『絶賛おすすめ中!腎臓セルフケア。』 From高野義隆

おはようございます。

新潟で【オキシトシン】や【触れること】

について発信しています。

理学療法士の高野です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 下がる・・・【腎臓】◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

年を重ねるとね

頬やまぶたがたるんできますよね。

(いきなりですみません・・・)

 

これって加齢に伴って

筋力が低下し重力に負けちゃうからです。

 

同じことは内臓にも起こっています。

内臓は平滑筋という筋肉でできていますので

加齢によって少しずつ少しずつ

下に引っ張られて下垂していくのです。

 

内臓のなかで【腎臓】は

NO.1に下がりやすい臓器と言われています。

(あまり名誉ではないですが)

 

【腎臓】は背骨の下の方

腰のあたりに左右一個ずつあります。

カラダから不要物を排泄する

そんな役割をもつ臓器です。

 

なので、【腎臓】の機能が低下すると

カラダの浄化作用がうまく進まず

ダメージがズンズン貯まってきます。

 

 

汗をかくと体内の水分は

体外に出やすくなります。

でもね。

汗をかかない状態が続くと

水分が体内にこもり

その水分は

「外に出して~」と

排せつされるために【腎臓】に集まります。

 

結果、【腎臓】は重くなって

下垂しやすくなる訳なのです。

 

 

【腎臓】の裏側には

大腰筋という筋肉があります。

腿を上げたり、立っている姿勢を保つ

大切な筋肉です。

 

【腎臓】と大腰筋は

お互い筋膜でつながっていますので

【腎臓】が下垂すると

大腰筋は引っ張られて収縮してしまいます。

 

これによる腰痛が実は多い・・・・。

 

また、大腰筋は横隔膜とも

つながっていますので

呼吸の深さにも

影響してくるというわけです。

 

 

カラダってつながっている・・・。

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 歩くことは、ご褒美 ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『私たちは食品添加物という毒を

毎日少しずつとっています。

一日8グラム、大さじ一杯。

 

たいしたことはないと思うでしょうけど

年間にすると3キロです。

先祖は食品添加物なんてとっていませんから

私達もそんなものを

処理できる【腎臓】をいただいていません。

浄化フィルターである【腎臓】が

詰まって機能できない状態なのです。

この詰まりは薬を飲んだところで

なかなかよくなりません。

 

ところが歩くことで

【腎臓】の血流がよくなり

腎機能が向上するようです。

だからしっかり歩く。

1日最低でも10分、できれば20分。

もちろん添加物を食べないように

気をつけることも必要です。』 

 

【わらのお話 船越康弘著】より引用

 

 

***

少し『大股』を意識して歩くと

大腰筋がよく刺激されます。

その刺激は筋膜をとおして

つながりのある【腎臓】に伝わります。

 

 

《軽く汗ばむくらいに歩くこと》は

【腎臓】にとってなによりご褒美です。

 

20分ウォーキング&しっかり排泄。

今のこの時期

絶賛おすすめ中

一押しのセルフケアでありました。

 

 

今回もお読みいただき、ありがとうございました。

あなたの今日に、明日に

少しでも役立てたら、幸いです。

*。・゜・*。・゜・*。・゜・*。・゜・。*。・゜

 

 

高野義隆 ブログ

【オキシトシン・マッサージ ~肌からココロに伝わるメッセージ~】

http://ameblo.jp/koharu5088

 

高野義隆 理学療法士
フィジカルセラピスト。 触れることを通じて、他者への信頼感や安らぎを生み出すホルモン:オキシトシンの分泌を促し(オキシトシン・マッサージ)、身体のケアからココロのケアまでを行っている。
◆ブログ 【オキシトシン・マッサージ ~肌からココロに伝わるメッセージ~】
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る