『十二月の和名で知る日々の過ごし方』FROM ちあき

あなたの名前に隠された秘密を

知りたくはないですか?

名前のもつ音の意味から

「使命」をひも解く名前のことだま師ちあきです。

 

日本には古来から先人たちが大切にしてきた

「言葉」があります。

言葉には秘められた想いや知恵があります。

今まで当たり前のように使って来たのに

知らずにいたことなど。

言葉の扉を開けて見て行きたいと思います。

どうぞお付き合いください。

 

━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 年満月(としみつつき) ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━  

いよいよ明日から12月。

街のあちこちでは、クリスマスムードが高まる

イルミネーションが施され、

スーパーの食品売り場に、早くも迎春の食材が並んでいたりと、

なにかと気忙しい時期となって来ました。

 

今年は平成から令和へと元号も代わり、

人々の意識も変化しているような

一年だった様に感じます。 

 

十二月の異名に年が満つる月と書いて、

「年満月(としみつつき)」というのがあります。

今年もあと少しで終わる、その最後の月という

意味合いがあるそうです。

 

この一年の出来事を思い起こし、

さまざまなことへの感謝で満ちた一年にする。

そんな想いが「満ちた月」と想うと

これからの毎日が充実しそうですね。

 

また、十二月を「師走(しわす)」と言いますが。

師(高僧)も走るほど忙しい月。

こちらは江戸時代に当て字としてつけられた

漢字だそうです。

 

いにしえの万葉の時代では「十二月」と書いて

「しはす」と読んでいたそうです。

語源については諸説あるとのことですが。

 

「し」=仕事、為すこと、年、四季。

「はす」=果つるの解釈から。

このことから、

「し」+「はす」=仕事を為し果つる。

 

日本人にとっての十二月というものは、

締め括り、完了や完成といった想いが

込められていて。

それは今も昔も変わらずに、 

今も粛々と続いているのかもしれません。

 

 ━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 一年の締めくくり ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━

また、この時期におこなわれるもののひとつに

「大掃除」があります。

この大掃除も古くから続いている物のひとつです。

 

神様を新年にお迎えする前に

邪気を祓い清めます。

そうして、古いものを取り除くことから

除月(じょげつ)とも言われます。

 

そのことから

十二月三十一日を「除日(じょじつ)」

その夕方を「除夕(じょせき)」

その夜を「除夜(じょや)」と言うようになりました。

 

これからのひと月。

「年満月」として大晦日を過ごし、

新しい年を希望で始められるように。

過ごして行きたいですね。

 

最後までお読みいただき

ありがとうございます。

 

今日という日が、

あなたの素敵な一日でありますように。

つながったご縁に心からの感謝をこめて。

 

高橋千晃(たかはし ちあき) 名前のことだま師®
名前のことだま師®ことばがもつ大きな力を一番発揮している名前を紐解き、名前に隠されたメッセージや使命を伝え、それぞれの幸せへと導いている。
◆ブログ ことのはつづり ~名前はあなたの道しるべ~
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る