頑張る一年にバジルを植えてみませんか? From 希依

こんにちは。
フラワーヒーリングセラピストの希依です。

日々の生活の中で花とハーブと香りが
関わる癒しについて
お話させていただいています。

花とハーブと香りを通して
あ、それ懐かしい
それ、知ってる
コレやってみようかな
と思っていただけたら嬉しいです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ ルバーブからバジルへ ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私ごとですが、
ルバーブのお部屋からバジルのお部屋へ
引っ越しをしました。
片付けはまだ終わってなくて
周りはたくさんのダンボールの山が…笑

さて、
今まで住んでいたお部屋は
ルバーブのお部屋。

どんなお部屋かというと
『私の準備を整えるための部屋』
でした。

本当にそれをやりたかったの?
こっちだったんじゃない?

不安や失敗したことで
立ち止まって先を見据える
という感じですね。

引っ越し先のお部屋は 
バジルのお部屋。

こちらは
『今まで準備したものを頑張るための部屋』
です。

そろそろ行動を起こしなさいよ

今の状況は落ち着いてきたし
自分のしたいことに取り組むための
方向が決まったんでしょ

ただし
ひとつひとつの積み重ねがあってのこと。

地道にこつこつ
そのためにあなたはどこまで頑張れるの?

と問われているんですね。

お部屋にはそれぞれ役割があって
自身の成長のための場が提供されると思います。

その私の部屋を見た結果が
ルバーブのお部屋からバジルのお部屋へ
ということだったのです。

あなたは今どんな部屋にいるのか
考えてみるのもいいかもしれません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ バジルを植えよう! ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

そのバジル。

インドではとても神聖な植物のひとつ。
心を開いて、免疫系を浄化するとされます。
心の奥の緊張を和らげてくれるのです。

直感力を引き出し、
心を高めたい時にこの香りが助けになります。

育てるのもいいとか。
お家をネガティブさからきれいにし、
マイナスイオンを活気づけるそう。

バジルはギリシャ語の王様の意味のバシレウスが語源。

バジルの香りは
王様の空間のように素晴らしく
そこにとてもふさわしい香りです。

もしあなたが私と同じように
今年は頑張る年と思っているなら

バジルを植えてみませんか?

植物を育てることで
朝夕に水やりや様子をみることは
ていねいな暮らしの一歩になります。

バジルはとても太陽が好き
バジルはとてもお水も好き

適度に間引いて大きくわさわさに…

そこまで手をかけて収穫する頃には
自分自身の暮らしもていねいになると思います。

私はもちろん植えます。
バジル日記はブログにて公開していきますね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 大学に入っちゃった! ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

もうひとつ実は私、大学に入りました。

地球のしごと大學の薬草養生学部です。

『私の薬箱を作る』というテーマで
昔から日本で使われてきた植物の使い方を学び、実際に使っていこうというもの。

花とハーブに関わるうちに
日本のハーブに出会いそれを活かしたいなと思い始めた一方で、

知恵を持っている方の高齢化で
その知恵がどんどん失われていっているという現状も知りました。

日本には
西洋から来た『蘭方』
中国から来た『漢方』
そして日本古来の『和方』
というのが存在します。

この和方、
言ってみれば昔ながらの
『おばあちゃんの知恵』です。

『三里四方に医者いらず』
という言葉があります。

人が朝(歩いて)出かけて
夕方に家まで戻って来られる距離の三里(約12km)の範囲で生活してきたから、
その範囲のものを使うことで健康は保たれるという意味です。

病院も医者も近くに居なかった頃
家族の誰か、村の誰かがお医者さんで、
家の近くにあった植物が薬箱だったのですね。

虫刺されにはコレ
腹くだしにはこれ
熱が出たらコレ

そしてその土地ならではの植物を使った知恵を受け継いで行きたいなと思うのです。
その日本独自の民間療法がわからなくなってしまう前に。

あなたもぜひご家族から
懐かしい記憶とともに受け継いでくださいね。

地球のしごと大學はこちら
https://chikyunoshigoto.com

希依 フラワーヒーリングセラピスト
フラワーヒーリングセラピスト。 ココロとカラダを整えて、五感を研ぎ澄ますこと、を軸に、アロマテラピーの植物の癒しの力を最大限に使い、アロマテラピーホームケアを行っている。
◆ブログ 【和花旅*なごみはなたび】
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る