あなたを労い慈しむ時間を持っていますかfrom横山秋子

こんにちは!

かけがえのないあなたオンリーの

幸せの種を育てるお手伝い。

「人生のリニューアル」をテーマにお伝えする
幸せ転職コンサルタントの横山秋子です。

キャリアコンサルタントの視点で
ココロとカラダを整えながら
夢を叶える「人生のリニューアル」のヒントを
お伝えしてまいります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇自分のための時間◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先日、お世話になっている

伊丹の整体サロンへ

友人と施術を受けに行きました。

プロフェッショナルなご夫婦の、

お人柄と技術がとにかくすごい!

カイロプラティック、気功、

経絡リンパ施術、頭がい骨矯正と

体調にあわせてあらゆる手わざを駆使して

調えてくれます。

JUEIRU

http://jueiru.com/

温かく心地よいベッドで、

深い眠りに陥りながら

気持ち良く汗が流れ、

デトックスされていくことがわかります。

介護職の友人は

不規則な生活リズムに身体が慣れず

「首がつっぱって回らない」という状態です。

仕事だけではなく家族の介護も続き、

ダウンしないのが不思議なくらい。

帰り道に、

「何年振りかにつっぱりが取れた」と

びっくりしていました。

しみじみと

「自分のために時間を使ったのは

何年ぶりかな~」

友人自身にこそ

「心身を労い慈しむ時間」が

必要だったのです。

+++

最近、同世代のかたから

高齢の親だけでなく

伴侶やお子さんまで、

家族の介護の話を

聞くことが増えました。

気になるのは、

必ずと言っていいくらい、

介護をする本人が

不調を抱えていることです。

ですが、

優しくて真面目なかたたちに

ありがちなのは

自分のことは後回しにすること。

「辛いのは闘病中の○○だから…」

と多くのことを

一人で背負ってしまいがちで、

仕事を持っていればなおさら、

時間のやりくりだけでも大変です。

周囲も心配してくれるものの、

実際のところ

役割分担や連携が難しく

なかなか状況は変わりません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇短い生涯◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私にとって甥にあたる、

姉の三男が15歳で

短い生涯を終えました。

ある時期から

自宅で意識を失うことが頻繁に起こり、

緊急入院を繰り返しました。

その都度、

数か所の病院で

あらゆる検査をしたのですが、

頭のがんが見つかるまで

約2年を要しました。

見つかりにくい要因が

いくつも重なったケースだったようです。

快活な姉は保育と福祉分野で

ずっと働いていました。

ですから、

出来うる限りのケアを

息子にしていました。

気さくな性格だったので

看護士さんや他の付添家族とも

すぐに仲良くなって

病室からはいつも楽しげな

話し声が聞こえていたほどです。

ですが、

お見舞いに行くと、

「あ~っ、来てくれたん。嬉しい~。」

と和室の休憩室に体を投げ出し、

私のマッサージを心待ちにしていました。

身体はとても正直で、

肩や背中はガチガチに強張っています。

『張り詰めた心身が癒されますように…』

と祈りながらカラダに触れていました。

ゆっくりと時間をかけて、

溜まった疲れをほぐしながら、

時には愚痴を聞いたり、

たわいない話をして過ごした

姉との親密な時間。

手のひらには

今もあの時の感触が残っています。

元気だったころの甥は

木登りとダンスパフォーマンス

「よさこい節」が得意な

野生児(?)でしたが、

3年の闘病を経て天に召されました。

真冬の雪がちらつく告別式には

受験生の友人たちが

別れを惜しみ参列してくれました。

そして、

火葬場に向かう霊柩車は

大好きだった中学校を巡ってくれたのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇姉の発病◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

季節が変わると、姉の家へ

同級生が高校進学の報告も兼ねて

焼香に訪れ、

元気だったころの息子の話を

聞かせてくれました。

息子を亡くした悲しみを気遣ってくれる

心優しい同級生たちに、

「自分の元気な姿を見てもらいたい」

と、姉は気丈に振る舞っていました。

ですが、

2年が過ぎたころ、

スキルス性の胃がんが見つかりました。

ずっと、

自分のことを後回しにしていたため

発見が遅くなったのです。

そして、胃は全摘したものの

転移のスピードに処置は追いつかず、

息子の元へ旅立ちました。

今頃はふたりで、空の上から

夫や長男と次男を見守っていると

思うと慰められるのですが。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇休息とは回復◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

かくいう私も、

過去に仕事で身体を壊すほど

働いてしまいました。

仕事を理由にヨガ教室を休むと、

厳しい師匠から、

「仕事ばかりして、

身体のことをおろそかに

してると後悔するわよ。

自分の身体が元気でなければ

人さまのお役にたてないでしょ。」

よく、お叱りを受けました。

ところが、

気付いた時には手遅れで

たくさんの人に

迷惑をかけてしまったのです。

+++

 そして、

亡き師匠を思うとき、

当時、忙しさを言いわけにして  

厳しさの中に籠められた

慈しみの心を、

ちゃんと受けとめられなかったことが

悔やまれるのです。

もう、誰からも

そんな風に叱っていただくことは

ありませんが、

いつの間にか、

師匠からいただいた言葉が

私の口癖になっています。

◆ 「人生のリニューアル」のための
今日のヒント

休息とは回復であり、

何もしないことではない。

ダニエル・W・ジョセリン (作家)

それでは、
今日も豊かな1日を!

横山 秋子 幸せ転職コンサルタント
vitamin-counselor(ココロに活力を!のビタミンカウンセラー)。一人でも多くの人が、「働く幸せ」「生きる歓び」を感じ、働く幸せや生きる歓びを実感できる夢の実現と「幸せな転職」サポートをしている。
◇個人ブログもぜひご訪問ください。
「幸せな転職」~自分流再就職への道~
http://ameblo.jp/vitamin-counselor/
◆横山 秋子先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る