おはようございます。

新潟で【オキシトシン】や【触れること】

について発信しています。

理学療法士の高野です。

 

 

多くの人が(僕を含めて)、

入院患者さんの病院に対する評価は

『症状が良くなった』かどうかで

決まると思っています。

 

『良くするために入院してるんだものね、

当たり前でしょ』

 

そんな感じで。

 

だけどね、

それが全然違うという。

本日はそんなお話。

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 病院への評価は何で決まる? ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

アメリカで実施された

病院に対する患者の満足度調査。

 

225の病院に入院していた

13万9380人の元患者さんに実施した

聞き取り調査です。

 

 

調査の結果、

入院中の体験への評価の決め手となる

15の要素が明らかになりました。

 

 

報告によると

患者の満足度を決める

上位15位までの

全ての要素のうち

患者の健康状態と関連のあるものは

1つもなかったのです。

 

15の要素は

ほとんどすべて

病院スタッフとの

『接触の質』に関係するものでありました。

 

 

聞きました?奥さん。

 

 

これ、すごいですよね。

だって病院の満足度調査なのに

健康状態と関連するものが

1つもなかったんですって!!

 

症状が良くなったかどうかで、

病院への評価は決まらない・・・・。

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 病に気を ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

病は気から。

っていう言葉があるのですが。

 

僕はちょっと違っていて

病に気を。

が、しっくりくると思っています。

 

 

 

元気がない

痛みが軽減しない

カラダが思い通りに動かない

食欲がない

眠れない・・・・。

 

 

こんなときに

周囲の人から与えられる

親切

笑顔

気遣い

声掛け

配慮

関心

は、かなりの救いとなります。

 

 

それが適切に提供できる人のことを

【セラピスト】。

そう呼ぶと、僕は信じています。

決して、資格なんかでは決まらない、と。

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 優秀なセラピストは ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『アクノリッジメント』

という言葉があります。

その人の存在を認めること。

 

その人がやっていることを

きちんと見ているよ、

という明確なサインを出すこと

そんな意味合いの言葉です。

 

 

これは

上司が部下に対する態度を

考えるときに

とっても大事なことだと言われています。

 

部下が何かを達成しても

していなくても、

『いつも早いね』

『この仕事をいつも丁寧に仕上げるね』

『後輩に粘り強く指導しているね』

 

 

こんなふうに

普段の観察から気づいたことを

声掛けすることであります。

 

 

そうすると部下は

『あ~。私のことをちゃんと見てくれて、

気にかけてくれるなぁ』

と思って、

安心して職場のために働ける。

 

そんな塩梅なのです。

 

 

だからね。

優秀なセラピストは

優秀な上司になるはずなのです。

 

そして、優秀なセラピストは

優秀な親にだって

なるはずなのです。

 

だって基本は一緒だからね。

 

 

たとえそれが1年目でも。

たとえ技術がまだまだ不十分でも。

今日も子どもを感情的に怒っていても(笑)。

 

 

そう信じ込んで、娘たちとの

試行錯誤の格闘の日々は

続くのです(笑)

理想のセラピストを目指して。

 

 

あなたはどうですか?

 

 

 

今回もお読みいただきありがとうございました。

素晴らしい1日をお過ごしくださいね。

*。・゜・*。・゜・*。・゜・*。・゜・。*。・゜

 

 

高野義隆 ブログ

【オキシトシン・マッサージ ~肌からココロに伝わるメッセージ~】

http://ameblo.jp/koharu5088

↓↓↓

最新記事は

『次女のルーティンワーク』です。

僕がどんなふうに(どんな扱いで 笑)

娘にマッサージしているかを

紹介しています。

よろしければご覧ください。

(あんまり役には立たないかも・・・)

 

 

病院で様々な患者さんとリハビリを行う中で。
『触れること』の凄さを何度も経験しました。
身体に『触れること』は,身体への気づきを生み出すだけではなく,他者への信頼や安心感を生み出すオキシトシンを分泌させます。
『触れる』を通じて,身体と心のケアサポートを行っています。

記事一覧

2022年9月11日

『さあ、整えましょう。セプテンバー。』From高野義隆

2022年8月10日

『あなたの手が、安心感を生む秘訣。』From高野義隆

2022年7月10日

『ぽっちゃりお腹と背骨の話。』From高野義隆

2022年6月9日

『梅雨入りした時に必要な姿勢ケア。』FROM 高野義隆 

2022年5月11日

『魂が仕事をはじめる時。』From高野義隆

画像をアップロード

【おすすめ】
セルフケア情報が毎朝届く
メールマガジンを登録しませんか?

毎朝8時にお送りするメールマガジン『日常セラピー』。
1、15日はおのころ心平が執筆しております。
ご登録がまだの方はぜひご登録を

E-mailアドレスを入力し、登録ボタンをお押し下さい。