あなたの「居るべき場所」はどこですかfrom横山秋子

こんにちは!

かけがえのないあなたオンリーの

幸せの種を育てるお手伝い。

「人生のリニューアル」をテーマにお伝えする
幸せ転職コンサルタントの横山秋子です。

キャリアコンサルタントの視点で
ココロとカラダを整えながら
夢を叶える「人生のリニューアル」のヒントを
お伝えしてまいります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇「居るべき場所」と「居たい場所」◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

突然ですが、

今、あなたの居る場所は

あなたにとって「居るべき場所」ですか?

職場・・・

学校・・・

家庭・・・

コミュニティ・・・

もしかしたら、

「居るべき場所」であっても、

居心地の悪さを感じているかもしれません。

あなたにとっての心地よい居場所。

それはどんな場所ですか・・

そこには誰が居ますか・・・

+++

人間は「欲望」を持つことを

悪いことだと捉えがちですが、

アメリカ合衆国の

心理学者マズローによると、

人間が持つ基本的欲求から生まれる欲望は

決して悪ではありません。

欲求を抑えるよりも、

引き出して満たした方が、

より健康になり、

より生産的になり、

より幸福になることができる、

と考えられています。

心理学の用語の中でも、

「マズローの欲求5段階説」を

聞いたことがある人は多いでしょう。

1.生理的欲求

(食べたい、飲みたい、眠りたい等の根源的な欲求)

2.安全の欲求

(安全な環境にいたい、経済的に安定していたい、

 健康状態を維持したい等)

3.所属と愛の欲求

(家族・集団をつくり、どこかに所属しているという満足感を得たい)

4.承認の欲求

(自分が集団から存在価値を認めてもらい尊重されたい)

5.自己実現の欲求

(自分の持つ能力や可能性を最大限に発揮したい)

欲求は低いものから順番に現れ、

その欲求がある程度満たされると、

次の欲求が現れます。

あなたが今抱えているのは

どんな欲求でしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇若者が家族の介護を担うということ◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2025年国民の4人に1人が

75歳以上という

超高齢化社会を迎えるにあたり、

介護・医療現場の人員不足が

懸念されていますが、

昨今では20代の若者が、

介護の担い手となり、

就職するタイミングを

逃すケースが見受けられます。

以前からから40代~50代の

介護離職が社会問題として

注目されていますが、

最近は、新卒者が祖父母の介護を担う

ケースが珍しくないと感じます。

家族にとっては、

経済的ダメージが少なく、

子や孫には気兼ねなく甘えられるという

要介護者の願いがあります。

優しく寄り添ってくれる家族に

介護されたいと求めるのは、

ごく自然なことでしょう。

ですが、介護は長期化することもあり、

先が見えず予定が立てられないもの。

気が付けば、介護を担う若者が

就職のタイミングを逃し、

家庭の外に自分の居場所を得られないことが

懸念されます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇夕実さんのケース◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

夕実さん(仮名・27歳)は大学在学中、

得意な語学を生かし

旅行会社への就職を希望していましたが

なかなか内定が得られませんでした。

本来なら就職フェアに参加するなど

活動量を増やさなければいけない時期ですが、

同居する祖母が入退院を繰り返していたため

付き添うことが増えました。

母や姉も仕事があり、

家族のなかで時間が自由になるのは

夕実さんだけでしたから、

だんだん就活よりも付添を

優先するようになっていきました。

そして、自宅でのケアが難しくなり施設へ入所。

介護度が進むにつれ、

入所先も変化して行きました。

施設に入ってからは、

以前よりも時間ができたので

就活をしようと思えば

出来たかもしれません。

ですが、何から手をつければよいかが

分からなかったのです。

明るく素直な性格で

友人も多かった夕実さんですが、

気が付けば5年が過ぎ、

社会に出るのが恐くなっていました。

+++

家族の心配をひしひしと感じ、

「仕事しなきゃ…」と焦りが募ります。

そんなある日、姉が

「こんなのがあるらしいよ。」と、

弥生カレッジCMCの

職業訓練のチラシを持って帰ってきました。

簿記やパソコン会計・給与など

500時間もの学習プログラムが

無料で受講できるとのこと。

チラシを手に取り、「勉強したい!」という思いが、

ムクムク湧き上がってきました。

「ここで頑張れば、

この状態から抜け出せるかもしれない」

未来に光が射した瞬間です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇自分の居場所を見つける◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

家族以外との交流は久しぶりで、

緊張して入校式に出席しましたが、

不安な気持ちはすぐに消えていきました。

そして、

毎日の生活リズムも整い、

就職に役立ちそうな

簿記やパソコン会計の資格を目指すことに。

クラスメイトと親しくなるにしたがって

苦しいのは自分だけじゃないと、

一緒に学ぶことの楽しさを知りました。

この場所に辿りついた歓びや、

頑張ろうという気持ちも共有できて

たくさんの刺激をもらいます。

楽しい場所、居心地の良い場所・・・ 

自分の居場所を見つけたことで

毎日とっても幸せな気分になれたのです。

そして、

あっという間に5か月が過ぎ

皆勤賞で修了式を迎えました。

夕実さんは本来の自分を取り戻し

新しい居場所を見つけるために

しっかりと一歩を踏み出したのです。

+++

◆ 「人生のリニューアル」のための
今日のヒント

自分に合う場所にいるということは

「自分自身で在る」ことができる、

自分自身で在ることを許される

ということでもある。

そういう場所にいると、

自然にサポートを受けられて、

自然に自分が望む方向に進むようになっていく。

          脳科学者 茂木健一郎

それでは、
今日も豊かな1日を!

横山 秋子 幸せ転職コンサルタント
vitamin-counselor(ココロに活力を!のビタミンカウンセラー)。一人でも多くの人が、「働く幸せ」「生きる歓び」を感じ、働く幸せや生きる歓びを実感できる夢の実現と「幸せな転職」サポートをしている。
◇個人ブログもぜひご訪問ください。
「幸せな転職」~自分流再就職への道~
http://ameblo.jp/vitamin-counselor/
◆横山 秋子先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る