『あなたの内もも、つまむと痛い?』 from高野義隆

おはようございます。

新潟で【オキシトシン】や【触れること】

について発信しています

理学療法士の 高野です。

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ あなたの内もも、つまむと痛い? ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

日頃、患者さんを病院で診ていて、

 

「あ~、意識するのが難しいんだなあ・・・」

そう、思う場所があります。

 

 

それは内もも。

 

 

腰痛の方や

膝痛の方。

 

そんな方は驚くほど

このあたりがガッチガッチの

コッチコチになっております。

 

 

軽~く皮膚をつまんだだけで、飛び上がる

そのくらい痛くて硬い・・・。

 

 

でも、それに本人は気が付いていない。

『え~?なんすかそれ?チョ~痛いんですけど』

みたいな。

 

 

カラダの循環が良くない。

筋肉が部分的に、かなり緊張している。

 

 

そんな人は

二の腕、つまんでも

お腹、つまんでも

腰、つまんでも

ふくらはぎ、つまんでも

 

ぎゃ~!!

ってな感じで痛がるのです。

 

 

 

 

そんななかでも、

内ももってやつは

僕の経験上

ダントツ、痛がる人多数。

 

もう、ギュッとしてハッとすると

トシちゃんもびっくりパッ~となる。

 

 

・・・・・それぐらい(笑)。

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 内ももにある関所 ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

内ももにはですね。

大腿三角

という場所があります。

 

 

解剖学的には

縫工筋

長内転筋

鼡径靭帯

の3つで作る三角形です。

 

 

この三角形の中に

大腿動脈

大腿静脈

大腿神経

リンパ管が

通ってます。

 

 

血液やリンパが

下肢からお腹へ戻っていく

【関所的な場所】であります。

 

 

この場所は座っていると

非常に狭く折りたたまれちゃうんです。

狭いったらありゃしない!

 

 

だから、

ずっと座ったまんまの姿勢が続いているとき

ここにかなり硬さがでちゃうのです。

 

それによって

血流が滞り

流れが悪くなり

足がだる~くなったりするのです。

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 内ももセルフケア ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

そんなときはですね、

歩幅を大きくして歩くと

大腿三角の部分に刺激が入りまして、

 

グワッと血流が良くなり

スッキリします。

 

 

歩くってやっぱり非常に大切だし

いろんなとこに効果が波及するようです。

 

 

 

『もう、歩けばよいのは分かっているのよ~ォ』

『他に方法はないの♡?』

 

ってな、ワガママなあなたに

おまけワーク。

 

 

腿の付け根から膝に向かって

内ももを軽く圧をかけてさするべし。

 

 

手の付け根の硬いことを

使ってグイ~ッとね。

 

 

『いや~、何?痛すぎるんですけど!』

 

という方は、

ほどほどに10日間は継続してください。

 

 

大分柔らかくなって

あの痛みってどこいった?

となっていきます。

 

 

内ももは他人に触れられるのは

抵抗がある場所。

 

だからこそ、自分で触れてあげて

意識することが大切な場所なのです。

 

 

 

今回の内容をまとめますと。

 

1 腰や膝が痛い人は、内ももが硬いケースが多い

 

2 内ももが硬い人は、皮膚をちょいとつまむだけで、この世の終わりのように痛がる

 

3 内ももには大腿三角という

大腿動脈・大腿静脈・大腿神経・リンパ管が通っている

【関所的な場所】がある。

 

4 内ももへのセルフケアは大股で歩くのが最適

 

5 おまけのセルフケアとして、脚の付け根から膝に向かって内ももを軽く圧をかけてさするべし

 

 

 

レッツ・トライ。

今回もありがとうございました。

 

 

 

高野義隆 理学療法士
フィジカルセラピスト。 触れることを通じて、他者への信頼感や安らぎを生み出すホルモン:オキシトシンの分泌を促し(オキシトシン・マッサージ)、身体のケアからココロのケアまでを行っている。
◆ブログ 【オキシトシン・マッサージ ~肌からココロに伝わるメッセージ~】
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る