いつでもお金の集まるところ。今だからこそ、のお金のご相談~美しいお金の物語~from 松田まり

おはようございます。

 

松田まりです。

 

 

先日、弊所のお客様の案件でとても嬉しいことがありました。

 

なんと絶妙なタイミングで、450万円の機会利益をお届けすることができたのです。

 

お金の専門家として、なんとも冥利に尽きる結果に

お客様と一緒に喜びをかみしめました。

 

https://ameblo.jp/mmshan223/entry-12597800597.html

 

山一證券の営業職を経て、

今の職業についた、

お金の現場に接することの多い私として、

かれこれ25年の長年の経験上、

しばしば感じることがあります。

 

それは、

お金が瞬時に集まってくる場所(人)には決まりがある、ということ。

 

その方をじっくりと観察していると、

ある共通点がある。

 

それは、その方の徳が髙いということ。

 

そして、

その方に集まってきたお金は、

その方を起点に

また社会に

役割を持って還元されていくということ。

 

お金の集まるところは、

社会構造的に

お金が集まるべくして集まっていく。

 

これは、見ていて

本当に面白い現象だなぁと感じます。

 

 

これからのbeyondコロナの社会は、

循環するお金の動きが鈍くなることが

予想されています。

 

そうならないために、

政府が色々な緊急経済支援策を出したり、

個々人の間でも

できることで経済を回していこうという

活動が頻繁に起こったりはありますが、

 

私達の心の中には、

ある種の、今までとは違う、

お金の価値感ができあがってしまった。

 

いっとき、

それは絶望感のように感じた方も

いらっしゃったかもしれませんが、

 

その感覚を超えて、

今は、

 

「お金でなくていいんだ」

 

ということに気付いてしまった私たちがいる。

 

お金があれば、何とかなる、と思っていた私たちは

 

お金があってもどうにもならない、コロナ世界を目の当たりにし、

 

お金がなくてもできる世界に到達しつつある。

 

 

 

そうはいっても、

全くお金がない状況は、

私たち個人の

経済循環の起爆剤がなくなってしまいますから、

その点はしっかりと手当しつつ。

 

これからの時代は、

いかに、自分の徳を高めていくか。

 

そこ一点に

集中していくことになるのだと感じています。

 

お金が集まり、自身が

お金を循環させる起点になる。

 

そのためには、

何をしていけばいいのか、

 

様々なお金の集まるところを

観察しつつ、

一緒に深めていきましょう。

 

 

****************

 

さて。

 

本日は

しっかりと

これからのお金のこと。

 

今さら、

なんて思わずに、

コロナ関係の緊急経済支援策について。

 

お金の集まるところの

起爆剤に。

 

 

お伝えしてまいりましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇今だからこそ、のお金の相談◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━

お金のことを相談する。

 

これは、

かなりハードルの高いことだと思っている方がほとんどだと思います。

 

 

 

・誰に相談していいのかわからない

・何を相談していいのかわからない

・こんなひどい状況で相談をしたら、人格を疑われるのではないか

・恥ずかしくて実状を話せない

 

そんなお金の相談の現場も、

コロナの影響で大きく変わってきています。

 

平時では

なかなか

相談するハードルを超えられなかった方も、

「ここまできたら、恥ずかしいなんて言ってられない」

 

「もともと財政難だったけど、コロナの影響ってことにして相談してみよう」

 

 

といった心理が働くのか、

以前より、あけっぴろげにご相談いただくことが増えてきました。

 

もちろん、お金のご相談のゴールは、

「現状のお金の状況を、コロナ関係の緊急経済支援策でなんとか手当できないでしょうか」

ということ案件がほとんどです。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇コロナ関係の

補助金、助成金、給付金、協力金、融資など

何がなんだか、もう、よくわからない方へ

                  ◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

国や地方自治体、業界団体から

様々な緊急経済支援策が出されています。

 

お店を休業したら協力金がもらえるらしいよ、

 

売上が減少したら、給付金がもらえるらしいよ、

 

雇用を維持したら助成金があるらしいよ、

 

などと、

ニュースやネット情報で

その断片を知っている方は多くいらっしゃると思いますが、

 

多くの方が、

 

「で、私に関係あるのはどの制度なの?」

 

ということだけを知りたい。

 

 

弊所にもたくさんのお問い合わせがあり、

 

これはみなさんのためにも

まとめ記事を書かねば

 

と、

こんな大作の記事を書かせていただきました。

 

多くの方にシェアいただき、

「この記事を読んで、

無事に申請することができました」

 

と嬉しいご報告もいただいております。

 

もしよろしければ、

ご一読ください。

 

https://matsudamari.com/accounting-tax/post-430/

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇

個人事業主にとって、

持続化補助金がとってもおススメな理由 ◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

様々な緊急経済支援策の中で、

どうしてもフォーカスしがちなのが

 

「条件さえ満たせば貰えるお金」

 

かと思います。

 

もちろん、

条件を満たしている方は

もれなく、

貰える緊急経済支援策のお金は

申請して手にしていただきたいのですが、

 

私は

これだけでは

ビジネスの立て直しは難しいと感じています。

 

そもそも、

これはコロナの影響のあるなし

に関わらず、

「お金があればなんとかなる」

という安易な経営でうまくいくはずがない

というのは、昔も今も自明の理。

 

さらに、

これからのbeyondコロナの時代は、

消費の向かう先は

確実に取捨選択されていくことを考えると

 

お金があれば経営を立て直せるのに

という安易な事業スタンスでは

経営を持続化していくことは

難しいでしょう。

 

そこで、

活用していただきたいのが、

持続化補助金。

 

なぜ、私が

個人事業主に持続化補助金を

強く勧めるのか。

 

そのわけを

こちらの記事にまとめました。

 

よろしければ

ご参照ください。

 

https://matsudamari.com/accounting-tax/post-469/

 

 

もちろん、

個人事業主だけでなく、

中小企業の方もぜひとも申請にトライしてくださいね。

 

━━━━━━━━━━

◆◇個人セッション◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━

2018年11月にクローズさせていただいた、

弊所の個人セッションを、

期間限定で再開させていただいております。

 

 

 

皆さまお困りのこと。

 

これからのお金のこと。

 

これからの事業経営のこと。

 

持続化補助金のことなど。

 

 

個人的なお悩みでもドーンとなんでも!こい、です。

 

とにかく話を聞いてほしい。

 

そんなご要望にも、お応えさせていただきます。

 

 

コロナが落ち着き、

皆様のお気持ちが

安心安定する頃になったら

こっそり看板を下ろします。

 

それまで、どうぞお気軽にご活用ください。

 

https://88auto.biz/marimatsudacpa/registp.php?pid=15

 

*********************

【お金さんと呼ぼうポリシー】

私は普段からお金を

「お金さん」と呼んでいます。

 

こう呼びかけることで、

まるで友達のように親近感を感じる。

 

「大事にしよう」という気持ちになる。

 

自分のもとに来てくれたお金さん。

 

そして自分の元から

旅立っていったお金さん。

 

不思議と、

どちらも大切な友達の行動として

「見守りたい」という感情が生まれる。

 

あなたも

「お金さん」と呼ぶ習慣

身につけてみませんか?

 

松田まり 公認会計士/税理士×女性起業コンサルタント
「美しいお金と美しく向き合う」をコンセプトに女性の起業スタートアッププログラムを提唱し、数々の女性起業家の独立開業・売上拡大を応援している。500名近くの相談実績を持つ。著作に『セラピスト・ヒーラーのための「お金の強化書」』
◎個人ブログ 「自分を大事にするためのやさしいマネーレッスン」
◎女性の起業スタートアッププログラム無料メルマガ
https://88auto.biz/marimatsudacpa/touroku/entryform7.htm
◎女性起業家のお悩みや質問をお受けしております。
https://88auto.biz/marimatsudacpa/touroku/mariyura.htm
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る