「どうせ、橋の下から…」 by やわらぎゆきこ

おはようございます。

カラダとココロをやわらげる

やわらぎ ゆきこです。

 

自分を幸せに導いてくれるもの、

それは自分のカラダです。

 

私たちのカラダは

私たちの想いで出来ています。

 

想いが凝り固まってくると

カラダも固まり調子が乱れてゆきます。

 

カラダをゆるめて自分から解放され、、

明るく、楽しく、ゆたかで、

幸せな人生を取り戻してゆきましょう。

 

***

 

今日は、6年ほど前に受けた

Mちゃんのマッピングで解き明かされた

私の物語をお伝えしますね。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ どうせ、橋の下から拾われたんだから ◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

私も6年ほど前に

マッピングの講座を受けたことがあります。

 

自分を探求する上で

素晴らしいツールだと思ったからです。

 

講座は期待以上に面白く、

 

マッピングは

色々な方法、色々な角度から

忘れていた人生の物語を

引き出してくれるツールだということ、

 

ココロのモツレを

紐解いてくれるツールだいうことが分かりました。

 

講座ではいつも

受講生同士でワークしあっていましたので、

 

せっかく学んでいるのだから、やはり

プロのマッパーの方に

深く掘り下げていただきたくなり、

 

当時、講師をしてくださっていた

Mちゃんにマッピングの申し込みをしました。

 

***

 

カフェで待ち合わせて

さっそくマッピング開始です。

 

その時のテーマは「オシャレ」にしました。

というのも、私はオシャレが苦手だったから。

 

その時のマッピングの道筋は忘れてしまいましたが、

テーマの核心に迫ってきた時、

 

Mちゃんの

「どうしてそう感じるの?」との問いかけに、

 

「どうせ、私は橋の下から拾われてきた子なんだから…」

 

との言葉がこぼれ落ちてきて、びっくり!!

 

 

アハハハハ…

二人で 大笑い!

 

そう言えば、

昭和の時代には言われてたよね~

 

「お前は橋の下から拾ってきた子だ。」って

 

アハハハハ~~~

そんなことを信じてたんですか~、私 (*^▽^*)

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ 女の子として生まれてはイケナイ ◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

「橋の下から拾ってきた…うんぬん…」は

幼い頃から母に言われてはいましたが、

 

小学生低学年のころですら

それは冗談だって分かっていて、

 

「じゃあ、拾った責任を取ってよね!」

なんて言い返していましたから、

 

オシャレが苦手な原因として

そんな言葉が出て来るなんて思いもよりませんでした。

 

 

でも、

記憶にないほど小さかった私は、

母の冗談を素直に信じて、そして、

スネていたんです。

 

「どうせ、橋の下に捨てられてたんだから、

 オシャレをしたって仕方ない」って。

 

母がまだ生きていた時に

この話をしたら、

 

大笑いしながら

「それはスマナカッタね~」って謝ってくれました。

 

***

 

オシャレが苦手だった要因は他にもあります。

それは「胎内記憶」です。

 

初めて子供を授かったことを知った、

若き日の父が

「この子が男の子だったらいいな~」

 

と何気なく言った一言で

胎児の私は

「女の子として生まれてはイケナイ!」

 

と思いこんで生まれてきて

男の子のようにヤンチャに育ちました。

 

どうやら私は

胎児の時からそそっかしかったようです(笑)。

 

***

 

橋の下から拾ったと言っていた母も

男の子を望んでいた父も

私を、とても愛してくれましたから、

(両親なりに笑)

 

表面上ではちっとも問題はなかったわけですが、

 

ココロの奥の底に、

傷ついたココロを隠していて

オシャレが苦手な女の子に育っていったのですねぇ。

 

恐るべし。

何気ない両親の一言。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ 理想的な両親、よりも…  ◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

そう考えると

いま子育てなさっている方々は

 

何氣なく、ウカウカかと

子供とお話が出来なくなっちゃいますか?

 

でも、大丈夫!

次のお話しを読んでみてください。

気軽にお話しできるようになりますよ。

 

***

 

以前に読んだ本の中に、

自分の子供に、シュタイナー教育を受けさせたくて、

アメリカへ引っ越しした人のお話がありました。

 

アメリがのシュタイナー学校では、

子供の気質に合わせて

言葉がけや、導き方も工夫されていて、

素晴らしい教育がなされていたように記憶しています。

 

その本を読み終わった後…

 

ココロが広くて、賢い親のもとに生まれ、

理想的な教育方の中で 育てられていいてイイね~。

 

私もこんな風に育てられ… たかったぁ~。?

 

と、思ったとたん

ココロが反発しました。

 

???… えぇ? なんで?

 

こんな風に、

理想的に育てられたかったんじゃないの、私?

 

と自分のハートに問い直しますと、

 

「自分の両親が 良かった。」

とハートが言いました。

 

真面目だけど ハチャメチャで、

優しくて、怒りんぼうで、

矛盾だらけで不条理な、

 

あの両親のもとに生まれて、

育てられて良かった。と…!

 

問題 山盛りに育てられた方が、

「良かった」

と言っているではないですか。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ 親子関係は 愛の入り口  ◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

親子関係は深いご縁で結ばれています。

 

どんなに問題のある親子関係でも、

その中でしか 体験できないことがあり、

氣づきがあり、

 

その関係でなければ出来ない

許しや癒しがあり、

バランスの解消があります。

 

そしてその中で はぐくまれる

愛があります。

 

たとえ、どんな悲惨な生い立ちをした人であっても、

両親との関係は、

この世の最初のプレゼントです。

 

その中に必ず宝物が隠されています。

 

親子関係は、宝の山です。

(問題の山ってこと笑)

 

許したら、仲よくしなければならない

ということはないし、

 

理解できないから、愛せない、

ってこともない。

 

また無理に許す必要もないし、

無理に愛する必要はないけれど、

 

親子関係は、

愛の、無限の可能性を宿している種です。

 

私たちはみな、

愛を体験するために地球という

テーマパークに望んで生まれてきました。

 

どんな体験がしたいのか、ストーリーを自分で決めて、

体験したいことを、もれなく体験できるような

親を 選んで生まれてきました。

 

だから私も「理想的な両親」ではなく、

 

わざわざ

真面目だけど ハチャメチャで、

優しくて、怒りんぼうで、

矛盾だらけで不条理な、

 

「あの両親」を選んで生まれてきたってワケなんですね。

 

ヘンテコリンな親だったけど、

ヘンテコリンな私にはピッタリな親でした。

 

みなさんもご自分で、

自分の両親を選んで生まれてきています。

 

みなさんのご両親との関係はいかがですか?

 

いま、幸せを感じられていないのでしたら、

まだ、両親との関係が完結していないのカモ知れません。

 

原因は巧妙に

自分には分からないように隠されています。

 

苦しい時、悲しい時。

誰かの助けをお借りするのも大切なこと。

 

マッピングしていただくのも良いですし、

https://ib-mapping.jp/

 

私でよろしければ、

お声をかけてくださいませ。

 

 

***

 

今日も私の物語を読んでくださって、

ありがとうございます。

 

・・・【イベントのご案内】・・・・・

 

◆「ゆるゆる瞑想とハートで味わう感茶の会」

ゆるゆるとカラダとココロを開放して、

中国茶を感じる会です。

日 時:9月28日(土)13:30~16:00

場 所:芭蕉記念会館 2階和室(ゆきこさゆりの会で予約しています)

参加費:3,000円(入会金なし)

 

 

◆「自分へのめざめ」コラボワークショップ

占い師の梅本千歌さんとの初コラボ。

カードリーディング&光のカラダワークの

響き愛を体験にいらっしゃいませんか。

日 時:10月19日(土)11:30~みんなで昼食 13:00~開始

場 所:やわらぎサロン「月の虹」

参加費:5,000円

定 員:10名さま

 

 

◆「女神のデコルテ」ボディーセラピーな一日

「5つのデコルテタイプ」「氣功法」「ゆるゆる瞑想法」で

日々の生活の中で、セルフヒーリングが出来るよう、

自分を愛することをカラダを通してお伝えします。

日時:10 月27日(日・祝)10:00~15:00

(時間は人数によって長引くことがございます)

場所:やわらぎサロン「月の虹」

最寄駅JR南武線「鹿島田駅」徒歩12分

参加費:8,000円

定 員:3名さま(残席2名さま)

 

 

◆「ヒカリのカラダ教室」

カラダをゆるめて、コリや歪みを開放し、

カラダをヒカリに戻してゆく方法をお伝えしています

日 時:毎週火曜日10:00~11:20

場 所:自由が丘「 space レスピラール」

    https://www.space-respirar.com/map.html

定 員 :5名さま

参加費:2,000円(入会費なし)

 

▼以上のお申込みお問合せはこちらへ↓

https://ws.formzu.net/fgen/S21095388/?_ga=2.79244119.218170953.1547365138-248706569.1547365138

 

やわらぎゆきこ あんま・指圧・マッサージ師 ゆる体操指導員
「女神のデコルテ」主宰・ディクシャギバー。モダンバレエをきっかけに、デコルテまわりをひらくことでココロをひらき幸せになってゆく「女神のデコルテワーク」を考案。
現在はココロとカラダだけではなく、タマシイまでも丸ごと含めて癒す「ありのままのわたし」で生きることを伝えている。
◆ブログ http://ameblo.jp/kannonn14/
◆facebook https://www.facebook.com/yukiko.kasiwazaki
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る