【 マヤ暦とホロン】FROMもりこ

おはようございます。
マヤの叡智で日々のナビゲート
MAYA暦 こよみよみ もりこです。
 
マヤの暦をもとにしたツォルキン表をよみとき、
暮らしに「マヤ暦」を取り入れることで、
自然のエネルギーの流れに乗り、
感謝溢れる日々を送る方法を
お伝えしています。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ メルマガからのご縁に感謝  ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
9月11日に神戸で行われたibマッピング「スッキリ文化祭」
ご参加iいただきました皆様ありがとうございました。
 
ibマッピングを一緒に学んだ皆さんとも久し振りに会えた文化祭
名古屋からは6人で神戸入り、
天使コスチュームで楽しみました。
 
私はマヤ暦リーディングワークショップと
個人セッションとさせていただきました。
 

当メルマガからのブログの読者さまにも

多数ご参加いただきまして、
本当にありがとうございました。
 

”毎朝、楽しみにブログ読んでいます”
”今日は会えるのを楽しみにきました”
”もりこさん、握手してくださ~い”
など、嬉しいお声かけいただきました。
 

 
終了後、おのころ理事長から
”やり切った~って顔してるね”と
お声をいただいたほど。
 

ibマッピングでお話もお聞きしながらの
マヤ暦をお伝えする時間に集中し、
食べることも飲むことも忘れて、
しあわせな一日を過ごしました。
 

拙いブログを読んでいただいていること、
リアルに出会いの機会をいただけたこと、
遠くからもお越しくださったご縁に
あらためまして感謝申し上げます。
 

今日は違った視点での「マヤ暦」の楽しみ方をお伝えします。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ ホロン・全体性を意識する ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
「マヤ暦」には
日付を意識していくというほかに、
 
日付と関連させながら、
自分の手足や、地球の生態地域などを
意識していくという使い方もあります。

以下、「宇宙の暦は13か月」より一部参照しました。
この具体的な方法については、
「ホロン」という考え方があります。
 
「ホロン」というのは、物の構造を表す概念。
ギリシャ語の「ホル=全体性」と
「オン=粒子」を組み合わせた造語で
「全体子」と呼ばれたりします。
 
部分として全体の構成に関与すると同時に、
それぞれがひとつの全体的・自律的まとまりをもつような単位。
例えば
生物に対する器官、器官に対する細胞のような単位。
 
人体という全体を構成する要素である細胞も、
各々全体としての構造、機能をもっていて、
 
ホロンであると言えます。
 

「ホロン」を使って、
「20の紋章」を通じ、カラダを意識したり、
地球を意識していきます。
 

 
 
この「ホロン」を応用した使用方法は、
リズムそのものを意識していく通常の使い方と違って、
空間的なイメージをもたらします。
 

自然とイメージ力を強化することにもつながるので、
脳の活性化にも良い働きがあるようです。
 

 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 人のホロンを意識する ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 

20の紋章が
人間の身体上でどのような関係を持っているのかを示した
「人のホロン」というのがあります。
 

太陽の紋章の番号順に
右手、右足、左手、左足の親指から順番に対応付けられています。

 

【右手】
親指  20=0:黄色い太陽
人差し指 1:赤い龍
中指   2:白い風
薬指   3:青い夜
小指   4:黄色い種
【右足】
親指   5:赤い蛇
人差し指 6:白い世界の橋渡し
中指   7:青い手    
薬指   8:黄色い星
小指   9:赤い月
【左手】
親指   10:白い犬
人差し指 11:青い猿
中指   12:黄色い人
薬指   13:赤い空歩く人
小指   14:白い魔法使い
【左足】
親指   15:青い鷲
人差し指 16:黄色い戦士
中指   17:赤い地球
薬指   18:白い鏡 
小指   19:青い嵐
   
毎日の太陽の紋章に対応して
身体を意識していくことは、
 

普段、無意識に使っている自分の手足や指を改めて振り返り、
意志の通りに動いてくれることに対して、
感謝の気持ちを投げかける良い機会にもなると思います。
 

また、紋章に対応する指で5つのグループに分けられます。
 

親指:頭頂部・脳下垂体
人差し指:喉・甲状腺
中指:心・ハート・心臓
薬指:太陽神経叢・腹部
小指:根・ルート・生殖器
 

チベットなどで伝えられるチャクラで、

この「5つのチャクラ」を意識し、
瞑想によって活性化していくことで、

心身のバランスを整えます。
 

そして
地球や宇宙につながる鍵となることを、
古代の人々はわかっていたようです。
 

人間スケールと同様に
地球スケール・太陽系スケールの
「惑星のホロン」
「太陽系ホロン」についても
ブログで随時、ご紹介していきますね。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇  まもなく秋分の日 ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 
 

9月23日は秋分の日。
 

マヤ文明のチチェンイッツァ遺跡では
太陽が真西に沈む春分と秋分の日に
ピラミッドの階段の側面の影が蛇の胴体を作り、
階段下部の頭部と合体する現象がおきます。
 

羽毛の生えた蛇の神様が舞い降りる
「ククルカン降臨」と呼ばれ、
その神秘を確認しようと
世界中から人々が訪れます。
 

 
直接は見られないけれど、思いを馳せて・・・

 

古代のマヤ人の高い天文学の知識、

マヤ文明にも遺跡にも興味が尽きない、止まらない~
 

不思議大好きなあなた、
興味のわいたあなたもマヤ友になりませんか。

 

今日はマヤ暦のどんなエネルギーの日?
詳しい情報は毎日のブログで
13×20のリズムに乗る方法をお伝えしています。
 

http://ameblo.jp/aisuke-shine

 

その日を活用することで
ミラクルを起こすことができます。
 
 

一度”マヤ暦”で宇宙とのつながりを実感し、
その感覚をつかむと、
どんどんシンクロやサポートに気づけます。
 
 
 
あなたもマヤ暦を学んでみませんか。
あなたの特別な日を知り、
マヤ暦を暮らしに取り入れる
カレンダーの活用講座もしています。
 

ご興味がある方ご連絡ください。

 
 

mori.mama.yuko@gmail.com

「心の時間」マヤのリズムを意識して
「シンクロニシティ」溢れる日々となりますように!
 

今日もお読みいただきありがとうございました。
 

もりこ(森裕子)
 

mori.mama.yuko@gmail.com

森裕子(もりこ)マヤ暦アドバイザー、新・姓名学のぼかん講師
生年月日・名前を観ることで、本当の自分を知り、周りの人や両親を知り、さらには自分を認めることができる。そのサポートを講座やセッションを通して行っている。
◆ブログ http://ameblo.jp/aisuke-shine
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る