人に伝わる文章を書くための3つのコツ by あおい

こんにちは。
セラピストのための
ライティングメッセンジャー
あおいです。

 

私のプロフィールはこちらです
https://ameblo.jp/aoi22411blog/entry-12410787218.html    

今日は
人に伝わる文章を書くための
3つのコツをお伝えします。
 
 
これさえ押さえておけば
あなたの想いが伝わって
あなたのファンが増えること間違いなし。
 
 
実はこれ
作家の本田健さんが
おっしゃっていたことを
 
私が勝手に
私の言葉で3つにまとめました。
 
 
 
 
では行きますよ
 
 
準備はいいですか?
 
 
はい、こちらです!
 
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━                        
◆◇ その1.自分の一番伝えたいことを決める◇◆                      
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   
「今日の記事で一番伝えたいことは何か?」
まずはこれを決めましょう。
 
これを決めずに書いてしまうと
ダラダラと何が言いたいのか
わからない文章になってしまいます。
 
 
「一番伝えたいこと」が
読者にとっての
 
ギフト
ご利益
になります。
 
 
ギフトは
いっぱいあった方がいいように
思うかもしれませんが
 
いっぱいあると
どれが大事なギフトか
わからなくなってしまいます。
 
 
 
「あれもこれも伝えたい」は
 
結局のところ
何も伝わらない。
 
伝えたいことは
1つに絞りましょう。
 
 
 
1つに絞ったら
次は
どうやって伝えるかを整理しましょう。
 
 
たとえば今回の私のように
 
伝えたいことは
「人に伝わる文章を書くコツ」
 
これを
「3つのポイントに絞って伝える」とか
「書き方の順序を5つの段階で伝える」とか
 
読者が頭の中で
整理しやすいような伝え方を
考えてみてくださいね。
 
 
 
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━                        
◆◇ その2.わかりやすく書く ◇◆                      
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━    

ものすごーく
当たり前のことですが
 
ものすごーく
大事なことです。
 
 
私たちが文章を読むときって
 
文字を目で追いながら
頭の中で内容を整理しながら
読んでいますよね。
 
 
文字を追っているだけだと
頭に入ってきませんから
内容が理解できません。
 
当たり前ですが。
 
 
ですから私たちは
文章を読むというだけで
結構脳ミソを使って
高度なことをやっているわけです。
 
 
それが
以前にもお伝えした通り
「読むことはストレスである」
ということなんですね。
 
 
読者があなたの記事を読むときって
どんな時か? というと
 
ガッチガチの
緊張状態で読むということは
まずない
 
どちらかというと
リラックスしている時
だと思うんですね。
 
あるいは
緊張をほぐしたい
緩めたい時。
 
 
だとすると
このストレスを
できるだけ軽減し
 
無駄なストレスをかけずに
最後まで読んでもらうためには
 
やはり
「わかりやすく書く」
ということ大事です。
 
 
難しいことも
専門的なことも
いかにも簡単そうに伝える
 
 
皆さんにとっては当たり前のことも
読者にとっては当たり前ではない
ということ
 
特に
専門用語
 
そのまま解説なしで使っていないかどうか
今一度意識してみてくださいね。
 
━━━━━━━━━━━━━━━                        
◆◇その3 イメージさせる ◇◆                      
━━━━━━━━━━━━━━━      
たとえばこんな文章があります。
 
「人間関係を円滑にするためには
相手の価値観を認め、受け入れることが大切です」
 
 
 
 
これを読んだだけで
 
はい、わかった!
 
と今日から相手の価値観を認め
受け入れることができたとしたら
 
それはなかなか
すごい人です。
 
 
 
 
多くの人は
 
相手の価値観を認め受け入れるって
どういうこと?
 
もしくは
 
そんなこと
言われなくてもわかってる
 
わかってるけど
できないから困ってるねん
 
ってことになってしまいます。
 
 
 
 
ではここで
読者がイメージできる
エピソードが書いてあると
どうでしょう?
 
 
たとえば
あなたのこれまでの
人間関係において
 
相手の価値観を受け入れることによって
めちゃめちゃ仲良くなったとか
 
あるいは
 
めっちゃ嫌なヤツが
あなたの職場にやってきたとき
あなたならどうしますか?
 
というふうに
読者に考えるチャンスを与え
その解決方法を伝えてあげる
 
このように
できるだけ具体的にイメージできる
エピソードを入れることによって
 
 
読者の頭の中で
ストーリーが描かれる
 
 
ストーリーは
読者の感情を揺さぶります。
 
と同時に
あなたと読者の距離を縮めてくれます。
 
 
人は
感情が動くと
行動に移す確率が高くなります。
 
行動に移すと
変化が起こる
 
あなたの文章がきっかけで
読者に変化が起こり
未来が変ったとしたら
 
あなたのファンに
ならないはずがない。
 
 
 
あなたの書いた文章が
 
読者の頭の中で
ぶわーーーっとイメージが
膨らむ
 
そんなイメージで
書いてみてくださいね。
 
 
 
 
 
以上
人に伝わる文章を書くための3つのコツ
 
お伝えしてまいりましたが
 
 
 
あまり考えすぎると
また書けなくなってしまうので
 
 
一番大事なこと
それは
 
 
 
とにかく書いてみる!
 
これに尽きます(笑)
 
 
以上ですー。
 
ありがとうございました。
 
あおい
—————
 
■届けたい人のココロに響く
ライフライティングレッスン 
4月から神戸と横浜で開講します。

神戸のご案内はこちら
https://peraichi.com/landing_pages/view/life-lighting-lesson  
横浜のご案内はこちら
https://peraichi.com/landing_pages/view/47u4v  

■個人セッションはこちら
 
■ブログはこちら
 
 ■LINEで最新情報お届けしています。
https://lin.ee/qhhqSDc
 
あおい(吉田桂子) セラピストのためのライティングメッセンジャー。
2008年、自然治癒力学校理事長おのころ心平のカウンセリングツールであった「ibマッピング」の魅力にはまり、「このツールを世の中に広めたい」という思いから、様々な講座やワークショップ、イベントを企画、実施してきました。それと並行して、ブログ、メルマガでの発信を行い、ライティングに関する学びと実践を続けてきました。

現在は「魂に響く文章」をモットーに、セラピストやカウンセラーさんを中心とした発信をサポートする個人セッション、講座の他、LP、HP、プロフィールなど各種文章作成、添削などを行っております。

◆HP 今すぐ実践できる! 発信スキルアップ個人セッション
◆ブログ 自分の人生は自分で創る
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る