『祖先から私たちへ、私達から未来の子孫へ』FROM ちあき

あなたの名前に隠された秘密を

知りたくはないですか?

名前のもつ音の意味から

「使命」をひも解く名前のことだま師ちあきです。

 

日本には古来から先人たちが大切にしてきた

「言葉」があります。

言葉には秘められた想いや知恵があります。

今まで当たり前のように使って来たのに

知らずにいたことなど。

言葉の扉を開けて見て行きたいと思います。

どうぞお付き合いください。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 霜止んで苗出ずる ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━

4月25日から4月29日ごろ

この時期は七十二候では

穀雨 次候 

『霜止出苗(しもやんでなえいずる)』 

霜がやみ苗が成長するころ

 

ようやく霜が止んで

苗がすくすくと育ち始める頃を

表しています。

 

そして農家の方々が

田植えの準備に追われる頃でもあります。

 

立春から数えて

八十八日目にあたる五月二日頃。※

 

『夏も近づく八十八夜』と

唱歌の『茶摘』で歌われるように

縁起の良い農の吉日です。

 

八十八夜の数日後には

二十四節気の「立夏」を迎えることもあり

昔の農家の人にとっては夏の準備をする目安に

なっていたのかもしれません。

 

幼い頃、祖母から聞かされた話ですが。

「お米には八十八の神様がやどっているんだよ。

だから、お米は粗末にしないで

一粒残さず食べようね。

お米って漢字で書くと、『八』と『十』と『八』

合わせると八十八で『米』なんだよ」

 

『茶摘み』を唄いながら

手遊びをした祖母の手の温かさを

ふと、思い出しました。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 愛情は時間を超えて伝わる ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この頃のことわざに

「八十八夜の忘れ霜(別れ霜)」

というものがあります。

 

霜もやみ、初夏へ向かうと油断していると

急な気温の変化で夜に冷え込み

遅霜が降りるよ。

寒の戻りがあるので注意しなさい。

そんな風に、先人たちが呼びかけます。

 

農作物にとって、霜は大敵です。

時間をかけ、愛情をかけて育てていても

自然の力を受けては太刀打ち出来ません。

感謝しつつ、自然と向き合うためには

先人の知恵や経験を活かすことが必要です。

 

生活の知恵というたぐいの言葉には

子孫への深い愛情がこもっています。

だからこそ「ことわざ」として

長い間伝え続けられているのだと思います。

 

私達は無意識の内に祖先の愛情を

感じ取っているのではないでしょうか。

 

※2020年は立春が2月4日

5月2日がちょうど八十八夜です。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ コロナ感染から学ぶこと ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━
過去のSF映画などで観ていたような出来事。

数か月前には想像もしていなかった日々。

 

収束のめどもつかないまま、緊急事態宣言の中

「Stay Home」

人との関わりや接触を8割減にしないと

いけないという。

 

当たり前のように外に出て

自由に行動して

好きな人と会ったり

友達とランチして楽しいおしゃべり

 

当たり前のように過ごしていた日々が

一転した現在。

 

歴史を溯れば、「疫病」が蔓延し

多くの人命が失われたことがありました。

 

平安時代初期に、京都の街に流行った

伝染病を鎮めるための神事として

疫病の被害を収めたいという思いから

「疫病退散」の祈願をこめて始まったのが

三大祭のひとつである、京都の「祇園祭」です。

 

残念ながら、コロナウィルスの感染対策のため

今年の祇園祭が中止になってしまいましたが。

 

私達の経験は、何年、何十年か未来の子孫たちに

繋がることでしょう。

そのために、いま出来ることをしませんか。

 

無理にポジティブになる必要は無いと思うのですが

物の見方や捉え方を変えてみてはいかがでしょう。

 

家族と同居の方は

家族と過ごす楽しみをもつ時間を、

おひとりさまは

自分だけの楽しみを発見する時間を。

 

そんな時間を長い人生の中で得たと。

 

コロナが収束した時。

今まで通りの日常が戻ったとしても、

それはもう「今まで」とは違います。

コミュニケーションであったり、

価値観や思考などいろいろなことが

変化かもしれないし進化かもしれません。

 

自分を守るため、大切な人を守るため。

誰かを守るため。

今は「Stay Home」

お家に居ましょう。

そして、おうち時間を楽しむ工夫を

してみませんか。

 

 

 

最後までお読みいただき

ありがとうございます。

 

今日という日が、

あなたの素敵な一日でありますように。

つながったご縁に心からの感謝をこめて。

 

高橋千晃(たかはし ちあき) 名前のことだま師®
名前のことだま師®ことばがもつ大きな力を一番発揮している名前を紐解き、名前に隠されたメッセージや使命を伝え、それぞれの幸せへと導いている。
◆ブログ ことのはつづり ~名前はあなたの道しるべ~
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る