50代パートナーと出会いなおし「新しい日常」へ from横山秋子

こんにちは!
「人生のリニューアル」をテーマにお伝えする
幸せ人材コンサルタントの横山秋子です。

各地で自粛が解除され、
少しづつ街に活気が戻ってきましたね。

社会全体がこれまでの「あたりまえ」を見直し、
忙しさや効率化最優先の
働き方・生き方が変わりつつあると、
ヒシヒシと感じます。

今日もキャリアコンサルタントの視点で
夢を叶える「人生のリニューアル」のヒントを
お伝えしてまいります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇4月の自殺者 約20%減◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
厚生労働省の発表によると
4月の自殺者数は1,455人、
前年比19.8%減少。

過去5年間では
最も大きな減少幅だったそうです。

コロナにより外出抑制や
家族との生活時間が増えたことで、

職場や学校に行く機会が減り、
思い悩む人が少なくなったことが
要因とみられるとのこと。

忙しいことが当たり前だったコロナ前。
危険を察知する感覚が麻痺していたのかと
振り返る今日この頃です。

 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇「心を亡くす」と書いて、「忙」しい◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

梓葉さん(仮名・50歳)は
後半の人生を後悔したくないと
自分の価値観にこだわって
就活に臨みました。

過去記事はコチラから→
https://ameblo.jp/vitamin-counselor/entry-12593299822.html

無事に就職内定はもらえたものの
コロナの影響で出社日は先送りの6月に。

外出はできないけれど、
ゆっくり過ごせる今を
楽しむことにしました。

+++

亡くなった母からは、
「あなたと居ると時間が気になる」
とよく言われていました。

療養中だった母が求めていたのは、
「ただ、寄り添うこと」

わかっていたけれど、
その気持ちを受け止める余裕がなく、
優しさが足りなかったことを
後悔しています。

まさしく、
「心を亡くす」と書いて、「忙」し過ぎる自分でした。

ところが、
コロナがきっかけで、
疎遠になっていた友人たちと
オンライン飲み会を楽しむ時間ができたのです。

中学時代の友人3人とのプチ同窓会では、
体のあちこちの不調の話から始まり、
親の介護問題も共通の話題。

そのなかでも、
パートナーとの関係が修復された
友人の話はとても印象的でした。

 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇パートナーと出会いなおした
マキさんの話◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
陸上部のキャプテンだったマキさんは、
明るく誰からも慕われていました。

ずっと経理畑でキャリアを積み
会計事務所では
先生の秘書的な存在でした。

ところが昨年、
健康診断で悪性腫瘍がみつかり手術。
現在、体調は落ち着き、
投薬しながら経過観察中です。

仕事は通院も配慮してもらいながら
時短勤務となり、
恵まれた状態で続けているとのこと。

そんな彼女にとって、
いま気がかりなのは
一人暮らしの母のこと。

認知症が進み
炊事など火の扱いに危険を感じています。

本人にはその自覚が全くなく、
やんわりと注意を促すと
過剰に反応して怒り出す。

これからのことを
真剣に考えなければいけないけれど、
仲良しだった姉は5年前に他界し
相談できる人もいません。

そして、
再雇用先で働く夫は
ストレスが大きいようで
ため息が増えています。

妻に心配かけないように
仕事の話はしないのですが、
めっきり口数も少なくなって表情も暗い。

母のことを切り出しても、
うわの空で話が続きません。

こんな毎日がいつまで続くのだろうと
思うと息苦しくなり、
泣きたい気持ちになっていました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇一緒の時間が増えて◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

そんなときに
世界中を不安に陥れた
新型コロナウィルスの感染拡大。

働きかたが急変し、
夫と共にテレワークとなりました。

最初は戸惑いましたが、
気がつけば
時間に追われる日々から
解放されています。

そして、夫の表情にも
生気が戻ってきました。

マキさん夫婦にコロナがもたらしたものは、
同じ時間に会話を楽しみながら食事するという
あたりまえの日常です。

コロナがきっかけで
ゆったりとした時間を
何年かぶりに取り戻せました。

母のことも自然に話ができ、
時間に追われて見えなかった
夫の優しさを改めて感じることが出来ました。

一緒の時間が増えたことで、
お互いの隠れていた面が浮き彫りになり、
夫と出会いなおしたように、
幸せな気持ちが湧き上がっているのです。

 

+++

先行きの見えない現状だからこそ、
人生の舵を切り直すカップルが
増えているように感じます。

新しい日常がスタートするなかで、
せっかく取り戻した大切な人との時間を
これからも慈しんでいきたいですね。

 
◆ 「人生のリニューアル」のための
今日のヒント
 
およそ惨めなものは、
将来のことを不安に思って、
不幸にならない前に
不幸になっている心です。
 
          セネカ 
(ローマ帝国の政治家、哲学者、詩人)
 
 
それでは、
今日も豊かな1日を!
 
◇個人ブログもぜひご訪問ください。
 
「人生リニューアルのヒント」~ 働く幸せ・生きる歓び~
 http://ameblo.jp/vitamin-counselor/

 

横山 秋子 幸せ転職コンサルタント
vitamin-counselor(ココロに活力を!のビタミンカウンセラー)。一人でも多くの人が、「働く幸せ」「生きる歓び」を感じ、働く幸せや生きる歓びを実感できる夢の実現と「幸せな転職」サポートをしている。
◇個人ブログもぜひご訪問ください。
「幸せな転職」~自分流再就職への道~
http://ameblo.jp/vitamin-counselor/
◆横山 秋子先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る