は

紙に書き出してみても

よいでしょう。

 

基本的には1つの年齢につき

1つのエピソードを

イメージしていきますが

 

場合によっては

ある年齢で

複数のエピソードがでてくるケースも

あるかもしれませんね。

 

そして、これらのエピソードを

「お金史ライン」という

曲線で表現してみる。

 

 

縦軸は感情、

横軸は年齢。

 

 

 

松田まりの「お金史ライン」は

こんな感じの曲線になります。

http://marimatsuda.ciao.jp/okaneline.pdf

 

 

これを描いてみて

私が強く実感したのが

決してお金の量と

感情は一致しないということ。

 

 

そして、

どの出来事から

お金に対して様々な感情を

感じるようになったのか、

が明確になると

 

 

自分のお金さんに対する思考の癖が

何から由来していて

それをどう扱えばよいのかが

クリアになっていきました。

 

 

具体的には、

5歳の時に感じた

「お金に対するある感情」が

私のお金さんとの距離感に

大きく影響を与えている。

 

そして、

このことがわかり、

この出来事を

自分の中で咀嚼できている今

 

 

お金に対して

自由な感情と発想を

持てるようになり、

 

と同時に、

お金の動きがにぎやかになりました。

 

 

 

 

お金に対していつも漠然と不安がある

 

 

もし、こんな感情を

少しでも感じることがあったら

ぜひともお金史ラインワークを

やってみてくださいね。

 

 

お金傾向がわかるだけで

あなたのお金才能がどこにあるのかがわかり、

 

お金問題がが少しずつ

変化してくることに

気付くこと請け合いですよ~。

 

*********************

【お金さんと呼ぼうポリシー】

私は普段からお金を

「お金さん」と呼んでいます。

 

こう呼びかけることで、

まるで友達のように親近感を感じる。

 

「大事にしよう」という気持ちになる。

 

自分のもとに来てくれたお金さん。

 

そして自分の元から

旅立っていったお金さん。

 

不思議と、

どちらも大切な友達の行動として

「見守りたい」という感情が生まれる。

 

あなたも

「お金さん」と呼ぶ習慣

身につけてみませんか?

 

 

━━━━━━━━━━

◆◇個人セッション◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━

弊所の個人セッションを、

期間限定で再開させていただいております。

 

 

コロナが落ち着き、

皆様のお気持ちが

安心安定する頃になったら

こっそり看板を下ろします。

 

それまで、どうぞお気軽にご活用ください。

 

https://88auto.biz/marimatsudacpa/registp.php?pid=15

 

松田まり 公認会計士/税理士×女性起業コンサルタント
「美しいお金と美しく向き合う」をコンセプトに女性の起業スタートアッププログラムを提唱し、数々の女性起業家の独立開業・売上拡大を応援している。500名近くの相談実績を持つ。著作に『セラピスト・ヒーラーのための「お金の強化書」』
◎個人ブログ 「自分を大事にするためのやさしいマネーレッスン」
◎女性の起業スタートアッププログラム無料メルマガ
https://88auto.biz/marimatsudacpa/touroku/entryform7.htm
◎女性起業家のお悩みや質問をお受けしております。
https://88auto.biz/marimatsudacpa/touroku/mariyura.htm
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る