『第一の居場所を帰りたくなる場所へ』FROM ちあき

あなたの名前に隠された秘密を

知りたくはないですか?

名前のもつ音の意味から

「使命」をひも解く名前のことだま師ちあきです。

 

日本には古来から先人たちが大切にしてきた

「言葉」があります。

言葉には秘められた想いや知恵があります。

今まで当たり前のように使って来たのに

知らずにいたことなど。

言葉の扉を開けて見て行きたいと思います。

どうぞお付き合いください。

 

子供たちが成人し、既に独立をしているので

ひとりの時間を楽しむようになりました。

家でゆっくりするのも大好きですが、

休日にカフェでのんびりと

美味しい珈琲を楽しむ時間を持つことも。

━━━━━━━━━━━
◆◇ 第三の居場所 ◇◆
━━━━━━━━━━━
つい先日のことです。

夜のスタバに立ち寄ったのですが、

店内では勉強している制服姿の女子校生。

既にドリンクは飲み終わり、席のみ独占。

 

仕事の資料作りか、或いは勉強中の20代後半の女性も、

傍らには空のマグカップを置いて席を独占している。

 

『家でもなく、職場でもない「第三の居場所」』

というキャッチコピーを改めて思い出させる光景。

 

子育て経験のある身としては、

ついつい母親目線での思考となり

夜遅い時間に、スタバでひとり勉強している

女子校生のことがとても気になって仕方がない。

自宅だと集中出来ないから、

図書館やカフェ等で勉強する方が捗る。

というのは理解出来るのだけど。

昼間ではなく夜遅い時間ということに、

私の意識が向いてしまい、

あれこれと勝手な思いを巡らせてしまう。

 

彼女にとっての「家」の在り方、

「居場所」とは何なのだろうと。

 

本来、「家」というのは、安息の場。

癒しの場所であるはずなのだが、

いつからか人は「家」でもなく「職場、学校」でもなく

「第三の居場所」を求める様になっている。

 

「家」って何だろう。

名前のことだまから「家」を紐解いてみることにしました。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 名前のことだまから「家」を紐解く ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「いえ」の語源を調べたところ、こう書かれていました。

・人が住むために造った場所。

・一家族の生活の場、家族。

「人間を入れる器」と云う説から来ているとも。

生活を営む、生きて行くうえで必ず必要な場所とも言えます。

「家(いえ)」はあ行の「い」の音から始まります。

「あ行」は基本のことだま。

「い」は命を表し、物事に命、息を吹きこむ音。

命に関することばには、「い」の音が使われています。

例えば、

「胃」は命がある場所、お腹。

「稲」は命の根っこ。私たちの命を支える源。

・・・等々。

 

家は「命が回復する場所」を意味しています。

疲れた体や心を休ませ、癒し、回復させる。

癒える場所であり、生きる場所。

自分にとっての安全基地であり、命の源泉。

家に帰れば元気になれるという場所です。

 

掃除や食で家の内を整え、休息の場、癒しの場として

家族の居場所を作る。

古来、家庭に於いての癒しは女性、母親の役割でした。

 

また、人が沢山訪れる家は繁栄すると言われていました。

人(お客)を通して神様が現れていて

おもてなしをすることで神様(人)が喜びをもたらすと

考えられていたからです。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 大人が子供たちに出来ること ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━

現代では、生活環境やライフスタイルの変化がありますが

それでも「家」が自分にとって休息の場であることには

変わりないと思います。

 

掃除をし、住まいの環境を整える。

そのためにも心を穏やかにしておきたいものです。

心が整わないと、部屋も荒れると言います。

また、心が落ち着かないのなら

不要なものを捨てる、床にものを置いて置かない。

など、そう言うところから始めてはどうでしょう。

 

家族のいる方は、家族との会話を大切に。

伝えたいことは声に出して伝えましょう。

家族だからこそ

「おはよう」

「おやすみなさい」

「行ってらっしゃい」

「行ってきます」

「いただきます」

「ごちそうさまでした」

そして

「ありがとう」

言葉のやり取りを大事にしてください。

 

人が訪れ、喜びで満ちるような時間を持つことと

ひとりでゆっくりとくつろぐことのできる場所。

 

自分にとって心地よい居場所が「家」であること。

そう言う場所を持つことが、私達にとって

必要不可欠だと思います。

 

大人は子供たちにとって、安心安全である場づくりを

真剣に作って欲しいと願います。

「家に帰りたくない」と思わせる場から

「家に帰りたい」と思える場所へ。

 

 

 

 

最後までお読みいただき

ありがとうございます。

 

今日という日が、

あなたの素敵な一日でありますように。

つながったご縁に心からの感謝をこめて。

 

高橋千晃(たかはし ちあき) 名前のことだま師®
名前のことだま師®ことばがもつ大きな力を一番発揮している名前を紐解き、名前に隠されたメッセージや使命を伝え、それぞれの幸せへと導いている。
◆ブログ ことのはつづり ~名前はあなたの道しるべ~
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る