AIに支配される未来になるかもしれない現代だからこそ、今必要なものは? FROM 浅井あきよ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇「おなかの中からの子育て」を伝えて33年◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

子育てはおなかの中から、をモットーに
東京・葛飾・金町で「胎教」を
「おなかの中からの子育てレッスン」
という名で行なっています。

2011年にNPO法人「へその緒の会」を
立ち上げました。

その前、幼稚園の園長をしていた時から
「妊婦さんあつま~れ!」
と、今のレッスンにつながるような会を
幼稚園で行なっていました。

「いつからかな?」と数えたら
平成の前、昭和62年からですので
現在33年目になります。

その間、毎年10人くらいの妊婦さんと会っていたので
今までで少なく見積もっても300人。

親子の姿は
33年でおよそ1300組くらい見てきました。

初期の参加者のお子さんが
子どもを産む時代になりました。

33年見ていると
子どもだった人が親になり、と
いのちのバトンタッチが続いていく様子が
分かります。

よく「負の連鎖」は語られますが
その逆の「幸せな子育ての連鎖」も
あるのです。

おなかの中にいる時から知っていた子が
幼児期になり、そして大人になって
親になり、、、、、
と長いスパンで人の成長を見ることができる
有難い位置に私はいます。

その結果言えることは
妊娠中に、
おなかの赤ちゃんにしっかり心を向けると
そのよい効果は、ずーっと続く、ということ。

孫子の代まで、、、というのは
決してオーバーな言い方ではありません。

人間ですから
比較の実験をすることはできませんが

おなかの中にいる時の影響は確かにある!
と、長い目で見て言えるのです。

中には
無意識のうちに、おなかの赤ちゃんに
とてもいい環境を用意していた!
という人も居ますので

ここに来なくてはダメ
なんてことは言いません。

でも、そんなにむづかしくなくて
できることで

赤ちゃんが、いや一人の人間が
一生幸せにすごしていく基礎がつくられるなら
それって実行しないっていう手はないよね!
と思いませんか?

どんなことをするの?
という方は
私の本「おなかの中からの子育て」WAVE出版を
読んでみてください。

または
無料メール講座
「今すぐできる・おなかの中からの子育て」
http://www.heso-no-o.jp/mailmagazine/
でも、内容を紹介しています。

先日
私の「おなかの中からの子育て」
を読んだのがきっかけで、妊娠中期の方が
遠方からレッスンに来られました。

あとで感想をいただいたのですが
「本を見てイメージワークを工夫して
行なっていたのですが
ここで、音楽をバックに先生の声でイメージワークをする時間が
とても気持ちいいものでした。」

といってくださいました。

そのレッスンについては、こちらから。
http://www.heso-no-o.jp/ninshin/onaka/

金町までは遠い!という方には
電話やZOOMを使っての遠隔レッスンもできますよ。
お問合せくださいね。

・・・と、ここまでは、私と
私の活動の紹介でしたが、
タイトルとの関連は以下になります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇今の時代に必要なイキイキした叡智を◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
6月1日の日常セラピーで
自然治癒力学校おのころ心平理事長が

6ケ月かけて行なう
「Disease Emotion ~病の感情学~」という連続講座
を紹介しています。

このメールをお読みの方は
もう、ご存知のことと思いますが、、、。

これは、これからの人生を生きるのに
自分の中心軸をつくるすばらしい
生きた智慧になると
私は思っています。

先日「ホモ・デウス」という
NHKのTV番組を見ました。

将来の人類が直面する問題
一つはAIが人間を超えて
支配するような存在になるかもしれない。

また、とどまる事のないバイオテクノロジーの
人間への応用の結果
人間そのものが今と変わってしまうことへの危惧
またそのような時代になったときの問題点

などが、
すでに起きているいろいろな事例をもとに
語られていました。

では、そのような未来に対して
今、私たちができることは何か?

という問いがあり

「ホモ・ゼウス」の著者
ユヴァル・ノア・ハラリ氏は

「自分自身を知る事」と答えていました。

「自分自身を知る」ことの大切さは
ギリシャ時代から言われていますが

いま、あらためて必要なのは
「からだという内なる自然」を
もっとよく知る事なのでは、
と私は思うのです。

わたし達から抽出された巨大なデータが独り歩きし
わたし達を超えるものになりかねない時代だからこそ

いちばん身近でありながら
未知の領域のたくさんある自分の
「からだ、感覚や感情も含めて」を
もっと深く知る事の価値があると思います。

自分を知ることは
自分にとどまらず、身近な相手を知ることにも及ぶし
人間一般はもちろん

人体という小宇宙を知る事から
もっと大きな世界の真実を知ることにもつながるでしょう。

と書いてから、今、確認したら
なんと全会場、締切になっていました!残念!

でも14日までは
キャンセル待ちを受付けています。
ピン!と来た方はあきらめないで。

詳細はこちらのページです。

https://naturalhealing-school.org/archives/16206

 

浅井あきよ NPO法人「へその緒の会」代表理事
野口整体、座禅、漢方の伝統的な胎教、シュタイナー教育などの影響を受けて、妊娠中のママのためのイメージワークを生み出した。教えるというよりは体験し自ら気づくイメージワークを中心としたレッスンを行っている。著書に『おなかの中からの子育て』など。
◆HP へその緒の会
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る