50代、幸せキャリアの分岐点 from横山秋子

こんにちは!

 

かけがえのないあなたオンリーの

幸せの種を育てるお手伝い。

 

「人生のリニューアル」をテーマにお伝えする

幸せ人材コンサルタントの横山秋子です。

 

キャリアコンサルタントの視点で

ココロとカラダを整えながら

 

夢を叶える「人生のリニューアル」のヒントを

お伝えしてまいります。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇過去10年で情報量は530倍!◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

過去10年で人が接する情報量は

圧倒的に増えました。

 

その量はなんと、

530倍とも言われています。

 

Webサービスの進化と

スマートフォンの普及など

変化のスピードは目まぐるしいですね。

 

そして、ひと昔前の50代と比べたら、

いまの50代は驚くほど

若々しくなりました。

 

国民的アニメ「サザエさん」の

キャラクターでおなじみの

磯野波平さんは54歳。

 

舟さんは52歳と知ると、

50代のイメージの変化に

びっくりします。

 

50代のライフスタイルは多様で、

忙しくて、時間が自分の意のままに

ならないという人も

多いのではないでしょうか。

 

わたしのまわりでも

すでに孫が何人もいる人、

再婚して子育て真っ最中の人、

また、おひとりさまで

趣味や仕事に忙しい人も。

 

そして、

働き方の多様化・柔軟化により、

まだまだ、

やりがいや生きがいを求め

 

転職や働き方を

模索する人も多いですね。

 

まさに50代は、

後半の人生が

より幸せであるための

キャリアの分岐点だと感じます。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇人生100年の折り返し◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

梓葉さん(仮名・50歳)は、

今まで何度も転職しているのですが、

 

介護から接客、事務全般をこなす

好奇心旺盛なマルチプレーヤーです。

 

少し休憩して、将来をじっくり

考えようと仕事を辞めた後、

両親を看取り、ひとりぼっちになりました。

 

 

人生100年時代の折り返し、

50代のいまこそ、働ける限り働きたい。

 

仕事を通して新しい人と出会い、

色々な体験をして

豊かな日常にときめきたい。

 

そして、

いろいろなリスクに

備える意味でも、

楽しく働きたいと思っています。

 

+++

 

そんな梓葉さんには、

多方面から仕事の誘いがあります。

 

ところが、

いざ就職となると、

何を基準に決めればいいのかが

わからずモヤモヤしています。

 

 

「後半の人生を後悔しないために

混乱している状態から、

すっきり決断したい」

 

と、ご相談に来られました。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇選択を楽しむ◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

わたしたちは、日々

たくさんの

「選択⇒決断」をしています。

 

スティーブジョブズが

毎日着る服を

同じ黒のタートルにしていたのは

有名ですね。

 

これは、決断は時間の無駄で

疲れが生じることからだそうです。

 

 

50代になれば

家族のため、社会のために、

を選択基準にすることが多いもの。

 

ですが、それを続けていると

とても疲れます。

 

そして、好き嫌いを感じる

感度がにぶくなるものです。

 

どうせなら

「選択」を

「楽しむこと」に、

変えてみてはいかがでしょうか。

 

 

そこで

たとえば身のまわりのものを

あなたの好きにこだわって

集めてみませんか。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇好き嫌いの感度をあげましょう◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

わたしにもこんな経験があります。

 

以前、キャンペーングッズでもらった

マグカップを愛用していました。

 

 

ちょっと重たくはありましたが

大きさもほどよく、

色柄もかわいい。

 

 

ところが、

誕生日のお祝いにいただいた

ウエッジウッドのマグカップを

初めてつかったとき、

驚いたのです。

 

 

持ったときの

手のひらへのなじみの良さ、

透明感や使い心地に

とても幸せな気持ちになりました。

 

 

もちろん、

高級品でないとだめ

というわけではありませんが、

 

日常使いのブランドの価値を

しみじみと感じました。

 

 

 

わたしにとって

「好き」にこだわる豊かさを

実感したエピソードです。

 

 

+++

 

ほかにも

取り入れやすいのが、

お洋服のカラーコーディネート。

 

洋服を新調するときに、

ときめきよりも

ついつい着回しを優先して、

 

モノトーンや同系色ばかり選ぶってこと

ありませんか。

 

でも、今シーズンは、

「好き」を取り入れることに

こだわってみる。

 

たとえば、

ピンときたシーズンカラーを

加えてみると、ウキウキと

軽やかな気分になるかもしれません。

 

 

こんな風に

ちょっとした身の回りのものから、

なんとなくではなく、

 

ドキドキしながらも、

好き嫌いで、

いろんなことを

決めてみましょう。

 

そうすると、

人生に対する感覚も変わってきます。

 

 

+++

 

今、梓葉さんは

自分の「好き」知るために

「価値観を探るワーク」に取り組んでいます。

 

そして、その視点から

仕事について考えようとしています。

 

どんな「好き」が飛び出すか

楽しみですね。

 

次回メルマガにつづきます。

 

 

◆ 「人生のリニューアル」のための

今日のヒント

 

「年をとったから遊ばなくなるのではない。

遊ばなくなるから年をとるのだ。」

 

バーナード・ショー 

(アイルランドの劇作家) 

 

 

それでは、

今日も豊かな1日を!

 

◇個人ブログもぜひご訪問ください。

 

「幸せな転職」~自分流再就職への道~

 http://ameblo.jp/vitamin-counselor/

 

横山 秋子 幸せ転職コンサルタント
vitamin-counselor(ココロに活力を!のビタミンカウンセラー)。一人でも多くの人が、「働く幸せ」「生きる歓び」を感じ、働く幸せや生きる歓びを実感できる夢の実現と「幸せな転職」サポートをしている。
◇個人ブログもぜひご訪問ください。
「幸せな転職」~自分流再就職への道~
http://ameblo.jp/vitamin-counselor/
◆横山 秋子先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る