お花をすぐに枯らしちゃうあなたへのお花の楽しみ方 From 希依

こんにちは。
フラワーヒーリングセラピストの希依です。
 
日々の生活の中で花とハーブと香りが
関わる癒しについて
お話させていただいています。
 
 
花とハーブと香りを通して
あ、それ懐かしい
それ、知ってる
コレやってみようかな
と思っていただけたら嬉しいです。
 
 
あじさいのきれいな時期になりました。
街のあちこちでも
紫、青系の色からピンク、赤の美しい色まで
楽しめますね。
 
意外と知られていませんが、
あじさいには毒がありますので、
お散歩の際、お子さんが口にされませんよう
ご注意くださいね!
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ お花で癒やされて…いないかも? ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
 
 
 
『私ってすぐにお花枯らせちゃうんですよね〜』
 
 
 
最近お会いする方からよく伺います。
そして、
昔の私自身もよくそう言ってました…
 
 
 
 
お花で癒されようと思って買った。
 
 
 
それ自体は素晴らしいことですが、
よく花を枯らせちゃう方は
お花を買ってそこで満足しちゃうんですよね。
 
つまり買うという行為で癒されたわけで、
お花で癒されたわけじゃないんです。
 
 
 
これではお花はかわいそう…
 
 
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 環境が変わるとお花も変わります ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 
 
お花を買ったら
帰りの足取りはなんとなく軽くて
わくわくしますよね。
 
環境が変わるわけですから
お花もドキドキしています。
 
 
 
先日私は引っ越したのですが、
持ってきた観葉植物たちも
しばらく荒れていました。
 
 
特にドラセナは
調子が悪いと葉がねじれるので、
すぐにわかります。
 
 
ひと月ほど経って
ようやく落ち着いてきましたが、
まだねじれています。
でもそろそろ機嫌が治るといいな…笑
 
 
 
 
環境が変わるということは
普段地面から動かない植物にとっては
過酷なこと。
 
 
 
 
私のドラセナは鉢植えですが、
普通花屋で買うのは切り花でしょう。
 
 
 
根の切り落とされた切り花は
さらに敏感なのです。
 
 
 
 
お店で
「長さはどうしますか」
と聞かれたらぜひ
「そのままでお願いします」
と言ってください。
 
お店で長さを切られ、
過酷な移動であなたのお家に行き、
お家でも活けるときに長さを切られるわけです。 
 
 
 
 
お花にとっては
相当ハードな出来事。
 
せめてお店でも切られるという負担を
減らしてあげましょう。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ お花が枯れる最大の原因は? ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
お花が枯れてしまう最大の原因。
 
それは
『あなたの心に余裕がないこと』
なのです。
 
お花を買ったり育てたりということには
 
毎日どうかなと見る
お水を変える
鉢植えなら水やり
肥料はコレをどのくらいいつ与える
 
などなどというお世話が要るのです。
 
 
お世話を通じて心の余裕が生まれることで
あなたへの癒しが起こります。
 
 
花を買ってわくわくして帰って家につくと…
 
あれ?
花を買ったときのあのわくわくした気持ちはどこへ?
 
なんてことはありませんか?
 
それはお花の力よりも
お家のパワーがもっと強くて…
 
はっきり言えば
モノが多くて
散らかっているんです。
 
お花は気持ちに余裕のないあなたも
どんなにちらかった場所でも全力で浄化します。
 
 
結果、
早く枯れるということに…
 
 
花を置く場所がないという人も
きっとものが溢れているのでしょう。
 
 
だとしたら
心にも余裕はなくて
買ったお花はすぐに枯れちゃうのも当然かも…
 
 
お花で癒やされることは
お花を癒やしてあげること。
 
それが日々の余裕につながって
あなたは癒やされるのです。
 
 
それと同時に
花を買ったことで一気に心が変化して
掃除を始めたりすることもあります。
 
 
変わりたい時には
お花を買ってみるのもいいですね。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 長くお花を楽しむには… ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
買ってきたお花、
長く楽しみたいものですよね。
 
手間を掛けてお花を癒やす方法をご紹介します。
 
・購入したときにつけてくれるゴムや
鮮度保持剤をきれいに取る
 
・余分な長さの茎と一緒に
葉や多すぎる蕾などを取り除く
 
・茎のカットは鋭角に
もちろん清潔なハサミを使います
 
・きれいな花瓶にきれいな水で
 
・毎日水を変える
 
・水かえの際に茎を1センチほど切り直す
 
余裕があるならやはり水あげをしてから
活けるのがおすすめです。
 
余裕がなかったら
延命剤をお水にいれてくださいね!
10円玉入れたり、砂糖や重曹入れたりという方法は
あまり意味がありません。
 
 
最後までご覧いただきありがとうございました。
 
桑名希依
和花旅(なごみ はなたび)
http://ameblo.jp/anarane

希依 フラワーヒーリングセラピスト
フラワーヒーリングセラピスト。 ココロとカラダを整えて、五感を研ぎ澄ますこと、を軸に、アロマテラピーの植物の癒しの力を最大限に使い、アロマテラピーホームケアを行っている。
◆ブログ 【和花旅*なごみはなたび】
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る