「死ぬ と決めた日」 From やわらぎゆきこ

おはようございます。

やわらぎゆきこ です。

私たちの「いのち」は

「ことぶきのいのち」

ココロとカラダとタマシイを歓ばせる

生き方をしてゆきましょう。

そうすると自然に、

健康で幸せで美しい自分に

なってゆきます。

***

先週、わたしは「死ぬ」ことに決めました。

と 言っても、「今すぐに死にます。」

ということ ではなく、

コロナ風邪にかかって、

そうなったら… 

ということです。

なんじゃ、そりゃー(*´▽`*)?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ もし、コロナ風邪にかかったら…? ◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ことの始まりは、

旦那さんとニュースを見ていての会話でした。

3連休を過ぎたあたりから

感染者がドンドン増えてきた時期のこと。

感染者の棒グラフが日に日に伸びてゆくのを

旦那さんと一緒に見ているときに、

わたしは、こう声を掛けました。

「ねぇ、わたしたちも高齢者だから

コロナ風邪にかかったら危ないカモよ~。

わたしがコロナ風邪にかかったら、

『わたしの人生、とーーーっても愉しかった~。

もう十分 楽しんだから、

この命、いつでもお返しします。

ありがとう~!』

って、お返しするわぁ。」

すると、それを聞いていた旦那さんは、

「へぇ~、そうなんだ。

 俺とは違うな~。

俺は、

どうせかかるなら

病院のベットの空きのあるうちに入院したいなぁ~

って思ってた。」

って(笑)。

同じニュースを見ていても、

お互い、反応が違うものですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ とは、言うものの …? ◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いつでも、喜んで

このカラダをお返しします…

と、威勢のいいことを言っていますが、

本当に、その時が来たら、

ビビッて、カラダにしがみつくカモ知れません。

今は亡き 実家の母も、

若いころから、

「わたしはいつ死んでもイイんだ。」と豪語していました。

その母が59才の時に

実家のあった北海道の奥尻に地震があって、

実家も震度5で揺れたことがありましたが、

その時、いの一番に逃げ出したのは、

母でした(笑)

ちょうどお店の営業時間でしたから、

お客さんや父もいましたが

誰のことも思わず、何も持たず、

膝の痛さも忘れて

走って逃げた!

「わたしも命が惜しいんだわ~。」

と笑って話していた母でした。

その娘の わたしですから、

その時になったら、

どのように行動するか分かりませんね(*^。^*)。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ 死のシュミレーション・ワーク ◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

5年前、あるワークショップに参加した時のこと。

「死」のワークというのがありました。

内容はまず

「あと3時間後に死ぬ」と設定することから始まりました。

そして「死ぬ」にあたり、

思い残すことはないか、自分のココロと向き合います。

そして、「思い残すこと」があったら

残された3時間で

ソレを「実行してゆく」といワークでした。

***

人生最後の3時間に何をするのか。

思い出の場所に、もう一度行きたい人は行ってくる。

食べたいものがあったら、食べてくる。

大切な人に伝えておきたいことがあったら、

それを伝える。

ケンカ別れしたした人がいて、

「仲直りしたい」人は、仲直りをする。

会いたい人がいたなら、直接会いに行く。

殴りたい人がいたら、殴ってくる…

どのように過ごしてもいいので、

とにかく、思い残すことなく死ねるように

「行動する」ワークでした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ 今は、実践版「死のワーク」 ◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「3時間後に死ぬ」と思ったとき、

死ぬまでにやっておきたいことは何だろう?

思いめぐらせましたが、

「やり残していること」はありませんでしたので、

月並みですが、

その当時、まだ健在だった両親と

自宅にいる旦那さんに、

電話で感謝を伝えることにしました。

旦那さんは、わたしのとっぴな感謝の電話を

「いつも変なヤツだ。」

ぐらいに受け止めてくれたようでした。

両親には、まず

こんなワークを今やっているから、

産んでくれた感謝を伝えるね~。

と伝えると、

あんたもモノ好きだね~。

と、あきれていましたが、

わたしからの感謝の言葉を聴くと、

まんざらでもないようでした。

普段、思っていても口に出さないことを

電話ではありましたが、

チャンと伝えられてよかったなぁ~。

これで、当時の

わたしの「死のワーク」は完了できました。

***

さて、いまのコロナ風邪の状況を見ていて

わたしは、ふと

いまの状況が、

全人類参加型の実践版「死のワーク」

のように思えてきました。

自分と向き合う時間、

家族と向き合う時間が与えられ、

「思い残し」は無いか、と自分に問いかける。

そして、

自分の人生の「やり残し」に取り組む時間が与えられている。

いつ終わるか分からないけど、

とりあえず無期限で。

そんな、ワークなんじゃないかしら。

もし「やり残し」があるのだったら

今からでもやり始めませんか?

シリアスになり過ぎず、

自分を愛するために、やり残したことをしてゆく。

すでに始まっているワークですが、

意識的に参加してみると、

意外な楽しさを発見できるカモ知れません。

残された時間をどう使うかは、

すべて自分に任されています。

「あなた」にしか生きられない

「ことぶきのあなた」を生きてくださいね。

***

今日も、わたしの物語を読んでくださって、

ありがとうございます。

わたしのブログにも遊びにいらしてくださいね。

https://ameblo.jp/kannonn14/entry-12586781080.html

やわらぎゆきこ あんま・指圧・マッサージ師 ゆる体操指導員
「女神のデコルテ」主宰・ディクシャギバー。モダンバレエをきっかけに、デコルテまわりをひらくことでココロをひらき幸せになってゆく「女神のデコルテワーク」を考案。
現在はココロとカラダだけではなく、タマシイまでも丸ごと含めて癒す「ありのままのわたし」で生きることを伝えている。
◆ブログ http://ameblo.jp/kannonn14/
◆facebook https://www.facebook.com/yukiko.kasiwazaki
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る