「たなばたに 腎臓を想う 」 by ゆっこ

おはようございます。

カラダとココロをやわらげる

やわらぎ ゆきこです。

カラダをゆるめることは、

自分のなかの愛を解き放つこと。

デコルテをゆるめ、

愛に満ちた日々を愉しみながら、

生きてゆきましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ 「七夕」は「棚機」 ◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

みなさん、

「七夕」は「棚機」って知ってました?

いにしえから続いている日本の行事

「棚機(たなはた)」に、

中国の恋物語が合体したのが

今の「たなばた」なんですって。

今回「たなばた」にちなんだ記事を書こうと

調べてみて、初めて知りました!

***

いにしえの日本の行事の「棚機」とは、

夏に、

選ばれし乙女の棚機女(たなばたつめ)が

禊(みそぎ)をして、

清らかな水辺の機屋(はたや)にこもって布を織って

着物をこしらえて、

棚にお供えして、

神様をお迎えして秋の豊作を祈る神事だったんですって。

今では、いにしえの神事であることを忘れ、

仏教と共に

中国から入ってきた

織姫と牽牛の恋愛の物語として語り継がれていますますが、

年号が「令和」とあらたまった

今年からは、

七夕も「棚機(たなばた)」へと

いにしえの神事にココロを馳せて

祈ることにしませんか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ 神話を忘れた日本人 ◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私たちは日ごろ

自国の神話を忘れて生きていますが、

そのことが、どれだけ

私たちのココロとカラダに

影響を与えているかを教えてくれたのは、

前回もお話した、

2014年ころに参加させて頂いた

「癒しフェア―」での

「カラダのストレスチェック」

+心の整理術「マッピング」でした。

(以下、(+心の整理術「マッピング」は省略し、

 「カラダのストレスチェック」と表記)

前回の日常セラピーで、

癒しフェアーの自然治癒力学校ブースで

「カラダのストレスチェック」を

受けてくださった人々の、

腎臓と肝臓に、

多くのストレスをためていた方が多く見受けられた。

と書きましたが、

https://naturalhealing-school.org/archives/36963

わたしにはソレが、とても

不思議に感じられました。

腎臓に宿る感情は、

不安や恐れ。

肝臓に宿る感情は、

怒り。

平和で豊かな この日本で、

どうしてこんなにも多くの人々が

不安や恐れに苛(さいな)まれ、

怒りをため込んでいるんだろう?

癒しフェァーが終わっても

しばらくその理由を探っていました。

そして、ある日、

その答えに行きつきました。

「根無し草になってしまったから…」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ 忘れることでココロにあいた穴 ◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

どうして

私たちは根無し草になってしまったのでしょう?

それを探って、たどり着いたのが

戦後の教育でした。

***

第二次世界大戦で

大和魂は、

大量の銃弾や砲弾、爆弾、

原子爆弾に負けました。

進駐軍に占領され

新しい教育が始まりました。

大量殺人兵器に負けた

という事実と、

新しい教育により、

私たちは、

目に見えない ココロやタマシイよりも

目に見える 物質を信じるようになり、

自分たちのルーツを伝える神話も、

迷信と一緒に

捨ててしまったようです。

明治政府が「仏廃仏毀釈」で

江戸文化を否定したように、

資本主義は「神道」を否定することで、

「大和のココロ」を否定したのではないでしょうか。

そうして私たちは、

自分たちの神話を忘れてしまいました。

ココロのルーツ、

神話を無くした私たちは、

誇りと自信も一緒に失って、

ココロに大きな穴が開いてしまったようです。

その穴を、

お金やモノで埋めようとしてきましたが、

ココロの穴は、

お金やモノで埋めることはできません。

ココロの穴に吹きすさぶ風は

私たちを不安にさせ、

穴の闇は

恐れを生み出す。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ たなばたに 腎臓を想う ◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

神話とは、

日本という国が、どのようであったかを

教えてくれるもの。

それは

日本の風土であり、

日本の本質であり、

物語に託された叡智ではないかと

私は考えています。

だから、その神話を忘れることは、

自分の素性を忘れることであり、

本質(まこと)を忘れることではないでしょうか。

まことの生き方を忘れてしまって

記憶喪失で生きている私たち。

そりゃー不安だし、

恐ろしいわぁ~。

それを、誰かのせいにして、

怒りで発散したら、安心する?

***

記憶喪失で「不安」で「恐ろしい」なら、

思い出せばイイ。

日本の神話では、

人はみな、神さまの分け御霊(わけみたま)です。

神様の分身です。

そんな神様がおかす罪とは、

「つつみ隠す」こと。

包み隠していると

バレルのが不安で恐ろしくなる。

でも、その包みをほどいて

中身を見てみたら、

素敵なプレゼントだったりするカモ。

腎臓は、それを教えようとして

私たちにメッセージを発信してるのカモ知れませんね。

自分に包み隠しているモノを

正直に見てみませんか?

そこには、自分が愛せない

「自分」が包み隠されている。

愛されたくて、愛されたくて

たならない、

「愛されない自分」が隠れている。

脚腰がだるいとき。

脚がむくむとき。

耳鳴りのするとき。

膝が痛むとき。

愛されない自分からの

メッセージだと受け取ってみませんか。。

たなばたに想いを馳せつつ、

自分のカラダと

対話してゆきましょう。

***

今日も、私の物語を読んでくださって

ありがとうございます。

私のブログ「目覚めのとき」にも遊びにいらしてくださいね。

https://ameblo.jp/kannonn14/entry-12490164275.html#_=_

・・・【イベントのご案内】・・・・・

 ◆「女神のデコルテ」ボディーセラピーな一日

「5つのデコルテタイプ」「氣功法」「ゆるゆる瞑想法」で

日々の生活の中で、セルフヒーリングが出来るようにお伝えしてゆきます。

日時:7月28日(日)10:00~15:00(時間は人数によって長引くことがございま
す)

場所:サロン「月の虹」(お申し込まれた方に詳細をお知らせします)

参加費:8,000円

定員:3名様(残席1名様)

お問合せ・お申込み:
https://ws.formzu.net/fgen/S21095388/?_ga=2.79244119.218170953.1547365138-24
8706569.1547365138

 ◆「ヒカリのカラダ教室」

カラダをゆるめて、コリや歪みを開放し、

カラダをヒカリに戻してゆく方法をお伝えしています

日 時:毎週火曜日10:00~11:20

場 所:自由が丘「 space レスピラール」
https://www.space-respirar.com/map.html

参加費:2,000円(入会費なし)

 お問合せ:
https://ws.formzu.net/fgen/S21095388/?_ga=2.79244119.218170953.1547365138-24
8706569.1547365138

やわらぎゆきこ あんま・指圧・マッサージ師 ゆる体操指導員
「女神のデコルテ」主宰・ディクシャギバー。モダンバレエをきっかけに、デコルテまわりをひらくことでココロをひらき幸せになってゆく「女神のデコルテワーク」を考案。
現在はココロとカラダだけではなく、タマシイまでも丸ごと含めて癒す「ありのままのわたし」で生きることを伝えている。
◆ブログ http://ameblo.jp/kannonn14/
◆facebook https://www.facebook.com/yukiko.kasiwazaki
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る