がんの3つの予防。 FROM おのころ心平

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ がんの3つの習慣 ◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

自然治癒力学校理事長、
おのころ心平です。

がんのクライアントさんには、
がんならではの、よく見られる
習慣があります。
それをひと言で言うとしたら、
「摩擦」となるでしょう。

呼吸における「摩擦」。
食べることにおける「摩擦」。
人間関係における「摩擦」。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 摩擦が免疫を疲弊させる ◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

浅い呼吸は、気管支を入ってくる
空気と気管支粘膜との摩擦を生みます。

早食いやかっこみ食いは、
食べ物と胃腸粘膜との摩擦を生みます。

心ない言い回しや言葉づかいは、
人間関係の摩擦を生みます。

摩擦があると、カラダは
傷つきやすくなります。

傷ついても十分な休養とココロの
安らぎがあれば、カラダは傷ついた箇所を
修復してくれます。

ところが、睡眠不足や
ココロのリフレッシュの機会もなく、
毎日が「摩擦の連続」だと、

修復が間に合わず、
免疫系もへとへとに疲弊してしまい、
結果、がんの発生を許してしまうのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ がんの治療に迷わないために ◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

がんについてはきっと、
多くの人がその治療法に迷い、
不安を感じ、葛藤を抱えることでしょう。

○手術、放射線治療、化学療法以外に、
方法はないものか。

○免疫療法は、自分の場合は効果があるのか。

○現代医療以外に、健康食品や代替療法で
治るものだろうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 医療と患者の架け橋空間 ◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

治療法については、
医療の最先端で行なわれているものから、
さまざまな代替療法、民間療法まで、
ほんとうにたくさんの情報があり、
どれを信じていいかわからなくなりますよね。

そこで、おのころ心平プロデュース、
1年に1度、医療のトレンドを学んでおく
「未来患者学2019」!!

福島正伸、川嶋朗、対馬ルリ子、
やましたひでこ、降矢英成、萩原優ほか
総勢16名のゲストが彩る
医療と患者の架け橋空間。
   ↓
https://mma-j.com/
8月11日(祝)品川駅徒歩5分にて!!

おのころ心平 一般社団法人自然治癒力学校理事長
22年間2万3千件以上のカウンセリング現場から見出したココロとカラダをつなぎ、自然治癒力スイッチを活性化するメソッドを、本、ブログ、メルマガ、そして講座・セミナーにて広く発信している。
◆おのころ心平先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る