『「ありがとう」は人と人を繋げる感謝の気持ち』FROM ちあき

あなたの名前に隠された秘密を

知りたくはないですか?

名前のもつ音の意味から

「使命」をひも解く名前のことだま師ちあきです。

 

日本には古来から先人たちが大切にしてきた

「言葉」があります。

言葉には秘められた想いや知恵があります。

今まで当たり前のように使って来たのに

知らずにいたことなど。

言葉の扉を開けて見て行きたいと思います。

どうぞお付き合いください。

 

明日からいよいよ11月。

年賀状のCMが流れ出したり、

販売が開始されるなど、いやがうえにも

今年も残すところ僅かとなってきたことを

ひしひしと感じます。

 

天皇陛下の退位、新元号の制定、

そして皇太子の即位という時代の大きな変化を

迎えた節目の年。

 

2019年は変化と改革が進む、そんな

駆け足のような一年だったように思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 「ありがとう」の反対は「当たり前」 ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

度重なる台風の襲来と、大雨といった、

台風や低気圧、前線などの影響で

至るところで水没や浸水の被害、

長期にわたる停電や断水など。

ライフラインの脆さが課題となった今年の台風。

 

被害に遭われた方が、インタビューで

「蛇口をひねると水が出ること」が当たり前のように

なっていたが、改めて水を使えるようになって

「ありがとう」の気持ちしかないですと話されていたことが

とても印象に残りました。

 

「ありがとう」という言葉の語源ですが

形容詞の「有り難し(ありがたし)」の連用形

「有り難く(ありがたく)」がウ音便化して「ありがとう」に

なりました。

 

形容詞の「有り難し(ありがたし)」は

「有ること」が「難(がたい)」から成り立ち、

本来は「滅多にない」「珍しくて貴重だ」という

意味を持っています。

 

そして、「ありがとう」の反対語は「当たり前」です。

「有り難い」の逆で「当たり前」でした。

 

━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 相手の存在を認める ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━

誰かに何かをしてもらったときに伝える

「ありがとう」の言葉には

「有り難いあなた」はそこにいていい存在なんですよと

相手の存在に感謝して認めることに繋がります。

 

そこにいる、そこに有ることが当たり前だと思うと

有り難く思わなくなったり、おざなりにしたり

軽く扱ってしまいます。

 

誰かに自分の存在を軽んじられてしまうことほど

辛いことはないのですから。

 

誰かに「ありがとう」と、伝えるたび

「あなたはここに存在していいんですよ」と

相手の存在を認めるのと同時に

自らの存在を認めて、感謝することになります。

 

自分が発した言葉は、自分の耳に入って来ます。

誰かに伝える感謝の気持ちは、発した自分自身にも

伝えることになるのです。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 感謝の気持ちで繋がる  ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━
年末をあと少しとなったこの時期だからこそ、

これまでの日々を振り返り「ありがとう」と思えることを

書き出してみてはいかがでしょうか。

 

ほんのささやかな出来事でも、

意識していなかっただけで、たくさんの人に

支えられたり、助けてもらっていることを

感じることが出来ると思います。

 

人と人は、何かしらどこかで感謝の気持ちで

繋がっていると私は思うのです。

 

例えば。

食事をする。その食事を作ってくれる人が居て

作るための材料を売るお店が有り、生産地からお店まで運ぶ人、

生産した人・・・といった具合に辿っていると

誰かのおかげで今の自分の存在があり、

自分の存在があるから誰かが存在している。

 

そのことを忘れないために、

私達は「ありがとう」という言葉で感謝の気持ちを

伝えているのかもしれません。

 

 

最後までお読みいただき

ありがとうございます。

 

今日という日が、

あなたの素敵な一日でありますように。

つながったご縁に心からの感謝をこめて。

高橋千晃(たかはし ちあき) 名前のことだま師®
名前のことだま師®ことばがもつ大きな力を一番発揮している名前を紐解き、名前に隠されたメッセージや使命を伝え、それぞれの幸せへと導いている。
◆ブログ ことのはつづり ~名前はあなたの道しるべ~
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る