『美しい言葉を意識して使ってみよう』FROM ちあき

あなたの名前に隠された秘密を

知りたくはないですか?

名前のもつ音の意味から

「使命」をひも解く名前のことだま師ちあきです。

 

日本には古来から先人たちが大切にしてきた

「言葉」があります。

言葉には秘められた想いや知恵があります。

今まで当たり前のように使って来たのに

知らずにいたことなど。

言葉の扉を開けて見て行きたいと思います。

どうぞお付き合いください。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ 今日は「公衆電話の日」 ◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます。

9月も半ばを迎え、文具店や書店などでは

来年の手帳が並び始めました。

昔は手帳の始まりは11日からでしたが、

今では9月始まりや10月始まりの物が

人気があるのだそうです。

 

時代の変化に伴い、様々なものが

その時代のニーズに沿って変わって行くと

云うことなのでしょうね。

 

ところで。 

今日は「公衆電話の日」です。 

携帯やスマホの普及で、今ではあまり目にすることも 

無くなりつつある公衆電話ですが。

  

1900(明治33)911日、

東京の新橋と上野駅前に日本初の 

公衆電話が設置されました。

 

なんでも、当時は「自動電話」と呼ばれていて、 

交換手を呼び出してからお金を入れて

相手に繋いでもらうというものだったそうです。

 

1925(大正14)年に、ダイヤル式で

交換手を必要としない電話が登場。

それから以後、「公衆電話」と呼ばれるようになりました。

  

通話料金はかなり高額だったので、

気軽に電話をして誰かと長話をするなんて、

今のようにはいかなかったでしょうね。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ 思いを文字にして伝える ◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━

伝えたい想いを手紙に託していた時代から、

電話の普及で文字ではなく、自分の声で伝えられるようになり、 

ポケベルが登場した時代では、言葉を数字に託して

メッセージ化することが流行りました。

 

携帯電話やスマートフォンをひとり一台は持っていると

言ってもおかしくない昨今。

言葉を声に出して伝えるより、メールやライン、チャットなど、

自分の伝えたいこと文字して伝える方が気軽に出来る。

 

そして、気軽に出来るということから、

言葉で人を傷つけてしまうことに無頓着に

なっているような気がします。

 

手紙であれば、自分の言葉を書き連ね、

書いたものを目で見て、

時には封をする前に読み返したりと、

時間の流れが必要です。

 

思ったらすぐ打ち込める、思ったまますぐに

相手へと伝えることが出来る。

便利で早い分、ストレートに感情をぶつけてしまいがちです。

それこそが手紙との違いではないでしょうか。

 

通信速度が日増しに早くなり、情報が錯綜する今だからこそ、

「言葉」を大切に扱ってほしい、大事にしてほしいと思います。

  

━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇言葉使いを意識してみる◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━

私の幼い頃の話で恐縮ですが。

誰かに言われたことがあります。

「自分の吐いた言葉は自分に跳ね返ってくるよ。

だから、言葉は選んで使おうね」と。

 

人を傷付ける言葉を投げ掛けたら、

それは自分を傷つける言葉として帰ってくる。

誰かを労る言葉は、

やがて自分を労る言葉になって戻ってくる。

 

ささやかなことかもしれませんが

言葉を発する時には、

その言葉を自分が受け取ったらどう思うか考えると、

おのずとものの言い方も変わるし、角も立たないものです。

 

相手を思いやる美しい言葉を

意識して使ってみてはどうでしょうか。

 

 

最後までお読みいただき

ありがとうございます。

 

今日という日が、

あなたの素敵な一日でありますように。

つながったご縁に心からの感謝をこめて。

高橋千晃(たかはし ちあき) 名前のことだま師®
名前のことだま師®ことばがもつ大きな力を一番発揮している名前を紐解き、名前に隠されたメッセージや使命を伝え、それぞれの幸せへと導いている。
◆ブログ ことのはつづり ~名前はあなたの道しるべ~
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る