自分で創った病氣は自分で治す from タニー

 お元氣様です!
 サトルBoby(Brain) ナビゲーター

 たった1回優しく心と身体に触れただけで
 痛みや病氣・悩みの奥深くにある本当の
 原因と才能を探し出し

 脳科学、言語学、心理学、医学、量子物理学を用いた
 エクササイズを通して
 あなたの本当の自分を取り戻し、ありと
 あらゆる悩みを解決する
 心と身体、瞑想のスペシャリスト
 タニー(谷口 暁)です。

******
ボーガンで家族4人殺傷
なんとも痛ましい。
いったい何がそうさせたんだろう?
20代の容疑者は
とても優しい人と
友人が語っていた。

しかし戦国時代の世では
普通にあった。
当然、何かの因縁や背景があったと思います。

NHK 『麒麟が来る』 でもあったように
美濃の武将
斎藤道三(父)を斎藤義龍(息子)が討つ

尾張の戦国武将
織田信長は織田信勝(弟)を謀殺

豊臣秀吉は豊臣秀次(甥)に自害を命ず

戦国の世であったら
国を治める考え方の違い

血の繋がりのない親子の確執

権力争い

もちろん
兄弟間での母への思い
 母からの愛情の受け取り方での
兄弟間の確執

戦乱で負けた側は御家を潰される。
子孫を根絶やしにされるという事を避けるため
親兄弟が
敢えて敵味方に分かれ戦い、
子孫を残していく
という方策をとった事もあるでしょう。

近いところでは
 〇塚家具のお家騒動
経営の方針の違いで骨肉の争いになっていましたね。

どうして
こうなってしまうのか?

様々な要因があったと思いますが、

要因や原因はあまり関係しません。

 ******
 過去へ
******

要因や原因に注目すると
そのことを責めたり、自分を責めたりしてしまいがち
そして
考えや氣持ちが過去に囚われえてしまいます。
過去に囚われると
脳の苦痛系が活発になっていきます。

何で?
何故?
は原因を追究し
過去に焦点があたる
自分を責めたり、他人を責めたり!

******
 未来へ
******

脳は未来のことを考えると
 運動ニューロンが活発になる事が知られています。
そして報酬系が働くのです。

どうしたらいいのか?
どのようにしたらいいのか?
と考える

そうすると
未来を考える事になる

そして

 その出来事が
未来から見て
10年後のあなたから見て
なんの為に起きた出ごとなのか?
を考えてみる。

例えば
高校生の時バレーボール部員だったとします。
練習はとてのハードで監督も鬼のような方で
とりわけあなたには厳しかったとします。

毎日の練習がハードで
毎日監督から
厳しい声、叱り、罵倒があったとします。

辛くて辛くて部活を辞めたいと思っていたとします。
それでも
最後の大会まで続けたとします。
氣持ち的には
監督に対する怒り、悲しみを持つかもしれません。

10年後
社会でも会社でも
上司や知人から
様々な関係性の中で
トラブルや
上司からの怒りや罵声を
浴びるかもしれません。

そうなった時
バレーボールの監督からの
罵声に比べれば
 全然大した事ではないとなれば、

あ~そうか
私はこのような
高校生のつらい体験を通して
社会の辛さに耐えうるだけの経験をしたから
今の自分があるんだとか

あ~そうか
高校生のつらい体験を通して
罵声を浴びる側の氣持ちの経験をし
人の優しさについての學びを体験したんだ。
だから
そのつらい体験が必要だったんだと
思えたりする。

となれば
過去の辛い経験も
今の私に
必要だったんだとなり
自分にとって
良い悪いではなく
必要な経験だったんだになってくる。

お釈迦様が
一生皆苦
四苦八苦に遭わなければならない
と言われています。

そう思います。
しかし
苦の中から光を見いだすのは自由です。
ならば
あなたも
苦の中から
光を見いだしませんか!!

************

新しい生活スタイルから
光を見いだすお話会をいたします(無料)

人氣、元氣、景氣、天氣、病氣
光(氣)
について

日程はまだ決まっておりせん。

ご希望の方は
aoba200618〇yahoo.co.jp
 〇を@にかえてメールしてください。

最後まで読んでいただき感謝申し上げます。

from タニー ^ ^

大きな苦しみから私は小さな歌をつくる。
              ハイネンリヒ ハイネ

 

谷口 暁(タニー)柔道整復師/整体師
優しく触れてココロを癒すプロ。身体の防御反応を起こさせずに筋肉やこころにアプローチして自律神経や内臓のバランスを整える接骨院を開業。観じる整体、として、身体にやさしく触れてココロもいやします。
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る