お金の健康度チェック。2018年をさらに健やかに~美しいお金の物語~ from 松田まり

おはようございます。

自分を大切にするためのマネースタイル

公認会計士・税理士の松田まりです。

『こどもを育てるようにしごとを育てる』

をコンセプトに、女性起業家向けの

スタートアップのための塾を主催しております。

日常セラピーでは

小中高校での租税教室や

税務署講師でお伝えするお金の話も交えて

「お金さんとの美しい日常」をテーマに

マネーレッスンをお伝えさせていただきます。

毎週月曜日、

『美しいお金の物語』

どうぞよろしくお願いいたします。

***************

【わたしのしごと・プランニング講座】

2018年春塾1月16日開講!

  • ときめき事業計画書
  • SUGOI-NOTE
  • 気が付いたら経理が完成する毎日ノート

3つのツールで

自分らしく起業の夢を現実に。

第3期生となる2018年春塾

全国からお申込みいただいております。

早割は12月26日までです。

詳細はこちらをご参照くださいね。

http://marimatsuda.com/course/

【わたしのしごと・個人セッション】

1席キャンセルがでました。

12月21日 10時~11時半

https://sugoinote.marimatsuda.com/

SUGOI-NOTEを無料でお渡しする

個人セッションキャンペーン

タイミングばっちり!という方

お待ちしております。

━━━━━━━━━━━━

◆◇お金の健康診断を

     してみよう◇◆

━━━━━━━━━━━━

「お金がないんです」

「お金に苦労しています」

食料を買うお金

洋服を買うお金

勉強をするお金

生活をするお金 がない

ふつうに仕事をして、

ふつうに生活をしている人が

このような状況に陥っている場合、

それは、

金欠病ではなく、

「足るを知らない病」に

かかっているのかもしれません。

もし、ふつうに暮らしていて

「お金がない」とちらりとでも

思ったのなら、

それは、

「足るを知らない病」に

なりかけているかも、と

ご自身の状況を

チェックしてみましょう。

【足るを知らない病

  ~7つのチェックポイント】

①1週間に銀行からお金を引き出す回数は2回以下だ

②レシートを持ち帰っている

③昨日いくらお金を使ったのか、すぐに答えられる

④お財布の中におおよそいくら入っているか、すぐに答えられる

⑤勉強をするためにお金を使っている

⑥自分のために、と意識して使うお金がある

⑦「お金は使えば使うほど増える」と感じる

NOの数はいくつでしたか?

(チェック結果はこちらのメルマガ記事後半にて)

━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇お金のしっぽを

  つかみたくなるあなたへ

 ~お金のしっぽ病~◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━

お金をなんとしても捕まえて

おきたいとする人がいます。

入ってきたお金を無理やりに

自分のもとに収めておこうする。

出ていこうとするお金のしっぽを

グッとつかんで離さない。

お金は社会を循環する生き物

と考えると、

しっぽをつかんでまで

手元に置いておくことは、

お金の社会的役割を

止めてしまいかねません。

循環を止められてしまったお金は、

次の行動を考えます。

ここからまた社会に戻るためには

どうすればよいのか。

少し、困った動きをするかもしれません。

循環できなることを恐れて、

新しいお金がやってこなく

なってしまうかもしれません。

出ていくお金に

「怖い」という気持ちがあると、

どうしてもお金のしっぽを

つかみたくなってしまう。

これこそが、

「お金のしっぽ病」なのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇お金の向かう先をデザインする◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━

「足るを知らない病」

「お金のしっぽ病」

できることなら

これらの病になることなく

健やかにお金ライフを楽しみたいもの。

お金が喜ぶ使い道の

アイディアを考えてみたり

お金との豊かな距離感を

考えてみる。

そのために

「どう使うか」に

3つの視点を持ってみましょう。

①自分への投資のためのお金なのか

②生きていくために日々必要な消費なのか

③自分を楽しむための浪費なのか

この3つのバランスをすこやかに保ち、

つねに社会のために

有用なお金の使い方を考えること。

お金の向かう先が、

投資なのか

消費なのか

浪費なのか

がきちんとわかっていれば、

お金のしっぽをつかまえようと

しなくて済むようになります。

いつでもお金の充足感を

感じることができるようになります。

ここで大事なことは、

投資・消費・浪費のバランスを

前もってデザインすること。

例えば、

その比率を

3:4:3にするなど。

自分で決めたデザインに合わせて

お金の使い道を決めること。

これをできる人のもとには

またお金を使うチャンスがやってくる。

ゆったりとした気持ちで

お金の出ていくことを

構えてみていられます。

まずは、

あなたが使おうとしているそのお金を

3つのポイントで分類してみる。

お金の豊かな使い方、

2018年に向けて

ぜひとも今日から意識してみてくださいね。

***********************

【足るを知らない病

  ~7つのチェックポイント】

NOの数はいくつありましたか?

・1~2個

すこやかにお金を使っています。

・3~4個

足るを知らない病予備軍です。

3つのポイントを意識して過ごしましょう。

・5~7個

足るを知らない病にかかっている可能性が高いです。

お金を使うたびに3つのポイントを考えましょう。

*********************

【お金さんと呼ぼうポリシー】

私は普段からお金を

「お金さん」と呼んでいます。

こう呼びかけることで、

まるで友達のように親近感を感じる。

「大事にしよう」という気持ちになる。

自分のもとに来てくれたお金さん。

そして自分の元から

旅立っていったお金さん。

不思議と、

どちらも大切な友達の行動として

「見守りたい」という感情が生まれる。

あなたも

「お金さん」と呼ぶ習慣

身につけてみませんか?

松田まり 公認会計士/税理士×女性起業コンサルタント
「美しいお金と美しく向き合う」をコンセプトに女性の起業スタートアッププログラムを提唱し、数々の女性起業家の独立開業・売上拡大を応援している。500名近くの相談実績を持つ。著作に『セラピスト・ヒーラーのための「お金の強化書」』
◎個人ブログ 「自分を大事にするためのやさしいマネーレッスン」
◎女性の起業スタートアッププログラム無料メルマガ
https://88auto.biz/marimatsudacpa/touroku/entryform7.htm
◎女性起業家のお悩みや質問をお受けしております。
https://88auto.biz/marimatsudacpa/touroku/mariyura.htm
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る