初夏のお金~美しいお金の物語~ from 松田まり

おはようございます。

自分を大切にするための

やさしいマネースタイル

公認会計士・税理士の松田まりです。

 

 

今更ながら、先日メルカリに初出品してみました。

 

新品の靴と新品のカーフのお財布それぞれ1つずつ。

 

どちらも名前の売れた

正統派ブランドのもの。

 

出品しても、あまり反応がなく、

 

「まぁ、こんなものよねー」

 

なんて思っていたところ、

あるハイブランドの時計をアップすると、

なんとその瞬間に売れました。

 

これぞ瞬殺とでもいいましょうか。

 

提示したのは購入した金額の30分の1くらいの金額。

 

うむー。

これは安すぎたのか?

 

と一瞬、

悪魔の囁きが私の耳元をかすめましたが、

 

いえいえ、これは

私の断捨離の「断」と「捨」の一環。

 

お金を手にするために

メルカリ出品したのではなく

断捨離を進めることが最優先だったことに

ハッとなりました。

 

 

経済的バランスを意識するメルカリでの経済活動。

 

これは、お金の美しい学びを探求するにはもってこいのツールです。

 

まだ経験したことない、という方。

 

ぜひとも一度チャレンジしてみることをおススメいたします。

 

*********

私たちの暮らしのお金の経済的バランス。

 

初夏を迎えた私たちの経済バランスはどんな構図をしているのでしょう。

 

本日はそんなお話をお伝えしてまいりましょう。

 

━━━━━━━━━━━

◆◇初夏のお金◇◆

━━━━━━━━━━━

初夏のお金、と聞いて

あなたはどんなことをイメージするでしょう。

 

・夏休みに向けてのお金

・アウトドアで過ごすことが増えることのお金

・行楽シーズンのお金

・ビールやレモネードなどのお金

・エスニック料理など、外食が増えることのお金

・クーラーなど暑さ対策のお金。

 

などでしょうか。

 

初夏の季節は

ボーナスシーズンではありますが、

「初夏のお金」と聞くと

入ってくるお金よりも

でていくお金のイメージの方が多いかもしれません。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇初夏のお金の「ゆるみ」加減◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━

初夏のお金には

私たちの心の「ゆるみ」が色濃く反映されます。

 

心の「ゆるみ」は

お財布の「ゆるみ」にも関係してきます。

 

気候もよく、外出したくなる。

 

外出先では楽しいことを優先するために、自然と出費が多くなる。

 

 

例えば、旅行に行ったら太っ腹になって、

普段より出費が増えても気にならないということは

誰しも経験のあることでしょう。

 

まるで心の中に別の財布を持っているように、

合理的行動とはかけ離れた行動をとります。

 

この別財布を

行動経済学では「心理的会計」と呼び、

合理性から離れた別会計の心理として説明されます。

 

これは

厳しくお金の出入りを判断してばかりでは

脳が疲れてしまうので、

自然と自衛している表れだと考えられています。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇初夏のお金の経済学バランス◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━

初夏のお金の動きを見ていると、

この「心理的会計」がわかりやすく出現します。

 

 

ゴールデンウィーク中は

「心理的会計」がマックスに働き、

財布のひもが緩くなる。

 

 

そして、

ゴールデンウィークが終わったとたんに

「連休中にお金を使いすぎてしまった」

と緊縮財政になる。

 

しばらくは緊縮財政の状態が続くのですが、

5月も終盤に差し掛かる初夏の季節になると

気候が穏やかで、楽し気な雰囲気も手伝って

お財布のひもがゆっくりと緩んでくる。

 

 

みなさんの中にも

きっと「図星です」と

感じている方が多くいらっしゃることでしょう。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇初夏のお金の経済で

知っておきたい一つのこと◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━

経済的合理性(※)を追求するということは

人生のどこかのタイミングでは

大切なことなのでしょう。

 

ですが、

経済的合理性を追求するばかりの人生は

それほど多くの大切なものを

生み出すことはないのかもしれません。

 

私たちに必要なのは、

お金の特性を知り、

お金とどう距離感を保つのかを

「自分の意志」で決めること。

 

そうであるならば、

お金の季節的な特性を知っておくことは

自然とお金との距離感を

保つ秘訣を教えてくれる。

 

今日は、

初夏のお金の傾向をお伝えしました。

 

そこに意識を向けることで

みなさんの初夏のお金との付き合い方が

見えてきたことと思います。

 

あなたの初夏のお金は

どんな行動をとっているのでしょうか。

 

少しの時間をとって、

そのことに意識を向けてみましょう。

 

 

(※)経済的合理性

カフェでコーヒーを1杯飲むとき、

「その出費のせいで、

将来、買えるはずだった何かを

あきらめることになっている」とは、

ほとんどの人が意識していません。

この点、経済学には「機会費用」という概念があり、

ほかの選択をしていれば得られたであろう

最大の利益について考えます。

このことを追求するのがが経済的合理性です。

 

*********************

 

【お金さんと呼ぼうポリシー】

私は普段からお金を

「お金さん」と呼んでいます。

 

こう呼びかけることで、

まるで友達のように親近感を感じる。

 

「大事にしよう」という気持ちになる。

 

自分のもとに来てくれたお金さん。

 

そして自分の元から

旅立っていったお金さん。

 

不思議と、

どちらも大切な友達の行動として

「見守りたい」という感情が生まれる。

 

あなたも

「お金さん」と呼ぶ習慣

身につけてみませんか?

 

松田まり 公認会計士/税理士×女性起業コンサルタント
「美しいお金と美しく向き合う」をコンセプトに女性の起業スタートアッププログラムを提唱し、数々の女性起業家の独立開業・売上拡大を応援している。500名近くの相談実績を持つ。著作に『セラピスト・ヒーラーのための「お金の強化書」』
◎個人ブログ 「自分を大事にするためのやさしいマネーレッスン」
◎女性の起業スタートアッププログラム無料メルマガ
https://88auto.biz/marimatsudacpa/touroku/entryform7.htm
◎女性起業家のお悩みや質問をお受けしております。
https://88auto.biz/marimatsudacpa/touroku/mariyura.htm
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る