カラダのハーモニーを美しく響かせましょう from やこうかずえ

おはようございます。
腱引き師の矢古宇一江です。

東京、表参道の〈腱引き 一伶庵〉にて、腱引きの施術と美構造開脚のセッションをさせていただいております。

「腱引き」は、筋肉や腱をあるべき位置に戻りやすくするように調整する療法です。

美構造開脚システムは、カラダの使い方を知って、今までの限界を超えていくセッションになります。

このメルマガでも筋肉についてカラダについてのあれこれを書かせていただいています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 腱ってなに? ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「腱」ってなに?
と突然言われましても、、、

普段はほとんど
意識していないですよね。

「アキレス腱」
などは聞いたことがあると思います。

腱の中ではかなりの
有名人ならぬ有名腱?です。

解剖などの絵で見ると、
赤い筋肉が骨の近くにいくと
ちょっと白くなっています。

それが腱です。

***

柔らかくて赤い筋肉が
強靭な白い腱に変わっていって

骨にガッツリとくっつきます。

腱がしっかりと
くっついていてくれるから
筋肉は思い切り
伸び縮みができるのです。

腕も
足も
お腹も
背中も

この筋肉と腱が何層も重なりあって
カラダはできています。

***

腱のほとんどは
普段はあまり目では見えません。

目に見えて
触れるものの代表格が
アキレス腱なのです。

他にももう一つ。

手の甲を見てみてください。
グッと指を広げて
手首を反らして

そうすると
1本づつの指から
手の甲に
線が浮き上がりますよね。

触ると硬い感触です。

それが「腱」です。

この腱の先がどうなって
いるのかというと
手首を通って腕にいきます。

そしてだんだん
筋肉になっていくのです。

手の甲の腱は
皮膚のすぐ下にあり
脂肪もあまりないので
わかりやすく触りやすい
場所なんですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ ハーモニーを奏でている筋肉と腱 ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

筋肉と骨をガッチリと
繋いでくれている
しなやかで強靭な腱。

筋肉と腱は
一生一緒にいる
切っても切れない仲。

そんな筋肉や腱は
あなたのカラダが
成長するとともに

一緒に大きくなっていきます。

筋肉の長さは
あなたのカラダに
ジャストフィットの
長さになっています。

完全オーダーメイドで
あなたにだけに
ぴったりの長さ。

だから
緩みすぎても
張りつめすぎても

サイズが合わなく
なってしまい
うまく共鳴しにくくなるのです。

***

屈伸をする
肘をぐるぐる回す
手をグーパーする
爪先立ちをする

気持ちよく伸びをする、、、

全部
あなたの筋肉を
ジャストな位置に
調整する動きです。

いろいろな方向に走る
筋肉たちが

お互いが最高の調べを
奏でることができるように
気持ちよく動かしてあげましょう。

***

そんな筋肉やカラダがより快適になるヒントをメルマガでお伝えしています。
↓↓↓

《極上のカラダをつくる!自分メンテナンス通信》
https://17auto.biz/ichireian/registp.php?pid=2

月のリズムで届くメルマガです。

満月
下弦
新月
上弦

だいたい月に4回くらい。
メルマガが届くことで月のリズムを意識することが楽になったというありがたい言葉もいただいています。

いつも変わらずそこにいてくれる
「お月さま」を味方につけて

さらにあなたのカラダの調和が整い、
よりいっそう美しいリズムを刻んでいきますように。

矢古宇 一江(やこう かずえ) 腱引き師
腱を調律して体の音色を響かせる腱引き師。
未来へのギフトになるような小さな習慣自分の体の慈しみかたをクリエイトします。
一人一人に合ったセルフケアをセッションや講座を通じて最大限にカラダの可能性を引き出すサポートをしています。
【メールマガジン】
《極上のカラダをつくる!自分メンテナンス通信》
http://www.reservestock.jp/subscribe/53106
【ブログ】
《自分のカラダの慈しみ方・腱引き師のブログ》
http://ichireian.com/?page_id=8
【HP】
http://ichireian.com/
【Facebook】(フォロー大歓迎です)
https://www.facebook.com/kazue.yakou
【腱引き・全国の道場一覧】
http://kenbiki.jp/kenbiki-ukeru/uketai/all/List.html
◆やこうかずえ先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る