愛している人に話しかけるように、自分にも話しかけてあげて from横山秋子

こんにちは!

かけがえのないあなたオンリーの

幸せの種を育てるお手伝い。

 

「人生のリニューアル」をテーマにお伝えする
幸せ転職コンサルタントの横山秋子です。

キャリアコンサルタントの視点で
ココロとカラダを整えながら
夢を叶える「人生のリニューアル」のヒントを
お伝えしてまいります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇人生って面白い◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

たまねぎヘアで、早口のタレントさんと言うと…

きっと、すぐに浮かびますよね~。

 

そうです、黒柳徹子さん!

 

ユニークなヘアスタイルとともに

軽快なトークが聞こえてくるようです。

 

長寿トーク番組『徹子の部屋』は

1976年から放送44年目を迎え

11,000回を迎えました。

 

20歳のころ、

「いつか黒柳徹子さんのような

インタビューができるようになりたい!」

と、アナウンサー養成所に通っていました。

 

黒柳さんの、茶目っ気あふれる突っ込みに

どんなゲストも楽しげに寛いで、

より魅力的に見えたものです。

 

 

当時のわたしは、ゲストが語る生い立ちや、

デビューするまでに辿った道のりを知り、

個性豊かな人生に触れることに魅かれました。

 

ちょっとしたきっかけや

そのときの判断が

人生の大きな転機になった…

 

その時はつながりのない事柄であっても、

過去を振り返ってみると

点と点が結びつく不思議。

 

番組の終わりには

ゲストの「自伝」が紡がれているのです。

「人生って面白いな~」と感じたことが、

今、未来を信じるチカラになっているのだと感じます。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇誰もが人生の主人公◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

「自伝を書く」というと、

ちょっと特別な感じがするもの。

 

日経新聞に連載されている「私の履歴書」の

“なにかを成し遂げた人が書くもの”

というイメージかもしれませんね。

 

 

ところが、

 

最近発見したことがあります!

 

それは、就活に使う

履歴書や職務経歴書の作成は

自伝を書くのと似ているということ。

 

そして、

 

就活中でなければ

おそらくご存知ないと思いますが

生涯を通じた

キャリア・プランニングのツールに

「ジョブカード」というものもあります。

https://jobcard.mhlw.go.jp/job_card.html#jobSystem

◆ジョブカード制度面総合サイト

 

「キャリア」というと、狭義の意味は

『職業、職務、職位、履歴、進路など』をいいますが、

広義には『人生の中でその人が積み重ねてきたすべての経験』

 

ですから、

どのような人生でも

書き出すことが出来るのです。

 

誰もが人生の主人公。

人生の岐路に、右か左かを迷いながらも、

今の場所に辿り着きました。

 

当時を振り返りながら書くということは、

自分自身を改めて確認すると同時に、

過去の体験の再解釈にもつながっていくのです。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇どんな風に書くの?◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

まず、あなたの基本データー

【職務経歴】を埋めていきます。

 

そして、【職務のなかで学んだこと、

得られた知識・技能】を

記憶をたどりながら書きだします。

 

この問いから、あなたが関わってきた

多くの人々を思い出すことでしょう。

 

次に【学習歴や資格】

記憶の中に埋もれていた

さまざまな趣味や好きだったことを思い出し、

 

どんなことに興味を持ち

時間を費やしてきたのか、

当時のあなたが蘇ります。

 

順番に項目を埋めていくプロセスを経ることで、

過去の自分との対話が進んでいきます。

 

 

最後に【価値観・強み】

内面的なところで、ちょっと

手が止まってしまうかもしれません。

 

あなたは何を大切に思い、

どんなことに時間を忘れて集中するのか…

まず、あなたのことを言葉にしてみるのです。

 

 

言葉で表現するのが苦手というかたは、

横軸を年齢、縦軸をモチベーションにして

波のような曲線を描いてみましょう。

 

モチベーションの高い時には

何をしていたのか

低くなったきっかけが何だったのかなどを

思い出してみてください。

 

すると、言葉が出てくるかもしれません。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇書くということは、

         あくまでもきっかけ◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

基本データーの整理や

自信の価値観や強みを書き出せたなら

それは客観的に

自分を知ることが出来たということ。

 

「書くという事は、

自分に対する気づきの能力を高め、

自分の無意識の中にある何かを取り出すこと」

             脳科学者 茂木健一郎

 

 

それは、

単に就活の準備にとどまらず、

今後のキャリア人生を切り開いていくうえで、

自分という軸をしっかりと据えて

歩んでいくための素地となります。

 

 

書くことで、思っていた以上に

あなたの人生が味わい深いものであると

気がつくかもしれません。

 

そして、その気づきは、

自分の世界を深め、

未来を信じるチカラになることでしょう。

 

 

 

+++

 

◆ 「人生のリニューアル」のための
今日のヒント

 

 「愛している人に話しかけるように、

自分にも話しかけてあげて」

ブレネー・ブラウン(アメリカ/学者)

 

それでは、
今日も豊かな1日を!

◇個人ブログもぜひご訪問ください。

「幸せな転職」~自分流再就職への道~
 http://ameblo.jp/vitamin-counselor/

横山 秋子 幸せ転職コンサルタント
vitamin-counselor(ココロに活力を!のビタミンカウンセラー)。一人でも多くの人が、「働く幸せ」「生きる歓び」を感じ、働く幸せや生きる歓びを実感できる夢の実現と「幸せな転職」サポートをしている。
◇個人ブログもぜひご訪問ください。
「幸せな転職」~自分流再就職への道~
http://ameblo.jp/vitamin-counselor/
◆横山 秋子先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る