生きがいの真ん中にあるもの from横山秋子

こんにちは!

かけがえのないあなたオンリーの

幸せの種を育てるお手伝い。

 

「人生のリニューアル」をテーマにお伝えする
幸せ転職コンサルタントの横山秋子です。

キャリアコンサルタントの視点で
ココロとカラダを整えながら
夢を叶える「人生のリニューアル」のヒントを
お伝えしてまいります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇自己理解はキャリアの出発点◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

「自分と向き合うのが苦手です」

 

就職の準備に取り組んでいただく

自己理解を深めるワーク。

 

職業訓練に入校されたみなさんに

必ず取り組んで頂くのですが

苦手意識を持たれる方が

けっこういらっしゃるのですね。

 

なかには、

ペンが進まず固まってしまうかたも。

 

なぜ、職務を棚卸したり、

知識や経験を洗い出すのか。

 

そして、

「自分らしさ」や

「自分の持ち味」などを

見つけていくことが必要なのか。

 

 

それは、

 

「自己理解」はキャリアを考えていく

出発点になるものだからです。

 

仕事柄、幅広い年代のかたの

お話を伺うのですが、

みなさんそれぞれに

色々な背景があり、

置かれている状況もさまざまです。

 

そして、

一人ひとりにドラマがあり、

似たような境遇のかたはおられますが、

 

誰一人として同じ人生を歩むことはなく、

どんな人生もそのかただけの

“オリジナルの人生”だと感じます。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇あなたの「生きがい」は何ですか?◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

突然ですが、

「あなたの生きがいは何ですか?」

 

こんな風に急に問われたら、

言葉を探し、返答に戸惑ってしまうもの。

 

 

世界で話題になった、

Ikigai(生きがい)ベン図では

What I love  

(私が好きなこと)

What I am good at  

(私が得意なこと)

What I can be paid for

(私が稼いでいること)

What the world needs me

(世界が私に求めていること)

この4つの問いの答えの

重なるところが

 Ikigai(生きがい)

就職を進めるなかで、

どんな職場で、

どんな働き方を叶えたいかを

突き詰めていくと

 

「生きがいの真ん中にあるもの」に

気づくことがあるのです。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇仕事と介護の両立◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

20年の海外生活から、
父親の介護のために

帰国したSさん(41歳・女性)。

 

日本での職歴は

高校卒業後3年しかありません。

常にポジティブで前向きなSさんは

海外で学校に通い資格を取得。

 

あこがれの法務事務所で

リーガルアシスタントとして

キャリアを積んでいました。

 

 

ですが、

日本での就職活動は

年齢的にもかなり厳しく、

ビジネスマナーも含め、

事務に必要な基本知識もありません。

 

外資系の転職サイトでも

年齢制限で断られてしまいます。

目標は語学力を生かした事務職。 

 

まずは、ハローワークの窓口で相談し、

就職に役立ちそうな「総務経理コース」の

職業訓練に申し込むことにしました。

 

Sさんが自己理解ワークで

明らかにした思いは

『いい時も、悪い時も、自分らしさを見失わず

日々向上心をもって自身の成長、

スキルアップに努め、

自分に与えられた時間を無駄にせず

人生を全うしたい』

 

 

そんな風に自分を鼓舞しながら、

5か月間を必死で頑張り、

簿記やパソコン会計などの

資格も取得しました。

 

そして、

自信がついたところで、

就職活動を本格的にスタート。

 

ですが、現実は厳しく、

思うように書類が通りません。

 

仕事と介護の両立。

 

そのために帰国したのですから、

気持ちは焦りますが、

どのような感情も、

人生を前進させていくエネルギーになるものと、

行動することを止めずに走り続けました。

 

Sさんの「生きがい」は

新しい生活をスタートするなかに

あると信じて。

 

+++

 

そして、

修了式から3か月後、

嬉しい就職の報告が届きました。

 

国際社会で活躍できる人材を育成する

団体の事務職です。

しかも、自宅から近いため

介護の負担にもならず、

急なことにも対応できる安心を

得ることができました。

 

Sさんが「日本で生きる理由」が

やっと理想のカタチになったのです。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇この世に生を受けた意味◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

脳科学者の茂木健一郎氏の

『IKIGAI 日本人だけの長く幸せな人生を送る秘訣』では

 

<生きがい>を

「生きる」と「値打ち(甲斐)」からなる

「生きる喜びのこと」と定義。

端的に「そこで生きる理由」と説明しています。

 そして「夢に向かうプロセスや、

その日常にこそ<生きがい>がある」と。

 

+++

 

「生きがいの真ん中にあるもの」

 

それは この世に生を受けた意味、

ミッション(使命)とも言えるかもしれません。

 

就活を通してSさんも

「生きがいの真ん中にあるもの」を

見つけたようです。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇『かみさまとのやくそく』上映会◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

友人の胎内記憶教育認定講師 

東山純子さんが

 

『かみさまとのやくそく』

~ママをえらんでうまれてきたよ~

上映会と胎内記憶おはなし会を企画しました!

 

2019年12月15日(日)  兵庫勤労市民センター

https://www.reservestock.jp/events/374000

 

胎内記憶に隠された、
あなたの人生の
目的を思い出してみませんか。

 

それは「使命」に気づくきっかけに

なるかもしれません。

 

 

それでは、
今日も豊かな1日を!

横山 秋子 幸せ転職コンサルタント
vitamin-counselor(ココロに活力を!のビタミンカウンセラー)。一人でも多くの人が、「働く幸せ」「生きる歓び」を感じ、働く幸せや生きる歓びを実感できる夢の実現と「幸せな転職」サポートをしている。
◇個人ブログもぜひご訪問ください。
「幸せな転職」~自分流再就職への道~
http://ameblo.jp/vitamin-counselor/
◆横山 秋子先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る