人を選ぶお金~美しいお金の物語~from 松田まり

おはようございます。

自分を大切にするための

やさしいマネースタイル

公認会計士・税理士の松田まりです。

 

 

 

最近、お受けする取材では

私の独立起業したときのお話を

させていただくことが多くあります。

 

なぜ、

独立に至ったのか

 

どのようにして

お客様に認知を広げていったのか

 

現在はどのようにして

お客様に出会っているのか。

 

普段、

どのようなスタイルで仕事をしているのか。

 

私のビジネスモデルが

私の業界ではとてもめずらしいらしく

 

そこにフォーカスしてお話が展開していくのでしょう。

 

普段、私は

仕事であちこちに出向くことが多く、

事務所でじっと仕事をすることは

仕事全体の3割ほどです。

 

それを取材でも聞かれることがよくあり

 

パソコンと頭があれば

どこでも仕事ができますね、

と言われるのですが

 

それは

ある意味YESで

ある意味NOだとお答えしています。

 

**********************

 

みなさんの仕事スタイルはいかがでしょう?

 

今日は、

みなさんのお金を「稼ぐ場所」について

 

「その居場所」を一緒に見て参りましょう

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇

これからのお金の居場所◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━

ここ20年の間の

パソコンやインターネットの飛ぶような勢いの普及で

 

テレワークや

サテライトオフィスが

どんどん発展し、

仕事のスタイルも

組織の在り方も

大きく変容してきました。

 

さらにこの勢いは加速し、

今後10年で

多くの仕事がAIに取って代わるといった

記事は、みなさん、

もう食傷気味なのではないでしょうか。

 

職業でいったら、

私の職業である

「公認会計士」「税理士」は

真っ先になくなる仕事と言われています。

 

(先日参加したある講演会でも

堀江貴文さんが、

会計士の仕事は10年後には…

なんてお話をされていました)

 

 

会計士の仕事がなくなるかなくならないか、

はここでは横に置いておいて、

 

いつの世も、

これからも変わらぬお金の風潮は

 

 

「仕事のお金は人を選ぶ」、ということ。

 

大きな組織に所属して仕事をしていると

そのことには気づきにくいかもしれませんが

 

独立起業したり

小さな組織に所属していると

仕事のお金がどんな動きを見せるのか

それは言わずもがな、

 

魅力的な人に

どんどんと仕事が集まってくるのが

手に取るようにわかるでしょう。

 

もしかしたら

仕事とお金の動きには

タイムラグがあるかもしれません。

 

ですが、

着実に言えることは

仕事のお金は人につく

ということ。

 

これは、

20年前よりも

インターネットやAIの発展した

今の方が顕著に現れているいるかもしれませんね。

 

━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇人につくお金

三方よしの近江商人◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━

もし、

あなたが経営者として起業していたり

商売をしていたら

近江商人の「商売十訓」をご存じかもしれません。

 

*****************

1 商売は世の為、人の為の奉仕にして、利益はその当然の報酬なり

2 店の大小よりも場所の良否、場所の良否よりも品の如何

3 売る前のお世辞より売った後の奉仕、これこそ永遠の客をつくる

4 資金の少なきを憂うなかれ、信用の足らざるを憂うべし

5 無理に売るな、客の好むものも売るな、客の為になるものを売れ

6 良きものを売るは善なり、良き品を広告して多く売ることはさらに善なり

7 紙一枚でも景品はお客を喜ばせばる つけてあげるもののないとき笑顔を景品にせよ

8 正札を守れ、値引きは却って気持ちを悪くするくらいが落ちだ

9 今日の損益を常に考えよ 今日の損益を明らかにしないでは、寝につかぬ習慣にせよ

10 商売には好況、不況はない、いずれにしても儲けねばならぬ

*****************

究極の経営哲学として

伊藤忠兵衛や松下幸之助に影響を与えたといわれる

「商売十訓」

 

一つ一つ読み進めると

じわじわと、

その経営哲学の美学が伝わってくることでしょう。

 

とくに、

私が気に入っているのが

こちらの4つ

 

  • 商売は世の為、人の為の奉仕にして、利益はその当然の報酬なり
  • 売る前のお世辞より売った後の奉仕、これこそ永遠の客をつくる
  • 紙一枚でも景品はお客を喜ばせばる つけてあげるもののないとき笑顔を景品にせよ
  • 今日の損益を常に考えよ 今日の損益を明らかにしないでは、寝につかぬ習慣にせよ

 

 

 

私はこの商売十訓を

いつも目にできるところに

携帯しています。

 

 

 

スマホにも手帳にも入れています。

 

さすがに毎日は目にしませんが

3日に一度は目に触れるようにしています。

 

 

 

不思議と

この十訓を思考にいれることで

私のもとに仕事がやってきて

人を選ぶお金がやってくるようになりました。

 

 

仕事のお金は

人につきます。

 

仕事自体につくお金は息が長くない。

 

19年の会計士人生の中で

大小様々な経営を拝見してきましたが

どっしりと経営を安定させている経営者は

その人自身がとても魅力的。

 

 

この近江商人の十訓にあてはめても、

すべての訓に、

その人が常に準じているのがわかります。

 

最近は少し下火になりましたが、

気軽にスタートアップできる

ひとり起業がいまだに人気です。

 

SNSを使って

自分を魅力的に見せる、

ということも

経営資源の活用方法として

一つのやり方でもあるでしょう。

 

集団で写真に写り、

人気を感じさせることも

それが本物であれば、

仕事が上向きになり、

経営が安定して継続するでしょう。

 

 

仕事のお金は人につきます。

 

本物を磨く。

 

そして、きちんと

商売をする。

 

お金がきちんと人を選ぶということ。

 

 

もし、

あなたが

起業やこれからの商売のことを

考えているのであれば、

 

本物とはなにか、

近江商人の十訓をベースに

思考を巡らせてみてくださいね。

 

 

*********************

【未来患者学イベント】

こんな本気で極上の医師たちが、

この世に存在するんだ!

 

と感動すら覚える未来患者学イベント。

 

毎年開催は8月11日山の日。

 

超有名どころの先生方。

とにかくすごいラインナップ。

 

https://mma-j.com/

 

私も会場におります。

 

会場で皆様にお会いできることを

楽しみにしています。

 

*********************

【お金さんと呼ぼうポリシー】

私は普段からお金を

「お金さん」と呼んでいます。

 

こう呼びかけることで、

まるで友達のように親近感を感じる。

 

「大事にしよう」という気持ちになる。

 

自分のもとに来てくれたお金さん。

 

そして自分の元から

旅立っていったお金さん。

 

不思議と、

どちらも大切な友達の行動として

「見守りたい」という感情が生まれる。

 

あなたも

「お金さん」と呼ぶ習慣

身につけてみませんか?

 

松田まり 公認会計士/税理士×女性起業コンサルタント
「美しいお金と美しく向き合う」をコンセプトに女性の起業スタートアッププログラムを提唱し、数々の女性起業家の独立開業・売上拡大を応援している。500名近くの相談実績を持つ。著作に『セラピスト・ヒーラーのための「お金の強化書」』
◎個人ブログ 「自分を大事にするためのやさしいマネーレッスン」
◎女性の起業スタートアッププログラム無料メルマガ
https://88auto.biz/marimatsudacpa/touroku/entryform7.htm
◎女性起業家のお悩みや質問をお受けしております。
https://88auto.biz/marimatsudacpa/touroku/mariyura.htm
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る