『顔のシミについて:2つの視点。』FROM 高野義隆

おはようございます。

新潟で【オキシトシン】や【触れること】

について発信しています。

理学療法士の高野です。

 

 

ワタクシ事ですが、

ここ数年で、顔のシミが出てきました。

 

顔のシミについて調べてみると

これが面白いんですね。

今回はそんなお話。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 皮膚の不思議 ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皮膚を一つの臓器と考えると、

その特徴がはっきりします。

 

それは唯一、外界と接しているということです。

だから、皮膚には

触覚、温度、痛みなどの

感覚の受容器が無数にあるのです。

 

このセンサーは非常に優秀で、

蚊が止まったり

たった一本の髪の毛がついていたりするような

わずかな刺激も知覚します。

 

そんな優秀な皮膚にシミ・・・・。

ホントに紫外線だけのせいなのか?

疑り深い僕には

そんな疑問が出てくるんです。

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ シミは守りたいココロ ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

おのころ心平先生は、

シミについて、とっても深い考察をしています。

 

***

シミ全般に言えるココロ、それは

『何かを守りたい』という母心。

 

一番最初に

その場所にシミができたとき、

あなたのココロには

「守ること」に関連した体験があったはずです。

 

それは、

だれかの心ない言葉に傷つけられたのか、

 

だれかのつれない態度にがっかりさせられたのか。

 

二度とこんな気もちにさせられたくない・・。

 

そう思うからこそ

似たような場面に遭遇したとき、

あなたの潜在意識は

あなたの傷つきやすいココロを

防御しようとするのです。

 

人は、守りたいものがあると、

それに触れられまいとして、

ココロもカラダも

「防御」の体制になりやすくなります。

 

カラダでは、紫外線から

あなたのお肌を守るメラニンブロック。

 

ココロでは、

ムッとか、イラっとした反応

(これを「ぷちイラ」といいます)。

というのは、じつはこれ

ポリシーや価値観を

侵害するものに対する

ココロの防御反応なのです。

 

-2016.09.10~11のブログ記事より-

https://ameblo.jp/onocoroshinpei/entry-12198609619.html

***

 

そして、「ぷちイラ」を客観的に見つけて

思考で分解する訓練を勧めているのです。

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ やはり、これか・・・。 ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

一方、カラダの側面からみると、

紫外線が原因とされる顔のシミ。

 

だけど、いっぱい外で活動して

紫外線をガンガン浴びても

シミができない人、いるよなぁ。

 

そう思っていたら、

こんな研究(ポーラ化成の研究グループによる)を

見つけたのです。

 

シミができにくい人は体質的に

生まれつき筋肉の性質が異なる可能性があり、

体重あたりの体幹と下半身の筋肉の総量が多い人ほど

顔のシミが少ない、というのです。

 

これには

「マイオネクチン」

という物質が関わっていました。

 

「マイオクネチン」は、

骨格筋から産生・分泌されるホルモンでして、

ウォーキングなどの

持久力を高める有酸素運動をすると

増やすことができます。

 

この物質が血液の中に放出され、

皮膚に運ばれると、

シミのもとになるメラニンの生成を

抑えることが分かったのです。

 

 

やはり、やはり、有酸素運動・・・・。

『適度な運動は美容にも良い』

 

当たり前のようですが、

科学的に証明されると

グウの音も出ませんな(笑)。

 

 

さあ、輝かしい明日のために

プチイラ分解&ウォーキング。

始めましょう、一緒にね。

 

 

今回もお読みいただきありがとうございました。

 

高野義隆 理学療法士
フィジカルセラピスト。 触れることを通じて、他者への信頼感や安らぎを生み出すホルモン:オキシトシンの分泌を促し(オキシトシン・マッサージ)、身体のケアからココロのケアまでを行っている。
◆ブログ 【オキシトシン・マッサージ ~肌からココロに伝わるメッセージ~】
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る