「痛い、って言えない」 by やわらぎゆきこ

おはようございます。

カラダとココロをやわらげる

やわらぎ ゆきこです。

 

自分を幸せに導いてくれるもの、

それは自分のカラダです。

 

私たちのカラダは

私たちの想いで出来ています。

 

想いが凝り固まってくると

カラダも固まり調子が乱れてゆきます。

 

カラダをゆるめて自分から解放され、、

明るく、楽しく、ゆたかで、

幸せな人生を取り戻してゆきましょう。

 

***

 

今日は、私のゆるボディーワークが大好きな

Kちゃんとのお話です。

 

Kちゃんは30代の女性です。

私がKちゃんに出会ったのは、

モダンバレエ教室ででした。

 

お母さんに連れられてきたKちゃんは

まだ2歳くらいで、

オムツで膨らんだお尻で踊る姿に、

私は魅了させられました。

 

今ではスッカリ大人になって、会社員です。

そのKちゃんに頼まれて、

1年前から休日開催の

「ヒカリのカラダ教室」を始めました。

 

 

「こんなに氣持ちよくなるのなら

月に2回受けたいわ!」

ということで、月に2回に増やすことになり、

 

増やした分は

「ゆるシェイプアップ教室を」とのご希望で、

先日、始めての教室を開催しました。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ 「ゆるシェイプアップ」とは ◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

私の「ヒカリのカラダ教室」は、

ゆる体操をベースに組み立てた

カラダをゆるませるための教室です。

 

カラダを氣持ち良くさすることを基本にして、

モゾモゾ動かしたり、ゆすったり、

お互いに肩を揉んだり、

氣を流したりした後に、

 

ゆるゆる瞑想やヒカリの呼吸をして、

カラダをヒカリに戻してゆきます。

 

 

それに対し、

「ゆるシェイプアップ教室」は筋トレです。

 

でも普通の筋トレとは違って、

カラダの歪みを整えてゆく「筋トレ」なんです。

 

***

 

普通の筋トレは「短縮性筋収縮」を使います。

負荷をかけながら関節を動かし、

「筋肉を縮め」ながら鍛える方法です。

 

これは効果的に筋肉を肥大させる筋トレで、

鎧をまとったボディービルダーのように

なりたい人に向いています。

 

 

それに対して

「ゆるシェイプアップ教室」の筋トレは、

「等尺性筋収縮」を使います。

 

関節を動かさないようにしつつ負荷をかけ、

「筋肉の長さを変えない」ように鍛えます。

 

すると筋肉がゆるんで可動域が広がってゆき、

カラダの歪みが改善されて整ってゆく筋トレです。

 

実はこの筋トレ、

仙台のお医者さんの 橋本敬三先生が考案なさった

「操体法」を基に作られています。

 

橋本敬三先生は、

西洋医学ではなかなか良くならない患者さんが、

民間療法で治ってゆくのを見て、

独自に民間療法を研究したお医者さんです。

 

その研究の結果、橋本先生は

カラダを治すのは医学ではなく、

自然の法則であり、

自然治癒力だという見解に至りました。。

 

そして、カラダが

気持ちよく感じる方へ動かすことで、

カラダの歪みが改善され、

病気が治ってゆくことを発見し、

「操体法」という治療法を生み出しました。

 

その「操体法」を

東京学芸大学名誉教授の池田克紀先生が学ばれて、

発展させたのが「ウェルネス操体法」です。

 

私はそのウェルネス操体法を学び、

そこに呼吸法を取り入れることによって、

 

さらに無理なく

カラダの浄化力をアップさせる、

「ゆるシェイプアップ」へと展開させました。

 

 

ヒカリのカラダワークは、

カラダもココロも沈静化させ、

リラックスさせるのに対し、

 

ゆるシェイプアップは、

ココロとカラダを活性化させ、

元氣が湧き出るように働きます。

 

沈静と活性。

陰と陽。

 

どちらも大切。

両方が必要。

 

これまで「ゆるシェイプアップ」を伝える場を

作ってこなかったのですが、

Kちゃんの要望に応える形で

「ゆるシェイプアップ教室」として実現しました。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ 痛いと言えない ◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

さて、話をKちゃんに戻します。

 

以前 Kちゃんに、

脚ツボ(血海:ケッカイ)ワークを、

した時のことからお話は始まります。

 

この血海というツボ、

押すと、とても痛いんです。

でも、脚のめぐりがよくなるツボなんです。

 

で、Kちゃんの血海を押してあげた時、

Kちゃんが「痛い」

と言えないことに氣がつきました。

 

他の皆さんは、

「イタ~イ!!」と大声を上げているのに、

Kちゃんは、言えない。

 

痛みをこらえるために、

息をつめて、声を殺して

カラダを固めて、こらえてる。

 

「Kちゃん、

痛いって言ってもイイんだよ。

 痛い!って言った方がイイんだよ。

 

 ほら、息を吐いて。

 その息に

“痛い”という言葉を乗せてみて…」

 

「いたい… 」と、口の形は動くのに、

息が吐けないKちゃん。

 

参加している皆さんが集まってきて、

「Kちゃん、痛いって言おうよ。」

 

と応援し続けたら、やっと、

消え入るような声で、

「い…た…い… 」と言えるようになりました。

 

***

 

Kちゃん、

「痛い」て言うことは大事なことだよ。

 

Kちゃんはこれまで

どんなことがあっても、ガマンして

「痛いから、ヤメテ」って言わなかったでしょ。

 

カラダもココロも傷ついて痛いのに、

ガマンしてきたんだね。

 

他人のことを思いやって

言わないできたんだよね。

 

でも、他人を大事にする前に、

自分を大切にしよう。

 

ヤメテ、って言うことは、

自分を大切にすること。

 

怒ることも大切なことだよ。

怒ることで、自分を守る力が湧き出て来るヨ。

 

自分を大切にするって決めたんだから、

痛いときには、「痛い!」って言おう。

嫌な時には、怒って「ヤメテ」って言おう。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ 息なら吐ける ◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

Kちゃんも「痛い」ときには

「痛い」と言いたい!

 

でも、

これまでの人生で

ズーっと言わないで来たので、

なかなか「痛い」って言えません。

 

 

そんな時に始めた「ゆるシェイプアップ教室」で、

頭のてっぺんから息を吐くように指導したら、

 

Kちゃんは、気持ちよく息を吐けるようになりました。

 

「痛い」とは言えないけど、

頭のてっぺんから息を吐くことは、出来る。

 

そして、

頬をピンク色に染めながら

氣持ちイイ~とため息をついています。

 

あぁ~、そっか~(^▽^)

Kちゃんには、こちらの方法が向いていたのね。

 

筋トレで活性化させて、

頭のてっぺんから息を吐く。

 

息と一緒に

言えないことも吐き出す。

氣持ち良~く、吐き出す。

 

氣持ち良く吐き出すことが、

今のKちゃんには必要だったのね。

 

何が適切なのかは

人によって違うんだった。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ 息を吐こう。気持ちよく吐こう ◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

あなたは、どうですか?

痛いときに「痛い」って言えてますか?

 

言えないのでしたら、

氣持ち良~く、

息を吐き出す方法を試してみましょう。

 

深呼吸するのもイイですし、

お風呂に入って、ふ~~~。

美味しいいビールを飲んで、ぷは~~~!!

 

アハハーーーと、大笑いするのもイイし、

うえぇ~~~ん、と大泣きするのもイイ。

 

タバコもね、

息を吐けない人にとっては良いそうです。

 

タバコの害より、

息を吐けない方が害なんだね。

 

あなたにピッタリな

息の吐き方はどんな吐き方?

 

色々工夫して、

氣持ちよく息を吐いてゆきましょう。

 

***

 

今日も、わたしの物語を読んでくださって、

ありがとうございいます。

 

私のブログ「目覚めのとき」にも遊びにいらしてくださいね。

https://ameblo.jp/kannonn14

 

 

・・・【イベントのご案内】・・・・・

 

◆「自分へのめざめ」コラボワークショップ

カードメッセンジャーの梅本千歌さんとの初コラボです。

カードリーディング&光のカラダワークの

響き愛を体験にいらっしゃいませんか。

 

日 時:10月19日(土)11:30~みんなで昼食 

13:00~開始

場 所:やわらぎサロン「月の虹」

参加費:5,000円

定 員:10名さま

 

 

◆「女神のデコルテ」ボディーセラピーな一日

「5つのデコルテタイプ」「氣功法」「ゆるゆる瞑想法」で

日々の生活の中で、セルフヒーリングが出来るよう、

自分を愛することをカラダを通してお伝えします。

 

日時:10 月27日(日・祝)10:00~15:00

(時間は人数によって長引くことがございます)

場所:やわらぎサロン「月の虹」

最寄駅JR南武線「鹿島田駅」徒歩12分

参加費:8,000円

定 員:3名さま(残席2名さま)

 

 

◆「ヒカリのカラダ教室」

カラダをゆるめて、コリや歪みを開放し、

カラダをヒカリに戻してゆく方法をお伝えしています

 

日 時:毎週火曜日10:00~11:20

場 所:自由が丘「 space レスピラール」

    https://www.space-respirar.com/map.html

定 員 :5名さま

参加費:2,000円(入会費なし)

 

▼以上のお申込みお問合せは、こちらへどうぞ↓

https://ws.formzu.net/fgen/S21095388/?_ga=2.79244119.218170953.1547365138-248706569.1547365138

やわらぎゆきこ あんま・指圧・マッサージ師 ゆる体操指導員
「女神のデコルテ」主宰・ディクシャギバー。モダンバレエをきっかけに、デコルテまわりをひらくことでココロをひらき幸せになってゆく「女神のデコルテワーク」を考案。
現在はココロとカラダだけではなく、タマシイまでも丸ごと含めて癒す「ありのままのわたし」で生きることを伝えている。
◆ブログ http://ameblo.jp/kannonn14/
◆facebook https://www.facebook.com/yukiko.kasiwazaki
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る