【 宙のリズム 260日の暦 】 FROMもりこ

マヤの叡智で日々のナビゲート

MAYA暦 こよみよみ もりこです。

 

マヤの暦をもとにしたツォルキン表をよみとき、

暮らしに「260日の暦」を取り入れることで、

自然のエネルギーの流れに乗り、

感謝溢れる日々を送る方法を

お伝えしています。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ トランプと暦の不思議な関係 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

「暦」のことを調べていたら入ってきました。

某「柿の種」の小袋の裏にあった「こばなしのたね」からです。

 

ご存知でしたか?

【トランプと暦の不思議な関係】

 

トランプの数字は全部で52枚ですよね。

これは1年が52週からなることを示しているのだそうです。

 

クラブ・ダイヤ、ハート、スペードは、

順に春・夏・秋・冬、四季を表します。

(13週×4=52)

 

札の数字をすべて足すと364となり、

そこにジョーカーを加えると365=1年の日数になるんですね。

 

ちなみに予備のジョーカーも加えると366日となり、

うるう年の日数になります。

 

またトランプの色、

赤は日中()で、黒は闇()ということだそうです。

 

面白い~、本当なら

昔の人々の生活が今以上に暦と密接だったということでしょうか。

━━━━━━━━━━━━

◆◇ グレゴリオ暦 

━━━━━━━━━━━━

 

私たちが普段使っているカレンダーはグレゴリオ暦といい、太陽暦です。

 

太陽暦とは、地球が太陽の周りを回る周期を1年とする暦です。

 

平年では1年を365日としていますが、

400年間に97回の閏年をおいてその年を366日とすることにより、

1年の平均日数は365.2425日としています。

(実際に観測で求められる平均太陽年は365.24218…日で26.821秒だけ長い)

 

400年に3回の閏年を省くのに、

西暦の年数が、100で割り切れるが400では割り切れない年は平年とする。

それ以外の年では、4で割り切れる年は閏年とする」

というルールが採用され、

 

1600年、2000年は、

400で割り切れるので閏年のまま、

1700年、1800年、1900

400で割り切れないので

これらの年は平年となっています。

 

日本では1872年に採用され、

明治5122(旧暦)の翌日を

 

明治611(新暦)

187311(グレゴリオ暦)

としました。

 

ちなみに、改暦によって、役人の給料を1か月分少なくできるということで

急遽導入されたといいます。

庶民の混乱は大変なものだったでしょうね。

 

━━━━━━━━━━━━━━

◆◇  旧暦 (太陰太陽暦) ◇◆

━━━━━━━━━━━━━━

 

日本で明治の初めまで使われてきたのは太陰太陽暦です。

 

太陰暦は月の満ち欠けの周期を基にした暦で

一周期を朔望月といい、1朔望月を1月としています。

 

月の周期が約29.5日で、

月の期間を29(小の月)30(大の月)6回ずつとすると

1年は354日となります。

 

11日短いため、

太陰太陽暦では閏月を19年に7回挿入すると

誤差なく運用できます。

 

ただ太陰太陽暦では1年の日数と月が違う欠点があり、

 

季節のズレを調整するために指標として

1太陽年を24等分した「二十四節気」が使われています。

 

私たちのカラダへの影響の大きい「月のリズム」

 

旧暦は「生活の暦」といえるでしょうか。

 

━━━━━━━━━━━━━
◆◇ マヤの暦(こよみ)◇◆
━━━━━━━━━━━━━

 

マヤ人は数学や天文学に長け、1719種類の暦をもっていました。

 

・約5125年の長期暦は、紀元前から使われていて、

マヤの始まりの日とされる紀元前3114年の811日から数え

20121222日が5125年後のその日だというので終末論も起こりました。

実際は次の日からまた新たなサイクルが始まったということです。

 

1年を360+5日とする「ハアブ暦(太陽暦)」

1周期を260日とする「神聖暦(ツォルキン暦)」

この二つを組み合わせて52年を1周期としたものは

カレンダーラウンドとよばれ、これも紀元前から使われています。

 

神聖暦(ツォルキン暦)は神官が儀式に使ったもので

260日それぞれに違うエネルギーが流れているとし、

古代からこの暦の誕生日で、運命が決まるとされていました。

 

「マヤ暦」というと、

この神聖暦(ツォルキン暦)を指しますが

日本ではこれをもとにホゼ博士のつくられた暦も一般的に「マヤ暦」としてしまっています。

 

━━━━━━━━━━━━━
◆◇  暦を使った生活 ◇◆
━━━━━━━━━━━━━

 

世界共通に使われているグレゴリオ暦ですが、

ご存知のように、月ごとの日数が不規則です。

 

この人工的に作られた暦で生活していることが

本来の私達の持つリズムを狂わせていると言われています。

 

対してマヤの「260日の暦」は

宇宙から日々送られてくるエネルギーで

天体の巡りにより、また宇宙からの波動によりつくられている

13×20のリズム」です。(詳しくは個人ブログへ)

 

旧暦もまた自然のリズムであり、

江戸時代までの日本は明らかに違っていて、

今なお旧暦の使われている沖縄などは

その波動で時間に支配されていないとも言われています。

 

お月様のリズムである「生活の暦」と

マヤ暦の13×20の「宇宙のリズム」を

日々のくらしに取り入れることにより、

私は宇宙の一員であることを実感しています。

その日のエネルギーに乗り、活用することで

ミラクルを起こすことができます。

日々のミラクルをダイアリーなどに記したり、メモすることで

さらにミラクルを引き寄せます。

 

一度、宇宙とのつながりを実感し、

その感覚をつかむと、

どんどんシンクロやサポートに気づけます。

 

あなたも260日の暦を暮らしに取り入れてみませんか。

 

今日はどんなエネルギーの日?

詳しい情報は毎日のブログで

13×20のリズムに乗る方法をお伝えしています。

http://ameblo.jp/aisuke-shine

 

「心の時間」マヤのリズムを意識して

「シンクロニシティ」溢れる日々となりますように!

 

今日もお読みいただきありがとうございました。

 

森裕子(もりこ)マヤ暦アドバイザー、新・姓名学のぼかん講師
生年月日・名前を観ることで、本当の自分を知り、周りの人や両親を知り、さらには自分を認めることができる。そのサポートを講座やセッションを通して行っている。
◆ブログ http://ameblo.jp/aisuke-shine
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る