おはようございます!
「へその緒の会」の浅井あきよです。

 

子育てはおなかの中から
胎教は妊娠前から

東京・葛飾・金町の虹のへやで

妊娠中の方に
「おなかの中からの子育てレッスン」

これから赤ちゃんを、という方に
「未来のママのレッスン」を行なっています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇今すぐできる・おなかの赤ちゃんのためになる事◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
連日の新型コロナウイルス報道に

知らず知らず
どこか不安を抱えてしまっているかもしれない

 

妊娠中の方


身近に妊婦さんがいる方に
 
幼稚園園長の時から
30年以上妊娠中のママと
関わってきた私が

 

まず、すぐにできる

おなかの赤ちゃんのためになる事を
お伝えします。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

その一つは、散歩をすること。

━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇赤ちゃんのための散歩◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━
誰かと歩くのではなく
(おなかの赤ちゃんといっしょにいる事を感じつつ)
一人で歩く事

買い物のついででもなく
荷物も持たず
赤ちゃんといっしょに(つまり一人で)歩く事

これは野口整体の野口晴哉先生流の
妊婦さんが赤ちゃんのためにするといいこと
です。

野口晴哉先生が言う
もう一つの大事なことは、、、、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇おなかの赤ちゃんに話しかける◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
そう、
「おなかの赤ちゃんに話しかけること」
を勧めています。

おなかの赤ちゃんと二人連れで
散歩に出かけたら
両方いっぺんにできますね。

声に出して言わなくても大丈夫です。

そうすると
「それは胎教ってことですね」
と言う人がいて、そんなとき

野口晴哉先生は

「いや胎教とは私は言わない。
胎教というと
 、、、、すべし
 、、、、すべからず
だと皆んな思っている。

それは
おなかの子どもを萎縮させ
お産も重くさせてしまう。

私はただ生まれる前から
おなかの赤ちゃんの人格を認めて

話の通じる人間がここにいる
と思って話しかけること
日々を過ごすことを

勧めているだけなのだ」

と言ったそうです。

そしてお産が自然に進むためにも

アレをしてはダメ、
コレをしてはダメを出来るだけなくして

妊婦自身の自由を大事にすること

何より一番身近な亭主は、

自分の欲求よりも
全ては赤ちゃんのためと
妊婦を尊重するように

と今から70年以上も前に言ったのです。

ご自身もそれを実行していたことは

奥さんの野口昭子さんが
後にエッセイの中で書いています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇Have to ではなく Want toで ◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━
私たちは、コレがいいということを聞くと
つい”Have to”にしてしまいがちです。

散歩がいいんだって!が
散歩しなくっちゃ!となると

これがツライ。
かえって、できないんです。

それよりも
軽い気持ちで、
「そうか!じゃ散歩してみよう!」
って、するほうができます。

一回やってみて
あ、気持ちがいいな、また行こう
と思ったら
行けばいいんです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇何分歩くかは赤ちゃんと相談して◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「散歩は何分くらいが
よろしいのでしょうか」
と聞かれると、野口先生は

「赤ちゃんと相談してきめたら良いでしょう」
と言って、決して何分とは
答えなかったということです。

赤ちゃんに聞いて、ではなく
赤ちゃんと「相談して」というところに
ちゃんと妊婦さんの主体性も入っていますね。

赤ちゃんの言い分を聞くことは
自分自身のからだの声を聴くことと
ほぼイコール

同じ線上にあります。

頭がいっぱいだと
からだの声に耳を傾けられません。

野口晴哉先生は「ポカンとする」ことが大事

といいましたが

 

その「ポカンとする=頭をやすませる」ができない人が

現代はさらに増えています。
 

わたしの
おなかの中からの子育てレッスンでは

たった3分でもできる
頭をやすませ、からだの声を聞くイメージワークを

レッスンの中で行なっています。

 

散歩ができなくても
これはお部屋の中でできます。

 
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇妊娠中の影響は大だからこそ◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今妊娠している人や
身近に妊婦さんのいる人は

今の時期の大切さに目を向けて

 

 

世の中のニュースなどをきいて
不安で
心をいっぱいにしてしまうのではなく
赤ちゃんへのポジティブな思いで
心を満たしましょう。

小さな行動で

そのための
切り替えができますよ。

 

産まれるまでの数ヶ月

人生の中ではほんの一瞬
 
それを知っているか知らないか
実行するかしないかで
 
生まれてくる子ども(とその母)の人生に
大きな影響を及ぼす
 
おなかの中からの子育てレッスン。
 
そのレッスンに関心がある方へ
ただいま期間限定で
個別相談を受け付けています。
 
お問合わせも、申込みも
こちらからどうぞ。

浅井あきよ著「おなかの中からの子育て」WAVE出版 

はこちら

無料メール講座「今すぐできる・おなかの中からの子育て」
はこちら

 
 
「おなかの中からの子育てレッスン」について詳しくはこちら

http://www.heso-no-o.jp/ninshin/onaka/

 
妊娠中でも妊娠中でない方も参加できるものはこちら(3月26日
http://www.heso-no-o.jp/information/tsunagaruwork/

 

わたしのインスタグラム

どうぞ必要とされているかたに届きますように!

子育てはおなかの中から
NPO法人「へその緒の会」の浅井あきよでした。

 
 

子どもの頃から『ただのお母さんになる』のが目標。
24歳で結婚・25〜35歳で4児の母に。
その間の師との出会いで「子育ては胎児期から」と気づく。
7年間の伊豆の山暮らしの後に両親の創立した幼稚園を夫と共に継ぎ2008年まで園長。
幼稚園でも妊娠中のママの会を開く。
2011年「へその緒の会」を立上げ「胎教レッスン」を行なう。
尊敬する師:野口晴哉 師・原田湛玄 老師・伊藤真愚 師

記事一覧

2022年9月27日

 医療だけに任せていいのか?妊活:医療と同時にできることは? from 浅井あきよ

2022年8月27日

生まれる前からできることは「ある」! From 浅井あきよ

2022年7月27日

鬼ダイエット始めました!from 浅井あきよ

2022年6月26日

妊活中から、未来の赤ちゃんのためにできることは? FROM浅井あきよ

2022年5月28日

「生まれてきてよかった」という人をふやすためには?:From浅井あきよ

画像をアップロード

【おすすめ】
セルフケア情報が毎朝届く
メールマガジンを登録しませんか?

毎朝8時にお送りするメールマガジン『日常セラピー』。
1、15日はおのころ心平が執筆しております。
ご登録がまだの方はぜひご登録を

E-mailアドレスを入力し、登録ボタンをお押し下さい。