自分を知るほど生きるのが楽になる from横山秋子

こんにちは!

かけがえのないあなたオンリーの

幸せの種を育てるお手伝い。

 

「人生のリニューアル」をテーマにお伝えする
幸せ転職コンサルタントの横山秋子です。

キャリアコンサルタントの視点で
ココロとカラダを整えながら
夢を叶える「人生のリニューアル」のヒントを
お伝えしてまいります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇何がラッキーかわからない◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

女性の生きかたや働きかたには

その時代が大きく映し出されますね。

 

 

痛感するのは

「どんな時代に社会に出たかが、

その後の人生を左右する要因になる」

ということです。

 

そして、

弥生カレッジCMCには

「就職氷河期世代」のかたも多く入校されますが、

個人の置かれている状況によって

「仕事観」もさまざまです。

 

 

高卒の就職組だったからこそ

安定企業に就職できたというかたも

いらっしゃれば、

 

大卒で希望の業界に入社したはずが、

業務縮小で退職に追いやられたというかたも。

人生は何がラッキーだったのか、

後々にならないと分からないということが

あるもの。

 

だからこそ、今を

一生懸命生きることが大切なんですね。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇理想の生きかた・働きかた◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「理想の生きかた・働きかた」は、

その時代を映し出すものかもしれません。

 

キャリアコンサルティングを通じて

正直な気持ちが明確になった

梨沙さん(仮名・37歳)の理想は

 

「時間を自分の意志で自由に出来る人生にしたい」

 

+++

 

梨沙さんは高校を卒業してから、

ずっと、コンビニや雑貨店

接客業中心のアルバイトを転々としてきました。

 

ずっと抱いていた、満たされない想い。

 

「正社員になりたかった・・・」

「事務職に就きたかった・・・」

 

はじめてリーダーになったコンビニでは、

「今いる場所で頑張ろう」としたけれど、

業務量が増え、体調を崩してしまい

自宅で療養するはめに。

 

その時期は、

祖母が余命宣告を受けたことと

重なったので、

残された祖母との時間を大切にしながら、

体調を整えていく日々でした。

 

そして、

祖母の他界後、アルバイトを再開。

 

無性に社会に戻りたいという気持ちが

湧き上がってきました。

 

そんな自分を試したくて

アルバイトを続けながら、

独学でチャレンジした

簿記3級と秘書検定2級にも合格。

 

体力面の不安は消えないけれど、

少しずつ自信がついていったのです。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇何かに導かれて◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪が記録的豪雨に見舞われた

ある日の出来事。

 

外の様子を見るためベランダに出ると、

体内に何か電気のようなものが走りました。

「あれは一体なんだったの?」という

ちょっと不思議な感覚・・・。

 

数日後、ふと思い立って奈良のお寺に参拝。

なぜか、いつもと違うルートで帰宅する途中に

目に飛び込んできたのが

以前から気になっていた職業訓練校でした。

 

一度見学までして応募をあきらめたのに、

今度は「絶対、行きたい!」という衝動が

湧きあがってきたのです。

 

そして、

試験の当日、面接を受けながら

「私はここに導かれた」と感じたのでした。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇持ちつ持たれつ◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

入校してから、

簿記がますます面白くなり

税理士を目指そうと思い始めました。

 

それを人生の目的として、

頑張っていきたいと。

 

訓練の中旬あたりに、

就職のことを思うと不安で一杯になりました。

 

それでも、修了が近づく頃には、

学んだことを実践で活かしたいと、

自信がつきはじめ応募を開始。

 

 

ところが、

思うように書類が通りません。

 

この時期、自分自身と

嫌というほど向き合いました。

 

修了前のキャリア面談で

 

「税理士を目指すということは、

ほかのことを我慢してでも

時間やお金を費やす覚悟が必要ですけど

その覚悟はありますか?」

 

と問われました。

 

 

理想の人生は

「時間を自分の意志で自由に出来る人生にしたい」

 

でも、

「税理士を目指すことが、その夢に近づくこと?」

 

頑張りすぎて、

無駄に自信を失ってしまうのではないか。

友人と過ごす自由な時間を犠牲に出来るのか。

 

 

その答えが出ないまま

修了式を迎えたのです。

 

 

+++

 

 

そして、

修了式が終わって

応募書類を作成する中で

背伸びしている自分に気が付きました。

 

「こだわっているけど、違うのかな・・」と。

 

それからは、

間口を広げようと

一般企業と事務所に応募。

 

「税理士志望」という文言を削除し、

「等身大の私で、頑張ろう」と思えたのです。

 

背伸びしたからこそ

見えたことも一杯ありましたが、

等身大で行こうと、

背伸びするのをやめたら心も軽くなりました。

 

 

すると、

すぐに税理士事務所の

面接の案内を頂けたのです。

 

当日は2種類の適性検査を受けたあと

先生二人との面談。

 

最初は体力面の不安を隠すつもりでしたが

アットホームな雰囲気のなかで

正直に話していました。

 

すると、

「お互い持ちつ持たれつだからね」

と言って貰えたのです。

 

 

それは、私が求めていた理想の職場。

誰にだって、弱さはある。

互いに助け合い、補い合える環境。

 

自分の素直な気持ちに従うと、

余分なチカラが抜けて

こんな風に欲しかったものに出会えるのかと、

心が震えました。

 

 

そして、

翌日に内定の連絡を頂いたのです。

 

 

今回の就活を通して、

自分を知るほどに、

生きるのが楽になることを実感しました。

 

あの豪雨の日から、何かが動き出した

自分にしか分からない体験。

 

そして、初出勤は

新しいスタートにふさわしい新月です。

 

 これからも、大好きな散歩を楽しみ、

季節の移り変わりを味わいたいと思います。

 

 

 

◆ 「人生のリニューアル」のための
今日のヒント

 

背伸びして視野をひろげているうち、

背が伸びてしまうこともあり得る。

それが人生の面白さである。

 

小説家 城山 三郎 

 

それでは、
今日も豊かな1日を!

横山 秋子 幸せ転職コンサルタント
vitamin-counselor(ココロに活力を!のビタミンカウンセラー)。一人でも多くの人が、「働く幸せ」「生きる歓び」を感じ、働く幸せや生きる歓びを実感できる夢の実現と「幸せな転職」サポートをしている。
◇個人ブログもぜひご訪問ください。
「幸せな転職」~自分流再就職への道~
http://ameblo.jp/vitamin-counselor/
◆横山 秋子先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る