『受け継がれる命と祖先への感謝の日』FROM ちあき

あなたの名前に隠された秘密を

知りたくはないですか?

名前のもつ音の意味から

「使命」をひも解く名前のことだま師ちあきです。

 

日本には古来から先人たちが大切にしてきた

「言葉」があります。

言葉には秘められた想いや知恵があります。

今まで当たり前のように使って来たのに

知らずにいたことなど。

言葉の扉を開けて見て行きたいと思います。

どうぞお付き合いください。

 

━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇暦の上では秋の始まり◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━

毎日暑い日が続き、いつになったら涼しくなるのかと

日差しの強さや、熱気が恨めしく思えるほど。

 

ところが暦の上では、既に季節は秋へと

移っているのです。

二十四節気では「立秋」から「立冬」の前日までが

(今年は88日頃から117日)

秋にあたります。

旧暦の月では7月から9月までとなります。

 

まだまだ厳しい暑さに見舞われる中、

秋の気配を感じるのは難しいことかもしれませんが

少しずつ日の入りが早くなって来たことや

朝夕に吹く風や、虫の鳴き声など。

秋の気配はこれから日々の生活の中で、

身体が感じ取っていくことでしょう。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇故人への思い、ご先祖様への感謝◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この時期、お盆休みで実家に帰省する風景が

ニュースなどで取り上げられています。

普段離れて暮らしている家族が、故郷に帰り

元気な顔を合わせるといったイメージがありますね。

 

「お盆」とは先祖や故人の霊を家に迎えて供養する

日本独自の風習です。

現在、お盆は813日から816日までの

4日間に行われるのが一般的です。

 

お盆の初日は「迎え火」と言って、先祖や故人の霊が

迷うことなく家に戻れるように火を灯し、

最後の夜には先祖や故人の霊があの世に無事に

帰れるように帰り道を照らす「送り火」を灯します。

 

お盆にお迎えしたご先祖の霊をふたたび浄土へお送りするという、

精霊(しょうらい)送りのかがり火を、

京の都を囲む五つの山で焚く行事が

816日の「大文字五山送り火」です。

京都の五山は供養の灯りに照らし出されます。

 

このかがり火ですが、いっせいに点火されるのではなく、

ひとつづつ、時間差で点火され約一時間灯されます。

東から西へ向かって

「大文字」から

「妙法」(「妙」と「法」ふたつのお山で1セットです)

「船」(文字ではなく「船の形」)

「左大文字」

「鳥居」の順に点火されます。

 

この点火順についての意味は

まず「大」の字で人形(ひとがた)を表し、

人形になぞられたお精霊さん(おしょうらいさん-ご先祖様、故人のこと)は

南無妙法蓮華経のお経「妙法」を唱えながら

精霊船「船形」に運ばれ三途の川を渡り

ふたたび見せる姿が「左大文字」

最後に「鳥居」をくぐって冥界へ帰られるというのです。

 

仏教では西方浄土として西の方角にお浄土があるといわれます。

また、右京区にある「西院(さいいん)」という地名は

「さい」とも読み、由来は三途の川にある

「賽の河原(さいのかわら)」から来ているという説があります。

 

五山に灯火される頃、京の町中は照明を落とし

かがり火へと思いを馳せます。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇過去から受け継がれてきたもの◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今ある私たちの命は、過去から受け継がれてきたものです。

両親が出会ったからこそある、わが身の生。

両親は祖父と祖母の出会いがあったから。

そのまた前の世代、ひいてはそのご先祖さまが・・・

というように。

 

たくさんの出会いがあり、誰かひとりかけても

その出会いはなかったわけで。

そう考えると、わたしもあなたも、

すべての人の存在はまさに奇跡であり、

偶然なんかではなく必然のこと。

 

私達は皆、必要とされて

この世に生を授かったのではないでしょうか。

そのことを思うと、やはりお盆という行事は

感謝を込めて迎えるものだと。

 

そして、あなたの「名前」もまた、たくさんの想いや

たくさんの願いを込められて両親、祖父母から

贈られたものです。

ひとりでは生きていない。

それはとても心強いことだと思いませんか?

 

 

最後までお読みいただき

ありがとうございます。

 

今日という日が、

あなたの素敵な一日でありますように。

つながったご縁に心からの感謝をこめて。

http://ameblo.jp/orange-pekoe-milk    

高橋千晃(たかはし ちあき) 名前のことだま師®
名前のことだま師®ことばがもつ大きな力を一番発揮している名前を紐解き、名前に隠されたメッセージや使命を伝え、それぞれの幸せへと導いている。
◆ブログ ことのはつづり ~名前はあなたの道しるべ~
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る