台風で傷ついた心を癒やしましょう From 希依

こんにちは。
フラワーヒーリングセラピストの希依です。
 
日々の生活の中で花とハーブと香りが
関わる癒しについて
お話させていただいています。
 
 
花とハーブと香りを通して
あ、それ懐かしい
それ、知ってる
コレやってみようかな
と思っていただけたら嬉しいです。
 
 
一気に寒くなり、
歩いているとどこからか金木犀の香りが
漂ってくる季節になりましたね。
 
やさしい香りとは裏腹に
台風が立て続けにきて被害のあった方も多いかと思います。
お見舞い申し上げます。
 
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 台風で傷ついた心を癒して! ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
今月は台風が多かったですね。
なんとなく浮足立っていたり
情緒不安定になっていたりしませんか?
 
イライラして人にあたってしまったり、
よく眠れなかったり。
 
小さいお子さんだと常にべったりくっついていたり、
お風呂に入るのを嫌がったり。
両親がピリピリしているとそれを敏感に感じ取っています。
 
水害というと、
私も子どもの頃に随分と被害に遭いました。
 
家の目の前が川でしたので、
 
家の周囲が水没、
床下、床上浸水
川の水流で家が傾く
 
なんてことがよくありました。
 
 
私もやっぱりイライラもしたし、
眠れなかったり、
一人でお風呂に入れなかったですね。
 
 
それで雨はなんだか怖いイメージが強く、
気が滅入ります。
今でもヒーリング音楽に水の音が入っているものはあまり好きではありません。
 
不安になっちゃうんですよね。
なぜこれでリラックスできるのかと…
 
 
子どもの頃の経験は
漠然とした怖さだけが残るので、
早いうちに心をリラックスさせてあげませんか?
 
放っておくと深く心に刻まれてしまいます。
 
 
お子さんはもちろん、
あなた自身も傷ついています。
 
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 不安な心を取り除くワーク ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
私も不安に感じたりする時に
やっているカンタンなワークをご紹介します。
 
 
やり方は
 
最初に怖かったことを認めること、
そして台風は去ったことで安心したこと
(被害などのネガテイブなことは別にして)にフォーカスすることです。
 
ゆったり座ること
足は組まないほうがいいです。
できれば天気の良い日中、
カーテン越しでもいいので日に当たりながらがいいですね。
 
時間にして1〜2分程度です。
1回だけじゃなくて何度か繰り返したり、
日を変えて何度かするといいですね。
 
そのワークをするだけで心は落ち着くし、
ネガテイブな感情は消えていきますよ。
 
その他、
^_^被害から希望を見出したり、
台風以外のことでも使えます。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ ワークに最適な香り ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
このワークで使うなら
ラベンダー、ベルガモット、フランキンセンスの香りがおすすめです。
 
ラベンダーは自分の気持がうまく表現できない時に
深い鎮静をもたらし、眠りを深くしてくれます。
洗い流すという語源を持つラベンダーは
ネガテイブな感情も洗い流してくれます。
 
 
ベルガモットは神経が張り詰めていると感じる時に
イライラや憂うつな気持ちを抱えている時に、
心をゆっくりと解きほぐし、緊張感を開放し、明るい気持ちにさせてくれます。
 
 
フランキンセンスは自分のペースを取り戻したい時に
疲れていたり、忙しくして考えないようにしていたり、
荒んだ気持ちになっている心や神経を強壮し、浄化してくれます。
鎮静やリフレッシュとは違う心の底に働きかけるという感じです。
 
 
 
使い方は、
コットンに1滴垂らし、
ポジティブなことにフォーカスしながら
香りを聞くことです。
 
ディフューザーがあればそれで香らせてもいいですね。
 
香りをゆっくりした呼吸で吸い込んで、
ネガティブな感情を押し流しポジティブさを定着させます。
 
もちろんブレンドしても単品で使ってもOKです。
 
いいお天気の日差しとこの香りが
私を落ち着かせてくれるという気持ちを持って
ワークをしてみてくださいね。
 
 
 
桑名希依
和花旅(なごみ はなたび)
http://kie-aroma.com/
ブログのお引越しをしました!
 

希依 フラワーヒーリングセラピスト
フラワーヒーリングセラピスト。 ココロとカラダを整えて、五感を研ぎ澄ますこと、を軸に、アロマテラピーの植物の癒しの力を最大限に使い、アロマテラピーホームケアを行っている。
◆ブログ 【和花旅*なごみはなたび】
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る