「心臓が息をしている」 From やわらぎゆきこ

みなさま、あけましておめでとうございます。

わたしとあなたの目覚めを応援している

やわらぎ ゆきこです。

カラダの中の「痛み」を癒して、

ココロとカラダとタマシイが、ひとつになって生きることを、

「女神のデコルテ」ワークなどでお伝えしています。

今年も皆さまと共に歩めますこと、

感謝です。

***

さて、今年最初のお話は、

「女神の5つのデコルテ」セッションを受けてくださった

Kさんの物語。

Kさん、快諾くださって、ありがとうございます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ 「氣づく」ことは素晴らしい ◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Kさんは30代の女性です。

ずいぶん前に「カラダからのメッセージ」セッションを

受けていただいたことがありました。

その時には

肝臓に宿っていた「怒り」が浮上しきて、

人生を見直すキッカケになったそうです。

***

「カラダからのメッセージ」セッションとは、

カラダに表れている症状から、

そこに宿っている物語を紐解いてゆくセッションです。

その物語が教えてくれる

本当の「感情や欲求」を思い出していただくことで、

「本当の自分」を理解できるようになったり、

受け入れることが出来るようになって癒されてゆく

素晴らしいセッションです。

そのメカニズムについては、

おのころ先生のご著書「病気は才能」に詳しく書かれていますので

まだ読まれていない方は、ぜひ読んでみてくださいね。

https://www.amazon.co.jp/ 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 「幼ゴコロの痛み」がデザインする ◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「カラダからのメッセージ」セッションを重ねていって

面白かったのは、

カラダの中に封印された

「幼ゴコロの痛みの物語」(抑圧された感情や欲求)が、

カラダのデザインや雰囲気に、方向性を与えていたことでした。

また、リズ・ブルボーさんの著書「5つの傷」を読んで、

幼少期の、両親との物語によって、カラダはデザインされ、成長してゆくことの

裏付裏付けをいただいたように感じました。

私たちのカラダは、

「5つの臓器」に宿る「幼ゴコロの痛みの物語」が、

カラダのエネルギーシステムである「チャクラ」と

影響しあって形作られていたと確信した時に、

わたしは、

「カラダからのメッセージ」セッションと、

「女神のデコルテ」を融合させて

「女神の5つのデコルテタイプ」として発展させてゆきました。

「女神のデコルテ」を構想し始めてから8年ほどが経っていると思いますが、

その間に、わたしも色々なことを学んできたことで、

「幼ゴコロの痛み」に対して施すワーク

(「5つのデコルテタイプ」セッションやボディーワーク、

エネルギーワークやチャクラのお掃除など)を、

皆さんにお伝え出来るようになってきました。

***

久ぶりに、「女神の5つのデコルテタイプ」を

受けてくださったKさんは今回、

どのように感じてくださったのでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 心臓が息をしている ◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

まずは、Kさんのご感想からお読みくださいませ。

・・・・・・・・・・

初めて心臓が息をしている、

動いていることを 感じることが出来ました。

感情を出さずに生活してきたことで、

感情がわかりにくいということを理解しました。

・・・・・・・・・・

今回のセッションで分かったことは、

Kさんがレンピッカタイプだったこと。

レンピッカタイプは心臓タイプで、

父親との物語を、心臓の中に封印しているタイプです。

Kさんも、父親との物語が未完のままで、

封印されていました。

Kさんは、幼い時のお父さんとの物語を

明確に記憶していましたし、

大人になって、お父さんを理解できるようになったので、

「幼ゴコロの痛みの物語」はすでに完結しているハズ。

癒されているハズと思っていらっしゃいました。

「アタマで理解してるから大丈夫。」と。

でも、物語は感情で出来ていますので、

アタマで理解しているだけでは癒されません。

カラダの中に封印され、孤立している

「幼ゴコロの痛み」を癒すことが必要なのです。

痛みは、癒されると溶けだして、

カラダとひとつに戻っててゆきます。

皆さんは「ワンネス」という言葉を聞いたことがありますか?

宇宙とひとつになる、とか、

すべてとひとつになる、とか

聞いたことがあるかも知れませんが、

私は「ワンネス」とは、

自分の中が ひとつになることだと感じています。

ただ 自分がひとつ になること。

・・・・・・・

カラダの中で封印された「幼ゴコロの痛み」は

コリや固まりとなって、カラダから分離し、孤立してしまいます。

そして、氣の流れや、血液やリンパの流れを阻害します。

また、カラダの中で電波障害を起こし、

自分のココロを 感じにくくしてしまいます。

さらに やっかいなことは、

同じような物語を、

何回でも「引き寄せ」てくるところです。

「幼ゴコロの痛み」は、

同じような「痛み」を体験をさせてくれる「物語」を引き寄せます

同じ「痛み」を体験させるキャラクターを引き寄せて、

何度でも体験させる「無限ループ」を形成します。

その無限ループから抜け出すためには、

まず、「幼ゴコロの痛み」の封印に氣づくことです。

Kさんは、レンピッカタイプ。

それは心臓タイプであり、

ハートチャクラの「テーマ」を持っています。

心臓は、「よろこび」と「愛」の宿るところ。

ハートチャクラのテーマは、無条件の愛。

心臓を封印してきたKさんは、

自分の愛と歓びを封印し、

自分を条件付きでなくては愛せなくなっていました。

でも今回、その物語もようやく癒されたことでしょう。

令和2年とともに、

Kさんの新たな物語、

「愛と歓びの物語」の幕があきました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ ハートのワーク ◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さて、令和2年の始まりに、

皆さん一緒に ハートのワークをしてみませんか。

ハートの上に両手を重ね、

静かに目を閉じてハートの鼓動に耳を傾けましょう。

とくん とくん と力強く、心臓が拍動しています。

赤く熱い血は、愛と歓びに満ちています。

それが全身へと送り出されている音を聴きましょう。

さぁイメージしてみましょう。

拍動によって押し出された血液が、全身へとめぐってゆきます。

全身にめぐる血は、あなたのカラダの隅々に

愛と歓びを送り届けてくれています。

あなたのカラダの、すべての細胞が

愛と歓びに満たされて

輝いてゆく姿をイメージしてみましょう。

今年も、あなたが愛と歓びにあふれる年でありますように。

***

今年も、私の物語を読んでくださって、

ありがとうございます。

私のブログ「目覚めのとき」にも遊びにいらしてくださいね。

 <https://ameblo.jp/kannonn14/entry-12564241821.html>
https://ameblo.jp/kannonn14/entry-12564241821.html

・・・【イベントのご案内】・・・・・

◆「新春 ゆるゆる瞑想と愛氣の会」

カラダをゆるめて、令和2年のエネルギーを感じる。

https://www.facebook.com/events/771112216633721/

日 時:11月22日(金)13:30~16:30

◆「女神のデコルテ」

~ ボディーセラピーの一日~

「愛を受け取る手」

https://www.facebook.com/events/816089138850374/

日時:1月26日(日)10:00~15:00

◆毎週開催「ヒカリのカラダ教室」

カラダをゆるめて、カラダをヒカリに戻してゆく方法をお伝えしています

https://yawaragi14.amebaownd.com/pages/3266580/page_201910020622

日 時:毎週火曜日10:00~11:20

▶以上のお申込み・お問合せはこちらへどうぞ↓
https://ws.formzu.net/fgen/S21095388/?_ga=2.79244119.218170953.1547365138-24
8706569.1547365138

やわらぎゆきこ あんま・指圧・マッサージ師 ゆる体操指導員
「女神のデコルテ」主宰・ディクシャギバー。モダンバレエをきっかけに、デコルテまわりをひらくことでココロをひらき幸せになってゆく「女神のデコルテワーク」を考案。
現在はココロとカラダだけではなく、タマシイまでも丸ごと含めて癒す「ありのままのわたし」で生きることを伝えている。
◆ブログ http://ameblo.jp/kannonn14/
◆facebook https://www.facebook.com/yukiko.kasiwazaki
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る