『桜を愛でる日本人の心』FROM ちあき

あなたの名前に隠された秘密を

知りたくはないですか?

名前のもつ音の意味から

「使命」をひも解く名前のことだま師ちあきです。

 

日本には古来から先人たちが大切にしてきた

「言葉」があります。

言葉には秘められた想いや知恵があります。

今まで当たり前のように使って来たのに

知らずにいたことなど。

言葉の扉を開けて見て行きたいと思います。

どうぞお付き合いください。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇桜始開(さくらはじめてひらく)◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3月も残すところあと僅か。

昔、こんなことを聞いたことがあります。

 

1月は「行く」

2月は「逃げる」

3月は「去る」

 

春は出会いと別れの季節と言われますが、卒業式然り

転勤や異動といった出会いと別れが織りなされ

まさに去りゆくひと月なのかもしれません。

 

 

326日から330日ごろは

七十二候 第十一候 春分 次候

『桜始開(さくらはじめてひらく)』にあたります。

暦では、この時期に桜の花が咲き始めることを

伝えています。

 

桜の開花宣言は、標準木に花が五、六輪

咲いた時点で発表されます。

今年は平年よりも桜の開花は早いそうで

ソメイヨシノの開花は314日に

東京(靖国神社)からスタートして

既にあちらこちらで桜の花が芽吹いています。

 

日本と言えば桜の花を思い浮かべるように

桜は日本を代表する国花です。

古くは『日本書紀』に桜を詠んだ歌が

登場するほど。

別名は「夢見草」です。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇桜で表す季節の移ろい◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━

天候の変化を花で表す言葉があります。

 

桜が咲く頃に

寒さが戻ることを「花冷え」

曇った天気を「花曇」

降る雨を「桜雨」

この時季に吹く強い風を「花嵐」

 

何とも風情がありますね。

 

桜の花芽の80%以上が開いた状態を

満開と表すのですが、

そこに至るまでの桜の花の様子は

「蕾(つぼみ)ふくらむ」から始まり

「ちらほら」

「三分咲き」

「五分咲き」

「満開近し」

 

そして「満開」となってからは

散り行く桜を

「花吹雪」

「桜颪(さくらおろし)」

「飛花(ひが)」と表し、

水面に落ちて流れていく桜を

「花筏(はないかだ)」と言います。

 

桜の咲く前から散っていくまで

花に心を寄せ、

花に例え、

花と共に生活をする。

 

いかに日本人が桜を大切に

思っているのかが、感じ取れますね。

 

━━━━━━━━━

◆◇桜の語源◇◆

━━━━━━━━━

世の中に たえて桜の なかりせば

春の心は のどけからまし

(古今和歌集 在原業平)

 

[]

この世の中に

桜というものがなかったら

春をのどかな気持ちで

過ごせるだろうに

 

春という季節には

桜があるために人々は心を騒がせる

と、云うことを詠んだ歌だそうです。

 

「桜」の語源には諸説ありますが、

動詞の「咲く」に接尾語の「ら」が

付いたというのが有力と言われています。

 

この接尾語の「ら」は

親愛の情や、感動の表現に使われ

まさに「咲いた」ことを

喜び、感動する様を表しています。

 

また、木之花咲耶姫(このはなさくやひめ)が

種を蒔いて咲かせたともいわれ

花が「咲く」事を喜び「桜」になったとも

伝えられています。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇サの神様と桜とお花見と◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━

名前のことだまでは「さ」の音には

「幸」と

「咲く」という意味があります。

 

古代の人々は山には

山の神である「サの神」がいて

幸せを与えてくれると考えていました。

 

サの神様は

普段は山にいるのだけれど

春になると里に下りてきて

人々に幸せを与えてくれる。

 

桜の花が咲くことで

神様の訪れを知り、お迎えの儀式として

桜の木の下に集い宴を開きました。

 

私達が桜の花に心躍らせるのも

桜のもとに集い、お花見を行うのも

遥か昔の先人の思いを受け継ぎ

次代へとつなげているのかもしれません。

 

 

 

最後までお読みいただき

ありがとうございます。

 

今日という日が、

あなたの素敵な一日でありますように。

つながったご縁に心からの感謝をこめて。

高橋千晃(たかはし ちあき) 名前のことだま師®
名前のことだま師®ことばがもつ大きな力を一番発揮している名前を紐解き、名前に隠されたメッセージや使命を伝え、それぞれの幸せへと導いている。
◆ブログ ことのはつづり ~名前はあなたの道しるべ~
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る