「ダカラ ?」 by やわらぎゆきこ

おはようございます。

カラダとココロをやわらげる

やわらぎ ゆきこです。

 

カラダをゆるめるボディーワークを中心に

自分を幸せに導いてくれるカラダ作りを

お伝えしています。

 

***

 

さて今日は、親友のKちゃんと私の物語。

 

Kちゃんと、ウチの旦那さんと私の3人で

月に1度、ランチ会をしていますが、

その時のお話です。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ 頭が良くって、夜眠れない ◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

Kちゃんは頭の良い人です。

 

一つの事柄から、その原因を推察し

 

次には、こうなるハズ。

その次にはこうなる、

と次々に考えて

じゃあ自分はこう対策しよう。

 

と、出来事の展開を考えられる人です。

 

あまりに頭が回り過ぎてしまい

(どういうワケか悪い方へ)

考えすぎて夜、眠れなくなってしまうタイプです。

 

そして思いめぐらしたことが、

本当の出来事のように感じてしまい、

Kちゃんは疲れ切ってしまいます。

 

 

また過去の出来事に対しても、

記憶力の良さが災いして、

 

あの時はコウダッタ…

あの人はコウ言った。

 

この時はコウダッタ…

その時、あの人はコウ言った。

などなど…

細やかいところまで思い出せてしまうため、

 

その当時の怒りや悲しみを

何度も何度も同じように体験してしまうため、、

Kちゃんは疲れてしてしまいます。

 

Kちゃんの、考えをめぐらせる才能や、

ツライ思い出を追体験しようとする情熱に、

私は関心するやら、あきれるやら…

 

***

 

まだ起きてもいないことに

傷つけられる必要もないし、

 

既に起きてしまった過去の物語で

再度傷つけられる必要もない。

 

そういうことに使うエネルギーを、

相手や自分を許すために使ったり、

楽しい未来を創造することに使った方が良くない?

 

って言っても、Kちゃんは納得がいきません。

 

Kちゃんの中では、

過去のことも、未来の想像も

いま現在 進行中なのでした。

 

それが自分を痛めつける執着だと分かっていても、

手放したくないんだそうです。

 

 

それがKちゃんという「人となり」を作ってきたものだから、

無くなることが怖いのかな?

 

Kちゃんが執着を手放せる日は来るのかしら…

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ ダ カ ラ ?  ◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

そんな風なKちゃんでしたが、

このところ少し変化があったようでした。

 

Kちゃんいわく

これまで固執してきた色々な人への恨みが

「どうでも良くなってきた」のだそうです。

 

試しに、Kちゃんのお母さんのことを訪ねてみました。

 

***

 

Kちゃんはお母さんから

ネグレクト(育児放棄・怠慢)されて育ちました。

 

すぐ下に生まれた妹さんは

幼かったKちゃんが面倒をみてきたんですって。

 

その上、お母さんは男性関係にだらしなく、

幾度となくダブル不倫をしていて、

 

相手の奥さんが、何度も

Kちゃんのお家に怒鳴り込んできていたそうです。

 

日中、お母さんも働いていたので

対応したのはKちゃんでした。

妹さんと二人きりで震えてたんですって。

 

だから、お母さんに対する恨みも深く、

批判も相当なものでした。

 

そのお母さんは認知症になり

いま老人施設に入っているのですが、

Kちゃんは時折、面会に行きます。

 

そしてそのあとは、

お母さんの悪口のテンコ盛りとなっていました。

 

そんなに腹が立つのなら行かなければイイのに。

と言っても、Kちゃんは出かけます。

 

Kちゃんとお母さんは

お互いを攻撃しあって、絡みつき合って

離れられない関係でした。

 

***

 

お母さんのことを話すとすぐに

悪口になるKちゃんですから、

 

本当に「どうでもよくなった」のかどうか

試しにお母さんのことを聞いてみたのです。

(私も人が悪いですねぇ~)

 

すると、Kちゃんはちょっとだけ投げやりに

「生きてるんじゃないの…」

と、答えてくれました。

 

おぉ~ Kちゃん、

どうでもよくなったって言ってたけど、本当みたいね。

 

「ほんとーに、どうでもよくなったの。

 

 面白いね、あんなに恨んでいたのに。

 今は、勝手にしてくれー、ってなもんよ。

 

 私のカラダもね、

 この前検査してもらったら

 肝臓の数値が悪くなってる。

 

 以前だったら、

これからのことを考えて 不安になって

心臓がバクバクして夜も眠れなくなって 

冷や汗かいてたけど、

 

 今は、

『肝臓が悪い、アッ ソーー。

ダカラ、ナニ?』って言えるようになった。

 

 セアロ師にね、

 『だから、どうした?』って教えてもらったの。

 

『リュウマチになった。

  だから、どうした?

 

  ソレだけ だろう。

 

  リュウマチになった。

  だから不幸だ、

と言葉を続けるのは違う。

 

  リュウマチになった。

  ただソレだけだ。

 

  そして、

 

じゃあこれから自分は

どのように生きてゆきたいのか…

 

それだけだろ。』

 

 って…

 

 私もこの頃、本当にそう思えるようになった。

 

そう思えるようになったら、

生きるのが 楽になったの。」 

 

そう言う Kちゃんは穏やかに微笑んでいました。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ 死のワーク ◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

Kちゃんはいつも

自分の物語を好きに使って、

 

と言ってくれています。

 

つい先日も、ブログで

Kちゃんのことを書いたばかり。

「50歩と51歩」

https://ameblo.jp/kannonn14/entry-12549205687.html

 

Kちゃんも長〜いお付き合いの中で、

ゆっくりゆっくりと変化しています。

 

色々な執着を手放し、

少しづつ身軽になって、

あ、かるい(明るい)カラダになって、

「明るいま」を生きれるようになっています。

 

令和元年もあとわずか。

新しい年を迎えるために

「死のワーク」を用意してみました。

お試してください。

 

***

「死のワーク」

 

さぁ、あなたはこれから3時間後に死にます。

でもまだ3時間の猶予があります。

 

その間に、ココロ残りにならないよう、

伝えておきたいことや

やっておきたいことがあったら、する。

 

そういうワークです。

 

……… ………

 

静かに目をとじて

両手をハートの上に置きます。

 

そして、3時間後に死ぬことを思い浮かべます。

死ぬ前に、誰かに伝えておきたいこと、

何かやっておきたいことがありますか?

 

ご自分のハートに聞いてみてください。

 

伝えたい人、伝えたいことが思い浮かんだら、

すぐにお電話してみましょう。

躊躇せず、伝えてみてくださいね。

 

また、なにかやりたいことが思い浮かんだら

どうぞやってみてください。

 

3時間後にはもうこの世にはいないので、

ナニをやっても恥ずかしくないですね。

 

どうぞ試してみてください。

 

 

***

 

今日も私の物語を読んでくださって

ありがとうございます。

 

私のブログ「目覚めのとき」にも遊びにいらしてくださいね。

https://ameblo.jp/kannonn14

 

 

・・・【イベントのご案内】・・・・・

 

◆梅本千歌さんとのコラボレーション

「幸せへのご招待」

ボディーセラピーとカードリーディングのひととき。

https://www.facebook.com/events/2656315101127787/

日時:12月15日(日)11:30~16:30

残席:1名様

 

◆「女神のデコルテ」

~ 一年の疲れを癒すスペシャルワーク~

https://www.facebook.com/events/272450280341757/

日時:12月29日(日)10:00~15:00

残席:2名様

 

◆毎週開催「ヒカリのカラダ教室」

カラダをゆるめて、コリや歪みを開放し、

カラダをヒカリに戻してゆく方法をお伝えしています

https://yawaragi14.amebaownd.com/pages/3266580/page_201910020622

日 時:毎週火曜日10:00~11:20

 

▶以上のお申込み・お問合せはこちらへどうぞ↓

https://ws.formzu.net/fgen/S21095388/?_ga=2.79244119.218170953.1547365138-248706569.1547365138

 

やわらぎゆきこ あんま・指圧・マッサージ師 ゆる体操指導員
「女神のデコルテ」主宰・ディクシャギバー。モダンバレエをきっかけに、デコルテまわりをひらくことでココロをひらき幸せになってゆく「女神のデコルテワーク」を考案。
現在はココロとカラダだけではなく、タマシイまでも丸ごと含めて癒す「ありのままのわたし」で生きることを伝えている。
◆ブログ http://ameblo.jp/kannonn14/
◆facebook https://www.facebook.com/yukiko.kasiwazaki
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る