『見えないところを磨くと、見えるところが輝き出す。』From高野義隆

おはようございます。

新潟で【オキシトシン】や【触れること】

について発信しています。

理学療法士の高野です。

日々のセルフケア。

普段目に見えないところを

丁寧に意識することって

思いのほか効果的なのです。

今回はそんなお話。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ かなりマイナーな筋肉 ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

わたしたちの内臓には

いたるところに

【括約筋】というものがあります。

これは内臓と内臓の間にある

関所的な存在であります。

たとえば、

胃とその次にある十二指腸の間には

幽門括約筋があって、

胃から未消化のものがダラダラと

次の過程に行かないように

関所の扉を開け閉めしながら、

きちんと管理しているのですね。

そんな関所的な【括約筋】

カラダの入口と出口にもあります。

まず入口。

口にある口輪筋でございます。

ギュッとタコのように口を閉じてしまえば

そう、シャットアウト!

そして出口。

肛門括約筋であります。

この肛門括約筋

位置が位置だけに・・・、

かなりマイナーな存在。

『いや~、今日は肛門括約筋、筋肉痛だわ♡』

といった人に

お目にかかったことがありません。

(当社比)

しかし、そんなマイナーな存在

肛門括約筋。

ココロとカラダ業界では

(そんな業界あるのか不明ですが)

かなり重要視されている存在なのです。

たとえば、

心身統一法を創案した

大正・昭和の巨人:中村天風先生は

ストレスやショックに負けない方法を

【天風式クンバハカ】として考案していますが、

その方法がこちら。

***

まず、肛門をしめる。

同時に、肩の力をぬいて、肩を下げ、

同時に、下腹部に力を充実させる

『君に成功を贈る』 中村天風 述

***

この肛門をしめる

がミソであると思われます。

活力がカラダから抜けないようにすることから

禅宗や武道では

【止気の法と】呼ばれ、教えられているようです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 肛門キュッとウォーキング ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

はたまた、おのころ心平先生は

お尻の穴を締めることを意識して

歩きましょうと

【肛門キュッとウォーキング】を提案しています。

そしてその効果として

著書でこんなふうに紹介しています。

***

どんなタイプの人にも結果が出るダイエットは、

なんと『肛門を締める』

という方法でした。

実は、私自身も肛門を締めるだけで、

12㎏のダイエットに

成功しました。

『ゆるすいっち。』  おのころ心平 著

***

これ以上,

魅力的な文章が他にあるでしょうかぁ!!(笑)

僕は以前より、内ももを意識する方法として

タオルを挟むワークをオススメしていますが、

『姿勢がスッと伸びる、とっても良い方法。』

https://ameblo.jp/koharu5088/entry-12312527668.html

この方法も、

肛門を締めることを意識するには

絶妙です。

これを覚えちゃうと、

『あなたの健康の秘訣は?』

と聞かれたら、

『マタ・タオルです!!』

と言っちゃうかもしれない。

【マタ・タオル】

このネーミング、

全く新しい健康法のようで不思議(笑)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 目に見えなないところを意識する ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

マイナーな存在の代表格

肛門括約筋のように、

普段目に見えない存在を

日々の生活のなかで

丁寧に意識して磨いていく

そのことによって、

目に見えるカラダの状態が改善しちゃうことって

結構あります。

あなたのエネルギーを

カラダの中で循環させるために、

今日からバッチリ

ギュッと締めていこ~ぜ~!

今回もお読みいただきありがとうございました。

高野義隆 理学療法士
フィジカルセラピスト。 触れることを通じて、他者への信頼感や安らぎを生み出すホルモン:オキシトシンの分泌を促し(オキシトシン・マッサージ)、身体のケアからココロのケアまでを行っている。
◆ブログ 【オキシトシン・マッサージ ~肌からココロに伝わるメッセージ~】
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る