4月22日の専門家会議による発表に伴い、5月・5つの会場にてご来場型で予定していました「おのころ心平、臓器の気持ち講座」を全会場、Zoomセミナーへの切り替えを決定致しました。

5月はお会いしてのセミナーを楽しみにしておりましたが、8日~14日はまだリスクを伴う期間と判断致しました。たいへん残念ですが、4月23日は、新月=新たなステージでもあり、今回のZoomセミナーも、新チャレンジを盛り込んで、ご自宅で思い切り楽しんで頂こうと思います!

以下、もともとご来場での日程をそのまま、LIVE第1目~第5日目とし、いつでもご視聴頂ける方式(1日だけのご視聴も最初から全部5日間でも参加費は同じ)で、さらに、視聴者からの質問を反映しながら、First Dayから最終日までどんどん進化していく形でお送りしたいと思います!

  • 5月8日(金)10:00-12:30 Live中継1日目
  • 5月9日(土)10:00-12:30 Live中継2日目
  • 5月10日(日)10:00-12:30 Live中継3日目
  • 5月13日(水)10:00-12:30 Live中継4日目
  • 5月14日(木)10:00-12:30 Live中継5日目

受講料

全会場いつでも複数回受講可能

15,000(税込)

*クレジットカードご利用の場合は、手数料込み 15,500円(税込)

視聴者質問により、ぐんぐん内容が分厚くなっていく方式!

みなさまには上記5日間、いつでも&何度でもZoom参加して頂けます。
そして、この場合は、単なる講座の中継ではなく、5日間開催という日程を有効活用し、
全日程視聴しても楽しんでいただけるよう、1日のスケジュールを、

10:00-11:30は、共通内容
11:30-12:30は、その日のアップデート内容

という形でお送りしたいと思っています。
まず初日受講して頂いた方に、講座中継中、「質問フォーム」を送って行きます。
講座内容をご視聴の上、講座内容にそってご質問ください。
翌日からの講座のアップデート内容の中に、
そのお答えをできる限り反映させてお送りして参ります。
2日、3日目も同じように質問を受け付けアップデートさせて行きますので、
最終日講座は、受講生の皆様と創り上げる充実の内容となっているはずです。

視聴者参加で、創り上げてゆくZoom講座!
また、アフターコロナの過ごし方を意図した毎日ワークもお届けしますので、お楽しみに!

※ZoomでのLive受講について「よくある質問」をまとめました。どうぞご活用下さい。

アフターコロナへ向けて、恐れ・疲労からの回復法!

腎臓と言えば、「恐れ」が、蓄積しやすい臓器。
そして、腎臓の上にのっかっている副腎は、アドレナルファティーグ(副腎疲労)
という言葉があるように、なかなかとれない「疲れ」がたまりやすい臓器。

それは、いったいなぜなのか?

東洋医学での「腎」という概念には、「腎臓」も「副腎」も含まれています。
そして、その「腎」には、あなたの「親子関係」が如実に反映するというのです。

5月講座では、腎臓と副腎、それぞれにしくみとはたらきを踏まえた上で、
東洋医学的な考察、また親子関係がどのように作用するのか?
そして、恐れと「免疫過剰」との関係も織り交ぜながら、
「腎」が本来持つ「人生安心サポートシステム」の引き出し方をお届けします。

講師:おのころ心平(おのころしんぺい)

一般社団法人自然治癒力学校理事長。ココロとカラダをつなぐセルフケア・カウンセラーとして、25年、2万5000件以上の実績をもつ。「その人のものの見方・とらえ方がカラダに与える影響」をベースに、心理療法と解剖学・生理学を結び付けた独自の自然治癒力解放メソッドを開発。2008年、一般社団法人自然治癒力学校を開校し、これまでの経験やセルフケアに関する知識を講座やワークショップとして全国展開。多くのセラピスト、代替療法家、教育者、医療従事者への指導を行う。著書に、『病気は才能』(かんき出版)、『ゆるすいっち』(主婦の友社)、『最強のココロ整理術ibマッピング』(マガジンハウス)、『元気のしくみ』(さくら舎)など26冊。おのころ心平オフィシャルブログ【ココロとカラダの交差点】は、月間45万アクセス。おのころ心平オフィシャルFBは、読者数約5万。数多くの著名人がセルフケア情報として活用している。

目からウロコの150分!おのころ心平、ココロとカラダワールド。

  • 腎臓は「見守り」の臓器。
  • 腎臓に宿る先祖代々受け継ぐ「先天の気」とは?
  • 右腎と左腎のそれぞれの役割
  • 暴走免疫を抑える副腎
  • 副腎と免疫のバランスの崩れ(アレルギー、自己免疫)
  • ホルモンバランスと全身倦怠感
  • 恐れと不安サイクルからの脱却法
     
  • コロナと腎臓・副腎の関係

5days Zoomセミナースケジュール

9:50 中継開始(案内が流れます)
10:00-11:30

第1部 基礎編
まずは5DAYS共通の講座。
腎臓のはたらき、親子関係と「腎」、
副腎と免疫システムの関係、
「腎」の気持ちについての講義です。
(30分に一度の割合で5分休憩をいれます)

11:30-12:30

第2部 アップデート編
前日までに頂いた視聴者からの質問を反映しての講義です。
後半60分は、日々、新しくなっていきます。

12:30

終了予定(10分程度延長になる場合があります)

受講料

全会場いつでも複数回受講可能

15,000(税込)

*クレジットカードご利用の場合は、手数料込み 15,500円(税込)

締め切り

登録の都合上、締切を過ぎての受付は致しかねます。ご了承ください。

銀行振り込みの場合

5月1日(金)正午まで

*金融機関ゴールデンウィーク期間中につき、ご了承ください。

クレジット払い(paypal利用)の場合

5月6日(水)正午まで

2020年、ココロとカラダの入門。基礎固め


臓器の気持ち2020年、10回シリーズ。開催日程はこちら

●会場の場所:
東京(金曜):東京駅近辺、
東京(土曜):品川駅近辺、
大阪:大阪(大阪梅田)駅近辺、
名古屋:名古屋駅近辺、
福岡:博多駅近辺


*お申込みの会場での講座が受講できなかった場合、同じ内容の別の会場での振替え受講が可能な場合があります。
(会場に空き席がある場合のみ。)

2020年は、1年を通じてココロとカラダの基礎固めを

2019年12月3日(月)に木星が、山羊座に入りました。

来年2020年12月19日まで、木星は山羊座にいますから、2020年は、ほぼほぼ山羊座木星の影響を強く受ける年、ということになります。
やぎ座の占星術的意味は、律儀、誠実、責任感、真面目、努力、忍耐、ルール、制限、限界、支配、持続性、安定的な関係、社会性、物質、目に見えるもの、結果を出す、仕事熱心、慎重、合理的、根気強い、伝統を重んじる・・・、

短く言えば、
真面目にやってきたこと
律儀にやってきたこと
これまでしてきた努力

そんな真面目な努力が報われるのが2020年!

それで、そういうコツコツとしたことを大切にしながら過ごすことが大事な理由は、2020年12月19日から木星が山羊座から水瓶座に移るとき、もうひとつの巨大天体である土星も、その2日前の2020年12月17日から同じく水瓶座に移るのです。

2大巨星が同じ星座に入るという、こんなタイミングは珍しく、20年に一度しか起こらないので、特別に、グレートコンジャンクションと呼ばれています。

水瓶座で起こるグレートコンジャンクション

水瓶座は、風の星座で、自由で束縛が嫌いで、独自性を発揮し、人の目など気にせず、自分らしさを生きる星座です。2020年12月22日には、そんな水瓶座エリアで木星と土星が最接近。前日12月21日は冬至ですから、なんだか風の時代・幕開けの大きな転換期を迎えるのです。

この転換期に大きなジャンプができるかどうかは2020年1年間の、地道な基盤固めにかかっています。足元を整え、ジャンプに耐えうる体力、ベース作りや勉強をやっておきましょう。

おのころ心平、臓器の気持ち2020年・10回シリーズも、そんな天体作用に沿うように、これまでの僕のカラダ考察の基本中の基本を、初めての方にもわかりやすくまとめ、ココロとカラダのつながりを基盤固めしていただくために設計しました。

感情の理由は、臓器にあった!

突然悲しくなったり、なんだかイライラしたり、あるいは少しのことで落ち込んで立ち直れなくなったり……。こんなふうに気持ちが波打つときは、誰にでもあります。
思い当たる原因があれば、気持ちを切り替えることができるかもしれませんが、いつも原因がハッキリしているわけではありませんよね。
「わけもなく」
「どうしてなのか」
と、理由がわからないのに、気持ちが平常通りではなくなることは、珍しくありません。季節のせいなのか、ホルモンバランスなのか、あるいは月の満ち欠けに関わりがあるのか……。
もしかすると、自分では気づかないけれど、潜在的なココロの理由があるのかもしれません。

でも、たとえそれがわかっていてもどうすることもできなければ、理由があってもなくても必要なのは、気持ちを落ち着かせて、いつもの自分に戻る方法を知っているかどうかです。

長年のカウンセリングの中で、カラダの内側で起こっていることが、カラダの外側でも起こっている、と、僕は考えるようになりました。
たとえば、膵臓と肝臓の気持ちのすれ違い、肺と心臓の意見の対立・・・腎臓が、「なんで俺ばっか、浄化してるんだ、みんなゴミ出し過ぎだろー!」

僕はときどき、臓器の気持ちになって半日過ごしたりする、という少し変わった(かなり変態な?)習慣を持っていまして、

あなたも少し、想像してみてください…。

たとえば、肝臓の性格で、世の中を見渡すと、腹立つことが多いのです。

肝臓は怒りの臓器ですがなぜ怒りっぽいかと言うと正義と責任を貫こうとするからです。
一方、腎臓の気持ちで、世の中を見渡すと、どうしよう~と不安になります。

腎臓は恐れの臓器ですが、恐れはある意味で危機察知能力です。何が危険で何が危険でないか、これがちゃんと働けば、人生がシンプルになります。
逆に情報やモノにおぼれると何が大事かの優先順位がわからなくなり、不安になるのです。
また、肺の気持ちで、世の中を見渡すと、好き嫌いが強くなります。

肺が、あなたのパーソナルスペースを守る臓器だからです。ここからは入ってこないでーと線をひきたくなります。一人にしてほしい時は、肺が疲れている時かもしれません。

でも、心臓の気持ちで世の中を見渡すと、
なんだかね、幸せでいっぱいになるんです。

心臓はチャクラでいえば、愛のチャクラと呼ばれる位置にいます。 愛と奉仕の気持ちで
世の中を見渡せたら、ほんとうに幸せです。

そうやって日々、僕らのカラダの中では、小さな感情が連続的に起こっていて、それが臨界点を超えて僕らの脳の認識に昇ってくる。
イライラしたり、
どうしようもなく不安になったり、
あんなやつ嫌いだと思ったり…
各臓器が、担当感情を抱えきれずに、感情があふれ出し、リンパ液や細胞外液に漏れ出したものが、脳へ回収されて、それが感情に及ぶのではないか・・・、
そんなふうに思うのです。

こんな考察・・・、臓器の気持ちになるというヘンテコな習慣の持ち主でない限り、至らないかもですね…。でもね、こうやって視点を変えて考えてみることで、あなたのカラダを元気にしてしまう、ココロとカラダのつながりに行きついたりするものです。

カラダの内側に起こっていることはカラダの外側にも起こっている

カウンセリングの中で、カラダの中で起こっていることを物語風にしてクライアントさんにお伝えすると、

「ああ、それ、私の日常生活でも同じようなことが起こってます」

とおっしゃることが多いです。
でも、そういう気づきが起こると、カラダの外側のことにアプローチしてそこを変えることで、カラダの内側にも響かせるという方法をとることができます。

このたびお送りするシリーズ講座は、カラダの内側の主人公たちを各月、臓器レベルで紹介し、体内ワールドをわかりやすく想像しやすく、お伝えしたいと思っています。

各月のエクササイズ、統合イメージワークなど、新しい挑戦もあります。
2020年、あなたのカラダの基礎固めをごいっしょに。

受講料

全会場いつでも複数回受講可能

15,000(税込)

*クレジットカードご利用の場合は、手数料込み 15,500円(税込)

お申込みフォーム

受付は終了しました。


ご入金から受講までの流れについて、必ずご確認ください。

受信可否設定をされている方は申込フォーム送信前にcustomer@naturepower.jpを受信可能設定をしてからお申込ください。(設定方法について)
受信可否設定をされなかったことで、重要なメール(zoom受講用URLアドレスのご案内)が受信できない事例があります。

5月6日午後・視聴当日午前8時ごろにno-reply@zoom.usより、zoomの視聴アドレスが届きます。
今回は、セキュリティ対策のため、皆さんお一人お一人、講座ごとに異なるアドレスが届きますので、メールを削除しないようにご注意ください。
(6日と前日に届くzoomアドレスは同じものです。)
*講座が始まりますと、アドレスの再発行ができません。

お願い

ページ上部へ戻る