『変化と柔軟性を持って秋を受け取る』FROM ちあき

あなたの名前に隠された秘密を

知りたくはないですか?

名前のもつ音の意味から

「使命」をひも解く名前のことだま師ちあきです。

 

日本には古来から先人たちが大切にしてきた

「言葉」があります。

言葉には秘められた想いや知恵があります。

今まで当たり前のように使って来たのに

知らずにいたことなど。

言葉の扉を開けて見て行きたいと思います。

どうぞお付き合いください。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ 2019年のキーワード ◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━

今年も残すところあと3ヶ月となりました。

「えっ!もうそんな時期」と

今更ながら日々の時間の速さに驚いている方も

いらっしゃるのではないでしょうか。

 

振り返ってみると、

5月に元号が変わり、

秋分の日からは徐々に「令和」のパワーに

傾いていくと言われています。

 

101日からの消費税率引き上げなど、

2019年は変化と順応がキーワードになっているのかも

しれません。

 

「令和」の「れ」は「ら行」の変革のことだまです。

「れ」の音には急激な速さで環境を変え、

成長・発展させていく力を持っているので

その変化にどれだけ対応できるか、順応していくのか、

柔軟な思考を持つことが要求されるのではないかと。

そんな風に感じています。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ 七十二候 第四十八候 秋分 末候 ◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

明日103日から107日頃は

暦では「七十二候 第四十八候 秋分 末候」

「水始涸(みずはじめてかる)」です。

 

「水始涸」とは「田の水を干し始めること」

田んぼの水を抜いて乾かし稲刈りに備える頃。

収穫の時季を表しています。

 

このところ、大型の台風や、大雨に見舞われ

自然の力をまざまざと見せつけられているかのような

天候が相次いでいます。

 

文明や科学の進歩している現代でさえ、自然の強大さを

感じているのですから、先人たちの時代を溯ると

自然の驚異にどれだけ恐怖したり、絶望してきたのだろうかと。

思いを馳せずにはいられません、

 

それゆえ、秋のこの時季の収穫がどれほど貴重だったか。

喜びも大きかったでしょう。

無事に収穫を終えた時には、そのことに対する感謝と喜びを捧げ

神様と一緒に宴するお祭り。

それが秋祭りとして、今もなお受け継がれています。

 

農耕民族である日本人は、

土地や自然、神様に感謝と尊敬を持って接し、

天候や自然と共存して生きてきました。

 

急な変化に対応し、柔軟に受け入れることが出来るのは

そういったことが基盤にあるのかもしれません。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ 感謝の気持ちをこめて ◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━

これからの時季は、新米が美味しい季節ですね。

スーパーではいろいろな産地の新米が

徐々に登場し始めました

 

たくさんの人の手を経て、私たちの口に入る、

大切な主食、「米」。

作り手の愛情(お米)を頂くのですから、

感謝の気持ちを持って頂きましょう。

 

私たち人間は命を頂き、我が身の血肉に変えて行きます。

 

(命を)いただきます」

 

三度の食事をいただくことに

感謝の気持ちをこめて

「いただきます」

 

日本にしかない大事にしたい

言葉です。

 

 

 

 

最後までお読みいただき

ありがとうございます。

 

今日という日が、

あなたの素敵な一日でありますように。

つながったご縁に心からの感謝をこめて。

高橋千晃(たかはし ちあき) 名前のことだま師®
名前のことだま師®ことばがもつ大きな力を一番発揮している名前を紐解き、名前に隠されたメッセージや使命を伝え、それぞれの幸せへと導いている。
◆ブログ ことのはつづり ~名前はあなたの道しるべ~
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る