コロナ時代の「真・免疫学」。FROM おのころ心平

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 真・免疫学 ◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます。
自然治癒力学校理事長、
おのころ心平です。

免疫器官の中で、
僕から見ると
軽んじられていると思うのが

胸腺(きょうせん)
です。

胸腺(きょうせん)は
免疫細胞である
T細胞の教育機関ですが、

心臓の上に乗っかり、
右と左の肺の間に挟まれて
存在しています。

この「場所」が重要です。
めちゃめちゃ重要です。

心臓の上だからこそ、
肺の間だからこそ、
胸腺が免疫の学校である
意味があるのです!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ そして、若返り機能 ◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

古代、グノーシスの賢者たちは
胸腺を保持し、衰退に向かわせないよう
努めた、と言われています。

胸腺には若返り
(=ナチュラルエイジング)機能が
あると信じられていました。

そのほか、

・「創造的破壊」臓器としての脾臓(ひぞう)。
・脾臓は、あなたの「自己価値」を創る。

・松果体は「眠り」と「覚醒」のリズムをつくる。
・松果体に秘められた「時間」と「空間」の謎。
・「スピリチュアル中枢」としての松果体。

というテーマから
withコロナ時代の「真・免疫学」に
挑むのが、6月のおのころ講座。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 眠りと覚醒のスピリチュアリティ ◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

6月講座では、胸腺以外に、
「松果体しょうかたい」
にも焦点を当てます。

松果体の主な働きとしては、
光と磁場を感知して
人体の体内時計の働きをする
サーカディアン・リズムを
正常に保つことです。

また、脳内ホルモンの
メラトニンを分泌することで
睡眠と覚醒の調整をします。

松果体の働きを掘り下げると、
最終的には「時間」と「空間」の謎に
行き着きます。

それは、
緊急事態宣言解除直後の
あなたの生活の方向付けに
きわめて重要になると
思うのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ Zoom受講? or ご来場受講? ◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

6月は、5月に引き続きZoom受講を主体としますが、
リハビリ期間として
少人数でのご来場受講を受け付けます。

■6月5日(金)東京会場(フクラシア丸の内オアゾ)
 26名限定募集!
■6月6日(土)品川会場(フクラシア品川クリスタルスクエア)
  23名限定募集!
■6月7日(日)大阪会場(ナレッジキャピタルカンファレンスルーム)
  21名限定募集!
■6月10日(水)福岡会場(エイムアテイン 大博通り)
  14名限定募集!
■6月11日(木)名古屋会場(TKPガーデンシティ名古屋ルーセントタワー)
  14名限定募集!

Zoom受講を選択の方は、
上記5会場、いつでもどこでも全部でも
Zoomアクセスでき、
さらに、Zoom受講生のみに向けた
講座デー(6月14日)の視聴もできます。
   ↓
https://naturalhealing-school.org/archives/42816

新しい時代への免疫学、
ぜひいっしょに身につけていきましょう。

おのころ心平

おのころ心平 一般社団法人自然治癒力学校理事長
22年間2万3千件以上のカウンセリング現場から見出したココロとカラダをつなぎ、自然治癒力スイッチを活性化するメソッドを、本、ブログ、メルマガ、そして講座・セミナーにて広く発信している。
◆おのころ心平先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る